お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

日曜雑感

 

 

受験勉強は訓練の要素が根っこにあると思う。

 

中学時代に疑問文とか、進行形、また、受動態とか完了形の勉強訓練が

 

浅い、もしくは、不確かなまま、もしくは、要領よくコツだけで試験で

 

ある程度の点をとって、高校英語を始めても高 1 夏休みまでは痛痒を感じない。

 

なぁ~んとなく、分かって、なぁ~となく、分からない状態である。

 

ここが、受験英語にハマれるか否かの最初の分かれ目となる。

 

この分岐点で何かの訓練、それが水泳であれ、剣道であれ、茶道であれ、公文であれ、

 

訓練、時には、無駄であると思えるほどのルーティンなプロセスの

 

経験のある塾生はスッと勉強訓練に入ることができる。

 

その成果が速やかにでることがないとしてもである。

 

コツコツと完了形を知り、完了不定詞、完了動名詞、分詞構文での完了形表現と

 

ルーティンに学んでいく。

 

要領よく積み上げてきた中学英語にさっさと決別していく。

 

 

新たな勉強訓練を開始していく者がうちの塾では多いのではと、彼らが卒塾して気付く。

 

最終的には塾生自慢になってしまったか? まぁイイ。

 

さてさて、あと少し小テスト整理をしておかねば、です。

 

 

06 / 27  3:25 a.m. 記 

 

 

 

 

 

2016年6月26日

 

PageTop