お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

01 / 09 ( 火 ) 間違うことによって

 

 

 

間違うことによって、より正確な解が得られることが多々ある。問題が与えられてそれに答えるとき

 

自分なりの筋を通した答えを出してみる。その答えが正しいものであれば次の段階に踏み込んでいくことが出来る。

 

その答えが間違っている場合は、間違い箇所を修正して次の段階へと進むことが可能になる。

 

踏み出すことです。

 

 

 

 

 

高校 2 年 [ 17:30 ~ 19:30 ]  精訳 5 題。

 

易しくない英文が続いている。

 

 

in terms of ~ である。[78] では … measure time in terms of some quantity other than time.

 

[79] では … an eyeblink, in terms of language chronology.

 

辞書チェック 。

 

 

さらに given that ~ を接続詞として考える必要のある箇所、obtain の自動詞訳、~ing 型で a sleeping baby と a sleeping bag

 

での動名詞 or 分詞の考え方、etc. である。

 

 

 

ガリガリと脳みそフル回転での精訳訓練が続いている。ここからセンター英語の速読能力を高める勉強作業なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]  間接話法表現が9割以上の完成気配あり。

 

 

比較構文の基本形を演習問題で、倒置文の成立条件、無生物主語の和訳の特徴、etc.

 

 

 

学テがあるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

01 / 10  03:06  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年1月9日

 

PageTop