お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

02 / 23 ( 日 ) 日曜雑感

 

 

 

高 1 塾生たちは入試英語初歩の第二段階が終了しようとしている。定期試験後の勉強訓練が厳しくなる。

 

 

高2 塾生たちの英語は入試英語の始まりに突入している。長文読解はまだまだ息の長い勉強が続く。

 

精訳問題を重視している。これが長文読解の精度とスピードを高めるための勉強訓練となる。

 

 

3 月の勉強密度は高 1・2 共に高い。

 

 

 

 

 

 

2020年2月23日

02 / 22 ( 土 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

小学6年生の短期英語講習会 :月・木 18:00 ∼ 18:50 1 名

 

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:00 ~ 22:00   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テストは、暗記英作、基礎英作、四択問題、短文解釈 3 題。

 

四択問題で確認したのは on the morning of Christmas / in the morning / this morning での前置詞の有無、etc.

 

基礎英作では He told the story to whoever wanted to hear it. 思わず前置詞の to を落としそうになる箇所、etc.

 

 

短文解釈では倒置構文、etc.

 

 

精訳問題では … not to have fitted himself into this kind of life would have meant certain death. での不定詞の用法、

 

等位接続詞の for が文頭で使用されている英文、語句では the exceptional rather than the rule での rule、

 

physical sciences、また no more ~ than … 構文で ~ 部分が少々長い語群となっている英文、etc. である。

 

 

一つひとつ英文を丁寧に和訳していく読解作業である。これて長文読解とは別物ではない。連結しているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

小テストは「無生物主語・名詞中心の表現」。[追加問題] は比較構文から仮定法までの文法確認の総復習。

 

 

英語総合ではセンター問題の短文を使っている。3文を適切に並び替えて本文に入れていく問題。国語力も求められている。

 

面白い。「兄はスポーツが好きである。(     ) 弟は音楽が好きである。」の空所に「したがって」とかを入れられるのか?

 

 

二文を同意文にする問題は次第に要領が分かってきた感じである。量である。積み上げの勉強である。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 連絡は携帯電話へ 22:30~23:00 がベストタイムです。宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

02 / 23  03:32  記 

 

 

 

 

 

 

 

2020年2月22日

02 / 21 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

小学6年生の短期英語講習会 :月・木 18:00 ∼ 18:50 1 名

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:00 ~ 22:00   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 18:00 ~ 20:00 ]

 

 

小テストは「無生物主語・名詞中心の表現」。[追加問題] は比較構文から仮定法までの文法確認の総復習。

 

 

丁寧に、丁寧に、文構造を知る前の文法知識をガツガツと積み上げていく勉強作業。

 

 

長文読解として教材にしているのはセンター問題の短長文。この英文が読解できなければハナシにならない。

 

読解をするには文法知識がなければ、ダ。今日の文章題では分詞構文、if 省略の仮定法、関係詞の継続用法、etc. である。

 

精訳訓練をやるのは長文の速読・即訳力を付けるためんですよ。

 

 

勘による和訳はない。限りなくザルで水をくむのと同様なんですよ。丁寧に、です。

 

 

 

 

 

 

小学 6 年生 [ 20:20 ~ 21:10 ]

 

音読は Lesson 1  § 1 から Lesson 3  § 3  までのコーラスリーディングと個別音読。

 

This is a pen.  That is a penicl.  の読みがスムーズに読める兆しがある。読む、読む、読む、そして和訳である。

 

 

今日の勉強テーマは This is an orange.  This is a bad orange.  That’s a book.  That’s an old book.

 

での冠詞 a / an の使い分けである。先ずは音読からである。音に慣れる、ここに力点が置かれているんですよ。

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

 

02 / 22  03:24  記 

 

 

 

 

 

 

 

2020年2月21日

02 / 20 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

小学6年生の短期英語講習会 :月・木 18:00 ∼ 18:50 若干名

 

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:00 ~ 22:00   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

 

小学 6 年生 [ 18:00 ~ 18:50 ]

 

 

Lesson 1  § 1 ~ Lesson 3  § 3  までの音読、和訳、筆写。

 

今日の勉強テーマは This is a peach.  → This is a big peach. 冠詞の移動、

 

さらに That’s an apple. → That’s a big apple. での冠詞が an から a に変化するのはなぜ。

 

