お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

03 / 09 ( 金 ) 一日遅れの吉報

 

 

 

吉報は遅れて届くと喜びは倍加する。それでも早く欲しいもんだ。

 

昨日の入試結果中間発表に一つ追加。千葉大学 (工学部:デザイン コース) 。感謝。

 

 

そして、である。

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 2 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]  /  高校 1 年生 [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

 

 

高校 2 年、

 

いかに和訳が異なるかを示した。O 社とK社のものである。これにKy 社のものを加えるとさらに和訳は多様となる。

 

しっかりとした語(句) に忠実であり、構造を読み取って、文意に従った和訳が大切であるかってことですよ。

 

 

今日の長文読解はかなり厄介な内容のも。担当者はゴリゴリと読み込んで和訳している。ここがイイ。

 

ここに来て強靭な突破力が現れはじめている。丁寧に読み込むことによって見えてくるものがある。

 

読解とは読み解くことである。書かれたものをその筆者の意図を汲みつつ読み取っていくことである。

 

あなたの意見は問われていない。その書き手の意図を読むこと、ここが大切。

 

さらに、ダ。

 

 

来年の「今」を見据えてでの勉強です。頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

高校 1 年、

 

(34) の下線部 (1) での it 用法は仮主語、(2) は強調構文で使われる it。この型を見落としては和訳はサッパリとなる。

 

ある英文の意味が分からないと言う。それではその英文の単語を一つずつ調べて繰り返し和訳をしてみることです。

 

A man may be wrong; so may a generation; but humanity does not make mistakes. 丁寧に、です。

 

 

総合英語は「時制」。なぜそこでは現在完了が使われ、次の文では過去完了になるのか?キッチリと理屈があるのです。

 

文法とはその理屈のこのです。英文理解において文法は極めて大切な道具なんです。ボンヤリとしていてはダメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

03 / 10  01:16 記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月10日

 

PageTop