お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

02 / 08 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

地方試験の開始である。問題を読み、作問者の意図をはかり、文意にそった答えを出す。

 

謙虚であることですよ。

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

小学 6 年生 [ 18:00 ~ 18:0 ]

 

今日の英文は、

 

火曜日に音読した箇所を、再度読む。コーラスで、個別指名で、読む。さらに、

 

This is a spoon.  This is a bed.  This is a bag.  This is a hat.  This is a sheep. This is a table.  と各疑問文。

 

さらに、・・・と続く。

 

読んで、読んで、読む。読み倒す。コーラスリーディングであり、個別音読であり、自発的音読であり、だ。

 

今は読んで、読んで、の作業。

 

 

「分かっている、分かっているんだが、声にならないだけだ!」と顔に書いている。が、声に出さなければ、ダ、ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

小テストでの解釈 [B] 問題では「譲歩のas」、[C] 問題では「譲歩の when」。易しく見える時こそ、ジワッと攻める。

 

 

長文読解は北海道大学の過去問。かなりの長文ではあったが、担当者はこの物語の面白さを見抜いたは上出来である。

 

 

横道に入ったが、英語で分かるってことは、例えば、その物語を読んでゾクッとする、とかなんですよ。

 

そのモデルとして Kwaidan ですが、これを読みつつ怖くて部屋から出られなくなれば、英文を了解できたってです。

 

試してみてください。

 

ついつい今日の授業では横道に入りました。許されよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

02 / 09  01:12  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月8日

 

PageTop