が、ここからが丁寧な、しかし、繰り返し3回の勉強訓練となる。無味乾燥に見えるときこそ丁寧に、丁寧に勉強である。

 

 

この段階で be 動詞勉強スタートが英語勉強に最適であると思っている。オッと、英語のお遊びならば別の展開となる。

 

まァ~、完全に個人の意見である。この勉強方式がとれるのがうち塾のアドバンテージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストは暗記英作、短文英作 (mindの用法、挿入を含む関係詞節)、四択問題、短文解釈では「愛国心」に関するもの。

 

 

英語総合での長文読解は岩手大学の過去問。設問 1 では数字を明確にしての解の作成、設問 2 の下線部訳では、

 

 

文構造を分析しての和訳になるんだが、そこでは being 省略の分詞構文、目的用法の of、動詞と主語の関係の明快さ、etc. である。

 

 

その他の四択、整序、会話題とかをゴリゴリとやっつけていく勉強。これ一本である。頑張る、だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

 

2020年2月20日

02 / 19 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

小学6年生の短期英語講習会 :月・木 18:00 ∼ 18:50 若干名

 

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:00 ~ 22:00   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テストは、暗記英作、基礎英作、四択問題、短文解釈 3 題。

 

小テストの短文解釈でポイントにしたのは、比較構文、二重限定の関係代名詞、etc.

 

 

 

総合英語での長文読解は岩手大学の過去問。数字をキッチリと読み取っての設問解を作成する作業。

 

下線部訳で担当者は読み込みの浅さを露呈している。これは辞書を引くことを怠ったことに起因するもの。辛い。

 

 

総合問題では順当に進行。共通テストでの準備は粛々と始まっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

小テストは「否定・協調・倒置・etc」。[追加問題] はこれまでの文法項目の総復習。で、分詞構文、話法に穴がある。

 

 

精訳問題でポンとにしたのは [030] での

 

A slight slip of his hand would have meant instant death for the patient. での仮定法表現部分。ここでの if 節の発見。

 

また … you find yourself bored by a book … での第五文型の和訳が確実でないのは、その型の定着が弱いってことか?

 

 

まだまだ深読みをする訓練を精訳演習から積み上げていかねば、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 連絡は携帯電話へ 22:30~23:00 がベストタイムです。宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

02 / 20  03:31  記

 

 

 

 

 

 

2020年2月19日

02 / 18 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

小学6年生の短期英語講習会 :月・木 18:00 ∼ 18:50 若干名

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:00 ~ 22:00   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 18:00 ~ 20:00 ]

 

 

小テストは「否定・協調・倒置・etc」。[追加問題] はこれまでの文法項目の総復習。

 

 

 

精訳問題での文法は、分詞構文、関係詞の継続用法、English is hard to master. での不定詞の用法、

 

not ~ but … 型、比較での even + 比較級、etc.  訳文上のポイントでは wonder whether + 否定文の意味内容、etc.

 

まだまだの丁寧な訳文作成の訓練が続いている。

 

 

 

 

 

 

小学 6 年生 [ 20:20 ~ 21:10 ]

 

音読は Lesson 1  § 1 から Lesson 3  § 1  までのコーラスリーディングと個別音読。

 

this、that、it、と is、isn’t を簡単な名詞と連結させての音読。

 

今日のテーマは an の用法。

 

 

音読が最優先されての英語勉強が続いている。英語の音に慣れることと be 動詞を使っての文に慣れることの訓練である。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

02 / 19  04:05  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年2月18日

02 / 17 ( 月 ) 授業記録

 

 

 

 

〈 募集中〉

 

小学6年生の短期英語講習会 :月・木 18:00 ∼ 18:50 若干名

 

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:00 ~ 22:00   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

 

小学 6 年生 [ 18:00 ~ 18:50 ]

 

 

Lesson 1  § 1 ~ Lesson 2  § 3  までの音読、和訳、筆写。前回とほぼ同様の内容。

 

 

Lesson 3 § 1  This is a lomon.  That’s an apple.  That’s an orange.  etc,

 

「an」を使用した英文の音読。Is that a lemon or an orange?  It’s an orange. までの音読、和訳、筆写。

 

§  2  に入り what の用法となる。What’s this?  It’s a lemon.  etc. と続く。

 

 

 

音読、音読、音読、そして和訳、和訳、そして筆写。this、that、it、pen、pencil、desk、capt、hat、・・・ダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストは暗記英作、四択問題、空所補充問題、そして短文英作。短文解釈では不定詞に仮定の意味が含まれる、

 

test の訳語が「基準」である、~ such that … 構文、the 比較, the 比較級構文、etc.

