お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

03 / 15 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

 

 

「シス単」の役割を終えた。新高 3 の単語帳「鉄壁」を利用。その意図は○○と△△である。

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

小学 6 年生 [ 18:00 ~ 18:0 ]

 

 

音読から入る。いつものように a pen  a desk  This is a pen. This is a desk. Is this a pen?  Yes, it is. Is this a pencil?  Yes, it is. と読み始め、

 

Is that girl your sister?  Yes, she is.  What’s her name?  Her name is Jane.  What is she?  She is a student. であり、

 

p. 27 の I’m ~.  You are ~.  と続き、Are you a student?  Yes, I am.  This boy is Roy.  That girl is Pearl. … である。

 

人称代名詞をくどく音読、音読、音読である。これの狙いは Are you a student? の疑問文に Yes, it is. が居心地がわるい

 

この感触を知ることにある。くどく、ひつこく、粘っこく繰り返す勉強を継続中。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストでの負荷をかけていく。暗記英作はOKな進行ではあるが、文構成を文法力から処理する力に欠けている。

 

勘で英作をする、もしくは、和訳が出来る段階ではない。作問者の意図が読めなければ得点はできない。

 

 

長文読解は東北大学の過去問。読みやすい英文。設問で「簡潔に答えよ」ではどの程度の簡潔さかを知る必要がある。

 

「果物」とか「犬」とか「太平洋」とかは適切な答えとならない。それぞれがどうであるかの関係性が必要。

 

今日の読解をやっていて、自分の志望校の 2 次問題と比較すれば、はるかに後者ほが難度がある。

 

 

塾問題は入試勉強のために作られている。緩い勉強はない。残り10ヵ月なんです。

 

容赦なく時間は流れる。とことんに、なんです。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

03 / 16  03:25  記 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月15日

 

PageTop