お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

そうだったのか!

 

「そうだったのか!」と思い出すために、このブログを読んでくださる方がいる。お気づきのことがありましたら、ご連絡ください。

 

論理を追う経験を何度もすれば、直観的に考えることができる。← 「とある京大生講師みかみ」さん Twitter より。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校1年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

 

中学時代の疑問文の確認、感嘆文の作り方、助動詞、etc. 。

 

小テスト:いつものように、否定文・疑問文・進行形の復習。そして感嘆文の確認。

 

Crown テキスト:6頁からの和訳。

 

 

 

高校3年 [ 8:00~10:00]

小テストは英作(奈良女子大学)、和訳は問題集より2問、京都大学の下線部訳。以前に言ったことを再度、「部分点狙いの答案は崩壊答案」ですよ。それに、採点者は即に部分点だけを取りにきたかと見抜くでしょうね。完全答案を作る努力をすることで、ようやく部分点を取ることができるのですよ。

 

総合英語:長文読解は九州大学の過去問。下線部訳と設問の解の作成にポイントを置いての授業。It was very kind of him to help the girl. → How kind it was of him to help the girl! での it was の抜け、fail to do ≒ can’t do とかの細かい受験知識の積み上げですよ。丁寧に、です。

 

 

 

 

この4月からの時間割こちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

2016年4月8日

 

PageTop