 

 

 

精訳問題でも不定詞に仮定法での if が含まれている英文、さらにふんだんに文構造の見極めを求める英文の連続。

 

この丁寧や訳文作成が長文読解の理解度と速度を確実なものにしてくれるんですよ。ガンガンと頑張っていきますよ。

 

 

確実な積み上げ勉強ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

02 / 18 : 02:59  記 

 

 

 

 

 

 

 

2020年2月17日

02 / 16 ( 日 ) 日曜雑感

 

 

 

雑感

 

(1)  小学 6 年生の短期授業に食指が動く。5~6 名の構成で教科としての勉強意識の塾生募集ではどうだろう。

 

(2) 共通試験のリスニング授業の構想。これはボツになる可能性があるのだが、チト教材を考えてみては、だ。

 

(3) 新高 1 生も含めてだが、やはり読解力を高めるための文法・文構造勉強の授業内容とすること。

 

(4) etc.

 

 

(2) (3) に関しては即に実動開始となっている。

 

読解が出来なければ英語勉強はムダである、との考えは変わることがない。

 

リスニングはこの延長にあるにすぎないのだ。

 

面白い時期ではある。

 

 

 

 

02 / 17  04:16  記

 

 

 

 

 

 

2020年2月16日

02 / 15 ( 土 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

小学6年生の短期英語講習会 :月・木 18:00 ∼ 18:50 若干名

 

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:00 ~ 22:00   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テストは、暗記英作、基礎英作、四択問題、短文解釈 3 題。

 

小テストの短文解釈でポイントにしたのは、

 

Some people, however, may think that he would have done better to have let the moth the deciding test. での

 

不定詞部分。これは精訳問題 [136] での To have said it right away would have seemed like too severe a correction.

 

と同根の文法的考えを持つ必要があるやつ。 丁寧に、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

小テストは「話法」。[追加問題] のポイントは分詞構文を接続詞を持ちたものへの書き換え問題。まだまだ、ダ。

 

 

総合問題ではセンター過去問を使っての短文解釈。8割の完成度。適切な単語訳が必要だ。ここがまだまだ浅い。

 

勘で和訳するには多量の英文読解を重ねれば出来る。が、今は丁寧に、真っ直ぐに和訳していく勉強作業である。

 

 

それにしてもまだ「ところてん勉強」になっている。一つの項目を完成したと思えば、その直前の項目を忘れてしまっている。

 

積み上げたものが残っていない。ここを何とかしてくれ。お願いだ。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 連絡は携帯電話へ 22:30~23:00 がベストタイムです。宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

02 / 16  03:38  記 

 

 

 

 

 

 

2020年2月15日

02 / 14 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

 

〈 募集中〉

 

小学6年生の短期英語講習会 :月・木 18:00 ∼ 18:50 若干名

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:00 ~ 22:00   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 18:00 ~ 20:00 ]

 

 

小テストは「話法」。[追加問題] はこれまでの総復習。

 

 

センター過去問。読めることによって設問を解くことができるってことは当然なこと。

 

本文が読めなければならない。それを読み解いての設問解である。勘による答えの作成ってのはない。

 

 

空所補充問題も同様である。空所があっても残りの単語群から文が言おうとしているものは伝わってくる。

 

それをくみ取っての空所を補っていく勉強作業なんです。

 

四択問題も同様なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学 6 年生 [ 20:20 ~ 21:10 ]

 

 

本文の筆写と和訳。This is a pen. から Is this a cat or sheep?  It’s s sheep. までを3回に区切りながら書く。

 

this、that、it の訳語を確かめ、is、isn’t の役割を知り、そして今日の課題は or である。

 

読んで、読んで、読む。書いて、読む、読んで、書く。この繰り返しによって最基礎の英語に馴染んでいく勉強作業である。

 

 

奇妙な音を出すことに抵抗がある。が、いったんこの壁を突き抜けると俄然楽になる。

 

この勇気を与えることが今の時期のこちらの重要な役割だと思っているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年2月14日

1 / 15012345...102030...最後 »

 

PageTop