お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

01 / 08 ( 月 ) 微妙な問題

 

 

 

 

塾生が気付かせてくれた「構文 101」での微妙な発音問題 (p.79)が一ヵ所。

 

発音問題で G 4 と G 5 で異なる記号で表示されていて、G 4 なら OK. であるんだが、G 5 では✕となる。

 

 

うちの塾では「構文 101」を利用するのはせいぜい夏休みまで。その後は塾生の質問に答えるのみ。で、この発見。

 

この問題集を使用しなにのは塾授業に割り込ませるだけの時間的余裕がない、この理由だけ。

 

 

 

さてさて、今日の授業は

 

高校 1 年生 [ 17:30~19:30 ] 

 

小テストの短文解釈はいつものように高梨健吉シリーズからのもの、

 

[A] My time is valuable, of course. But the time of people with whom I usually talk by telephone is also valuable.

 

They don’t like to be kept waiting by me any more than I like to be kept waiting by them.

 

not ~ any more than … 型。

 

 

 

[B] It is often difficult to know and do what is right, and even while Lioncoln was doing his very best,

 

many people found fault with all he said and did, thus making his task all the harder.

 

all the 比較級 型。

 

小テストでは間接話法表現への書き換えと、比較構文表現がメインとなるもの。その後の授業でこの解説。

 

 

この解釈問題集は現段階の高 1 英語勉強には不可欠だ。

 

 

 

 

中学 1 年生 [ 20:00~21:00 ]

 

問題集 Winnig 勉強。ちょいミスが少なくなったかも。

 

相変わらずの 音読・音読・コーラス・音読・音読・コーラス。NEW PRINCE READERS はピタリなテキスト。

 

 

 

基礎形の徹底定着。ガリガリとよく勉強する。OK.な授業進行。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

01 / 09  04:29 記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年1月8日

 

PageTop