お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

01 / 20 ( 日 ) 日曜雑感

 

 

 

 

 

センター試験が終わった。その得点が思った以上であれば、さらに上乗せの得点を狙っての勉強、

 

その得点が思わしくなかったならば、そのリベンジで圧倒的な勉強努力なんですよ。

 

今日はお疲れさまでした。明日からは別の一日の開始です。頑張らなければ、です。

 

 

 

 

 

小学6年生の短期講習受講生の三者面談。

 

お願いしたのは塾では勉強をすること、この一点。

 

この塾での勉強は受験英語の勉強であって、いわゆるコミュニケーション ツールとしての英語勉強ではない、ってこと。

 

つまり、英語が読めること、正しく書けること、ここを短い期間ながら勉強することを強調した。

 

 

さてさて、楽しみな小学 6 年生たちの受講生である。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月20日

01 / 19 ( 土 ) 授業記録

 

 

 

センター試験一日目である。

 

高 3 生が 1 名自主勉に登場ではあるが、1 時間くらいの勉強の後に態室である。頑張れ!

 

 

教室でイライラとして、なにか分からないものを待っている。いや、待っているわけでもないんだが、だ。

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

小テストの内容は、話法初歩、仮定法、分詞構文、関係詞がメイン。さらに短文解釈問題である。

 

 

話法問題は複文での書き換えに移ってはいるが、常に後方確認を怠らずに、である。

 

人称と時制に関してはそうであるが、さらに today とか this box とかの語の変化も細心の注意となる。

 

 

文法項目で入り口が易しい (優しい) ものはクセモノである。がこのあたりからジワッと分かりはじめる。

 

 

薄塗りの重ね塗りの勉強手法である。丁寧にやっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

no class

 

 

 

 

 

高 2 生がセンターを終えて英語の自己採点。質問は 2 個所。イイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月19日

01 / 18 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

小学 6 年生の短期講習コースは残り 1 席となりました。

 

中学 1 年の短期講習コースはまだまだ募集中です。 お手伝いできれば、です。

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

no class

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

小テストでの解釈問題は単語の羅列だけでOKってなことはない。適切な訳語選択、文構造の見極め、である。

 

chance の訳語は「運」「見込み」もしくは「可能性」であって、「好機」ではグジャになる。とかである。

 

 

長文読解は九州大学の過去問。第一段落のガッツリと和訳したのだが、読み込み不足です。

 

2 個所の下線部訳は単語の深い読み、関係代名詞の先行詞を明示することも要求しているのは明白ですよ。

 

何を出題者は解で求め、または、どれをキーワードとしているのか、ここをじっくりと攻めていく勉強作業ですよ。

 

 

一年先のための勉強です。こつこつとやっていきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

2019年1月18日

01 / 17 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

高 2 の小テストでの暗記英作は「英作文 基本 300 選」(駿台文庫:飯田康夫著) 。とうとうこの時期になった、ってこと。

 

高 2 は「受験生」であることの意識をジワッとしみ込ませていく。

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

小テスト問題の発展形が「総合英語」での四択問題 etc. となっている。それだけに、小テストでの質問が大切。

 

解釈で意味不明の訳文となるばあいは、① 訳語の選択ミス、② 構文の取り違え、③ 文法ミス、となる。

 

一つひとつをつぶしていかなければならない。ここが勉強訓練である。適切に行われたこの勉強訓練は報われるものなんですよ。

 

 

頑張っていきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

小テストは分詞構文表現の箇所を接続詞を用いて書き換える問題、と仮定法表現での if it were not for / if it had not been for 型、

 

短文解釈は「構文 101」から仮定法を含む英文と継続用法の関係詞がある英文を選択。

 

小テストは今までに学んできた文法項目を今一度基本から考え、内容を深く太くしていく勉強作業となっている。頑張らねば、ですよ。

 

 

 

話法。疑問文の話法と、The other day I met Tom at the station. He said to me, “Did you see my mother yesterday?”  での

 

yesterday の処理だが、さらに、the other day が two days ago となった場合、また this morning の場合、etc. の考え方である。

 

 

これも、さらに深く、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月17日

01 / 16 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

体調は99%の回復。マスクを付けての授業の経験がない。案外と不便なもんだ。

 

が、受験生のことを考えると今はそんなことを言ってはいられない。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

小テストの課題は、分詞構文と仮定法がメイン。さらに短文解釈問題である。

 

無論その問題には仮定法が含まれ、関係詞の継続用法が組み込まれている。それほどイージーな問題を出すわけがない。

 

 

 

話法は伝達文が疑問文の場合である。① 答えの部分に Yes / No が必要とされる疑問文、②選択疑問文、③wh-型疑問文、である。

 

さらに伝達動詞が過去形となった場合の today とか this とかがどのように変化するかの勉強。

 

 

話法が深くなっていく。入りやすい入り口の文法項目ほど、奥行きが深いものである。

 

それだけに勉強が白熱していく。面白い。

 

 

次回は伝達文が命令文の場合、となる。深く深く入り込んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

「河合塾 パック」である。これで「駿台パック」、「Z会パック」と3組のパック問題を終了。

 

今年の特徴は3社の問題で得点がばらついていることだ。例年ならば「駿台」が難で、その他はトントンであるのだが、

 

今回は「駿台」で高得点でありながら、「河合」が散々の得点者がいる。

 

本番での心構えとしては、「高得点を目指すのは無論だが、その低得点であったことを忘れてはならない

 

「謙虚であれ、ダ」と強く言った。センター前にこのような言葉を塾生にかけることはないのだが、

 

