お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

12 / 02 ( 土 ) ウチワの話ですが

 

 

 

ポロっと漏らしてしまったことだが、

 

高 3 生の一回の授業準備時間は 4~5 時間、高 2 生授業には 3~ 4 時間くらい、

 

高 1 生は 2 時間くらいの時もあれば、5 時間以上要する場合もある。

 

だからと言って、受講生が予習に何時間をかけているかをトヤカク言うつもりはない。勉強すればいいんですよ。

 

料理人がその手間の話をしないのと同様なんです。

 

今日はポロリっと言ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017 / 12 / 02  ( 土 )  授業記録

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ ]  /  高校 2 年生  [ 20:00 ~ ]

 

 

 

 

 

高校 3 年、

 

シス単テスト: 166 ~ 1700

 

小テスト: 英作文基本 171 ~ 180、短文英作 1 文、短文解釈 1 題、etc.

 

授業:精訳問題 3 題。

 

[69] での If there were no other reasons, these would be sufficient to justify a study of Greece. での If ですね。

 

この文は第一段落の最終にある下線部訳。下線部訳では前文からの了解を取り付けておかねばならない。

 

その典型例ですね。If the sun were to rise in west, I would not change my mind. で見られる if の用法。

 

「かりに~であるとしても」のやつで、「かりに他の理由がないとしても、・・・」ですよ。

 

 

また [70] での ・・・ in the last decade or so much has been done for the protection of wild life; ….

 

この has been done の主語は much で名詞として扱われているんです。ここで so much と考えれば文が壊れてしまいます。

 

 

ついつい疎かになりような 2 次勉強での基礎確認ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年、

 

シス単テスト:  791 ~ 830

 

小テスト: 暗記英作 081 ~ 090 四択 Vintage問題集 +入試過去問、指示語問題、解釈 2 題。

 

 

授業:総合問題 + 長文読解。すなおな長文問題なんですが、ここでも辞書引きが薄いんです。それでは読解になりません。

 

長文読解は山梨大学の過去問。担当者の不都合により突然の指名者はよくやった。よく調べていた。

 

設問の解は適切な部分を取り出して答えていた。修正が必要であるものの、この箇所の発見は大いに結構。進歩している。

 

Well done !!!

 

 

 

さて、総合問題での例えば、以下のこと、

 

[36] での After World War Ⅱ, he wrote novels about how people’s lives (       ) by the conflict. での四択問題で、

 

選択肢は [had been damaged / has been damaged / has damaged / have damaged] 。

 

これはいわば一択問題ですよ。

 

「人々の生活がその戦争によってどのように被害をうけてきたかの小説を書いた」とあるんですね。

 

wrote から考えて、現在の時制となる現在完了が使用されることはないわけですね。で、一択問題。

 

 

が、同じく四択問題での The police officer was shot in the (       ) of duty following a noisy argument ~. で、

 

選択肢は [aspect / band / line / rule] では、in the line of duty の成句の知識が必要ってころ。

 

これは日ごろの勉強、もしくは辞書を丁寧に引くことによっての知識の蓄積を図っていく勉強作業なんですよ。

 

 

まだまだ、やりこんだ勉強訓練が続きますよ。

 

 

 

 

 

[ 塾に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

12 / 03  03:19  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年12月2日

 

PageTop