お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

02 / 09 ( 金 ) 辞書を引き、辞書を読む

 

 

 

適切な和訳をするには、辞書を引き辞書を読まなければならない。そして適当な訳を見つけ出しす必要がある。

 

今日の英文では Any book will do so long as it is interesting. 引く語は do であり、long なんです。

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 2 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]  /  高校 1 年生 [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

 

 

高校 2 年

 

長文読解の問題を見ると、メチャ厄介そうな語がある。が、最初の二段落を丁寧に読めば、その後は繰り返しその語が使われているのが分かる。

 

で、後はトットと読み進むことが出来る。

 

これだけ繰り返しがあると最初に厄介だと思えた語の意味を理解して脳みそに定着させりことができる。

 

この努力は報われる。長文読解訓練は、短文解釈と同様に、現在は、丁寧に読み込むことが大切ですよ。

 

 

センターチャレンジを見ている。現状としてはOK.な結果である。勿論、さらに勉強を重ねていかねば、ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年、

 

直訳で十分に結構です。

 

I am sure he did. では sure が「確信している」、he did は「彼がした」となり、「私は彼がしたと確信しています」で十分にOK.

 

Do you mind if I sit next to you?  では mind は「嫌がる、嫌う」ですので、「もし私があなたの隣に座るとすれば、嫌ですか?」となり、

 

「あなたの隣に座っていいですか」となります。

 

I wonder where he lives. では wonder は「疑問に思う」ですので「彼がどこに住んでいるか、私は疑問に思う」となり、

 

「彼はどこに住んでいるのかしら」と意訳されます。単に意訳だけを覚えていれば、His father wondered what his son wanted to do. は

 

どのような和訳をするのか気になります。

 

 

 

このように根っこの訳があって、はじめて意訳ができます。「直訳は?」と問われたときには、意訳の根拠を示せるように、です。

 

 

頑張っていきます。真っ直ぐに、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

02 / 10  03:22  記 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月9日

 

PageTop