お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

05 / 18 ( 土 ) 授業記録

 

 

 

 

 

高 1 は試験範囲の一部をガッツリと勉強。高 2 は常の授業

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

今日の小テスト Vintage 問題はNo. 300 まで。短文解釈では might as well A as B、であり、付帯状況の確認、etc.

 

 

精訳問題では、しばしば、適切な訳語の選択を繰り返し言っているが、好例が見えた。a young and innocent state of mindである。

 

ここの innocent は「無罪の」ではワヤになる。「無邪気な」でなければ意味不明となる。

 

確かに、辞書には「無罪の」がある。が、だからと言ってこの訳語が適切であるかは文意に照らし合わせる必要あろう。

 

また、久しぶりの too~ to 型である。… history is too short for any changes to be perceptible.  で、これを so ~ that 表現にすれば、

 

history is so short that any changes cannot be perceptible (×) ではなくて、

 

that 節の文は no changes can be perceptible とany ~ not 御法度を知っていなければ、ダ。

 

 

小さな知識の断片ではあるが、これを集めて大きな体系にしていく勉強作業こそが大事。頑張っていくよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

くどいほどに It seems (appears) that ~ と It is said (thought / believed) that ~ 型の和訳練習が続き、

 

さらに that 節中の主語を文頭の主語として使っての表現。その中での完了形不定詞の用法を合わせて勉強。

 

時制なんですよ。

 

 

さらに He lost the key. と He has lost the key. また He went to Tokyo. と He has gone to Tokyo. の意味内容。

 

 

定期試験が終わった後も文型の確認練習であり、It seems that ~、It is said that ~ 型の勉強訓練は続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

05 / 19  03:01  記

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月18日

 

PageTop