今年は何かしら心に引っかかるものがあった。で、これを言っておかねば後悔をすると思っての出しゃばりとなった。

 

 

賽は投げられた、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月16日

01 / 15 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

病院に行って先ずはインフルエンザであるか否かの判定を受けるのだが、そこには幸いなことに「ネガティブ」と書かれていた。

 

で、「『ネガティブ』って何?」とパートナーに訊ねるられた。得々として解いた。チョッと面目躍如である。

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

「河合塾パック」である。いつものように得点目標を表ページに書き、がっつりと問題に向かう。

 

終了後に解説書を読み、自己採点。間違いを修正する。得点が目標点に達していない場合は、ナゼか?の検証作業。

 

 

試験の得点は今の自分の実力を示すもの。高得点を得るためになにをすれば良いのかは自ずから分かっているはず。

 

で、それをなす。それ以上でもそれ以下でもない。する。それだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

小テストは時制問題に関するもの。when ~ 節が名詞節の場合と、副詞節の場合の考え方をちと説明。etc. である。

 

 

精訳演習の難度があがってはいるんだが、思わぬところで基本が欠けていることに気付く。

 

例えば [123] の

 

The subjects of conversation are not so numerous that one can neglect an opportunity of adding to one’s store.

 

so ~ that … 構文である。で、この構文には①結果と②程度の意味がある。上の文は②の型である。

 

He is not so wise that he can solve the problem. から考えてみるとOK.だ。大いに注意である。

 

 

まだまだ様々な英文に出会っていかねばならない次第。頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月15日

01 / 14 ( 月 ) お知らせ

 

 

 

14日(月) まで風邪にて no cleas としていましたが、明日 15 日よりレギュラーの授業となります。

 

 

5:30 pm より高 3 授業  河合塾 センターパック シス単テスト 英作文基本 300 選

 

8:00 pm より高 2 授業 小テスト 精訳演習 [120]~[123]  シス単テスト 1771~1800

 

 

ご心配とご不便をかけ申し訳ありませんでした。復活をいたしました。再びドドっと受験英語に邁進です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月14日

01 / 10 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

遠慮なしです。単語は単体でもガリガリと覚えていくべきですよ。語群になって、とか成句から、とかもありますが、

 

book, bag, dog, chair, school なんてのは単体で覚えていったでしょう。それでOK.なんですよ。

 

ガンガンとチャンスがあるときに単語は飲み込んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

小テストでの質問がイイ。丁寧に基礎を固めようとする空気があってイイ。一つひとつを脳みそに留めていかねば、だ。

 

例えば when 節中での will finish か finishes か have finished かの選択なんかは文法的に完全理解をしておくよ。

 

 

長文読解。四段落で構成されている論説文。設問 1 はかなりキツイ。この場合の解の見つけ方の一つを伝授。

 

それにしても 100 billion billion の表記ですね。面白い。担当者はキッチリだしていますが、他の表現を、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

小テストでは強調構文、無生物主語の英文を直訳と意訳で、のくどい練習問題。

 

話法に入りました。今日は基本のキ。

 

平叙文のオンパレード。He says, “I like music.” から He said to her, “I must stay home.” まで。

 

 

易しく見えるやつは、奥が深いんですよ。丁寧に理解度を高めていきますよ。丁寧に、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです

 

 

 

 

 

 

 

 

01 / 11  01:21  記

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月10日

01 / 09 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

 

 

高 3 の「駿台パック」が終了。で、その結果は、呆然・悄然・愕然・唖然・憮然であり、泰然・平然はごく少数。

 

ここからが粛々と、であらねば。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

強調構文、無生物主語の小テスト。学テの範囲がそれだったよう。それはそれ、これはこれで。

 

特に無生物主語は直訳と意訳からの2方向で英文の構成と和訳を考えるのが当然の勉強方法。

 

下手に意訳ばかりだと、英語と日本語に隔たりができて、その言語としての深みを知るチャンスを逃す。

 

ここが大事。

 

 

 

話法に移る。直接話法から間接話法への書き換え作業。初歩の基本をジックリと50 文こなす。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

8時クラスの「駿台パック」に挑む。最初に目標点を書いてからの解きはじめる。80分後に自己採点。

 

採点結果からの今の実力が分かる。現実をしっかりと見れば、今行わなければならない勉強課題が見つかる。

 

結果がすべての試験である。問われるのは結果である。結果しかない。これが試験である。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

01 / 10  02:49  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月9日

01 / 08 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

「パック」試験の開始。先ずは「駿台パック」」に挑む。いいんじゃないですか。

 

パック試験の後に「シス単」テスト、さらに「基本英作 300 選」。2 次の炎を消してはならない。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

「駿台パック」である。得点目標を表ページに書き、がっつりと80分。問題に移るやり方。

 

終了後に解説書を読み、自己採点。間違いを修正する。得点が目標点に達していない場合は、ナゼか?の検証作業。

 

 

テストは自分の穴を見つけるのに最良の方法の一つです。この方法を捨てる手はありません。きちんと消化していきますよ。

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

試験での「一点突破 前面展開」の話。深く突破すればするほど、その底辺は広がる、ってこと。

 

 

四択問題で、文法的には正しいものが複数にあるばあいは、文意として最適ものをを選ぶべし、なんですよ。

 

 

know に関することでチト気になるんですが、

 

be known to ~ :~に知られている /  be known by ~:~によって判断される /  be known for ~ :~で有名である

 

これですね。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

01 / 09  01:48  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月8日

1 / 11112345...102030...最後 »

 

PageTop