お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

日曜雑感

 

 

2016 / 08 / 14    (日)

 

先週はモトちゃん(北九州大学) が駅から直に塾に立ち寄ってくれた。で、近況報告を頂く。1 年生の初TOEIC で 600 点チョット前。立派。努力生である。きっと次回は 650 点オーバーになるはず。

 

キショウくん(大阪府立大)は 1 年間のオーストラリア留学の成果報告である。経済学の勉強。聞き取れること、読めること、書けることの重要さを強調していた。インターンシップで近々上京とのこと。シュンくん(慶大・商)、Sun-moon くん(早大・政経)、ユウくん(東大・文Ⅰ)との東京会があるとのこと。

 

ユウくんと言えば、配布した「僕は君たちに武器を配りたい」は彼のお薦め本である。自習室で読む姿を見かけるが、できれば「君に友だちはいらない」(自習室書棚にあり)も読んでもらいたいものだ。これは先日の林修先生の講演での「若者たちが厳しい世界を生きていくことになる」に触発されての塾生配布。過激な言葉で書かれているように見えるが、若者への助言にあふれた指導書である。

 

明日から塾は後期のスタート。

 

ゴリゴリと受験英語をやっつけていく。

 

 

08 / 15    02:08 a.m. 記 

 

 

 

 

 

 

 

2016年8月14日

 

PageTop