お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

05 / 15 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

いつかは分かるだろう、ではダメ。意識だけではなく、不断の努力によって知を獲りに行く強固な意欲がいる。

 

 

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

今日の小テスト Vintage 問題はNo. 280 まで。暗記するべき箇所が99.9%、残りの0.1%も暗記。

 

不定詞では原形を使う。なぜ?というのは大学に入ってからでOK. 今あるその英文形を脳みそに落とし込む。

 

その型を覚えこむ。

 

 

小テストの短文解釈は if 節を持たない仮定法表現の文、また、比較構文のやつ、倒置、etc. である。

 

あるがままに真っ直ぐに和訳し、英語の癖を見抜いてのマスターしていく勉強。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

小テストではまだまだ文型。で、最後の受動態表現への書き換えが今日のポイント。

 

They believe that his theory was wrong.  この受動態は

 

That his theory was wrong is believed by them. となり、一般主語からの by them は省略。

 

さらに、That his theory was wrong 部分を形式主語を使って、

 

It is believed that his theory was wrong. となる。この考え方。ここが一点。

 

次のポイントは

 

① I think that he is sick.  ② I think that he was sick.  ③ I thought that he was sick.  ④ I thought that he had been sick.

 

この③ と ④ の訳は各々「彼は病気だと思った」と「彼は病気だったと思った」の異なり。メチャ大事。

 

この根拠。

 

これが次の単純不定詞と完了形不定詞の勉強へとつながっていく。

 

まだまだするべき勉強はある。この基礎部分をガッツリと固める。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

05 / 16  03:39  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月15日

 

PageTop