お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

明快に間違うことのすすめ

 

2016 / 4/ 16  (土)

 

確信を持って間違うことで、明快な解を得る道筋が与えられる。

 

中途半端な間違いは、次に繋がる解法を得ることが少ない。

 

明快に間違うことです。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校2年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

小テストVintage 問題集[不定詞] からの出題。四択問題10問。整序問題、同意文作成、完了形不定詞問題、etc. が積み残しとなっている。次回の範囲。プラス問題として「時制」。OK.な了解を示してはいるが、まだまだ詰め込んでいかねばだ。短文解釈の常のあの箇所を問う。英文の型である。

 

 

精訳演習:弱い、まだまだ「動詞と主語の関係」の見極めが弱い。くどく、ひつこく、粘っこく問い詰めていくよ。

 

 

 

 

高校1年 [ 8;00~10:00]

 

間接疑問文。疑問詞を用いた場合の復習。Yes / No 型の間接疑問文表現は if を用いて、選択疑問文では whether を用いての表現である。これは Crown 2 課の予習にもなっているのですよ。

 

小テストで ① He will write to her. の進行形表現、② He must do the work at once. の受動態表現の練習なんですが、次回小テストでも出題しますので、再度ここに書いておきますよ。①、② 共に基本の文に戻って考えてみますよ。① は He write to her. として He is writing to her. そして、この未来形 He will be writing to her. です。② は He does the work at once. の受動態 The work is done by him at once. の must 挿入形 The work must be done by him at once. です。さらに1問考えてみましょう。 He has to write two more report. の受動態? では、基本の英文は He writes two more reports. で、受動態にして Two more reports are written by him. となり、これに have to を入れて Two more reports have to be written by him. ですよ。

 

このような途中式からの考え方は「英語必修構文 101」で、時間が許せば、発展形として勉強を深めていきます。

 

常い、「次」を考えての勉強計画なんですよ。すべてのパートが連結しているのです。各パートが完璧理解を伴っていて、受験英語の体系ができていきますよ。丁寧に、丁寧に作り上げていきますよ。頑張っていきましょう。

 

Crown 和訳:Lesson 1 終了。

 

次回は Vision Quest での「文型」です。イッキにやっつけていきます。高校英語の基本のキです。

 

 

 

 

 

この4月からの時間割こちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

2016年4月16日

 

PageTop