お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

03 / 08 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

今日の風はひときわ身に染む。微風なのだがちめたさが骨にまで突き刺さる。入試の発表である。

 

オッと、「ちめたさ」は讃岐方言なんだろうか。

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

小学 6 年生 [ 18:00 ~ 18:0 ]

 

教科書最初の a pen  a desk から Lesson 4 の This is Roy.  He is a boy.  He is a good boy.  etc. までを一気に読み上げ。

 

主語の this、that、it、he、she を確認した後に、今日からの課題 I、you の勉強。

 

I’m Roy.  I’m a student.  I’m not a teacher.  You are Pearl.  You are a student.  You aren’t a teacher.

 

Is this your book?  Yes, it’s my book.  Are you a student?  Yes, I am.  Are you Tom?  No, I’m not.  I’m not Tom.

 

What’s your name, then?  My name is Roy. までコーラスリーディング、個別リーディング、筆写、和訳 と続いた。

 

I と you、my と your の使い分けなんだが、繰り返したのは I am ~. と You are ~. での be 動詞の用法。

 

最後は、当然ながら I am a cat.

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

小テストは暗記文、四択、指示によっての書き換え、英作、解釈。比較的真っ直ぐな問題。

 

 

長文読解は神戸大学の過去問。ザックリ訳で進行するのだが、文構造が厄介に見える文は分析をしていった。

 

担当者はあと一歩深く掘り下げての和訳が欲しいところが散見、また文法的に詰めの甘い箇所がある。

 

ここは落とせない。

 

 

解答例を2つ用意したのは、A 社と B 社の答えが異なっていることを見せるため。こんな場合の対処法を伝授。

 

 

あと一歩の踏み込みが欲しい。辞書を読んで、読んでの勉強作業が必要。頑張れ!

 

 

まだまだ。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

03 / 09  02:56  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月8日

 

PageTop