お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

05 / 10 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

受動態勉強が続いている。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

今日の小テストは句と節、文型がメイン、サイドディッシュはいつものヤツ。

 

授業中に顔を見て了解が半分以上であるやつを狙い撃ちしている。了解していない部分の勉強は自分の責任です。

 

その努力をすることです。自分でチャートを紐解いても分からなければ訊ねることです。そのためのワタシです。

 

 

it の形式主語の勉強開始。中学英語から少しずつ間隔があき始めて。だからこそ、分からない箇所を質問なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストの解釈は構造を見極めることが優先されねばダメになる典型例。構文の説明をすればナンてことはない、と思ってしまう。

 

これはまだまだ読み込み能力が成長していないことを示しているんですよ。ガリガリと頑張っていきます。

 

 

長文読解は九州大学の過去問。下線部訳の問題では failure to、hold ~ responsible for ~、not ~ all、でしたね。

 

易しく見えて、いざ訳を書こうとすれば訳文がうまく調整できない、どこかで未完成部分が表れてしまう、感じの問題。

 

また設問 4 での this is not always the case では、そもそもの原文のきちんとした訳が必要ですし、this の内容ですね。

 

this の内容はここでもそうですが、普通は前文にあります。で、a pedestrial crossing 云々ってこと。

 

 

それにしも、These news is not so good. とか Japan is located in the east of China. とかのミスは泣けます。丁寧に、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

05 / 11  02:06  記 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月10日

 

PageTop