お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

07 / 13 ( 土 ) 授業記録

 

 

 

高 1 授業では「その動詞の主語?」とくどく訊ねながらの授業。和訳の完成度が低い時の一つの手法。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

Vintage 問題が 700 番を超える。量である。量から質を得る。

 

 

精訳問題レベルがかなりきつくなっている。緩める気はない。ここをゴリゴリと超えていく。

 

文法知識を動員し、文構造を見極め、適切な訳語を辞書から選択していく勉強作業。

 

これが入試までシコシコと続いていく。勿論難度を上昇させながら、ダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

関係副詞を関係代名詞の延長として考えていく勉強作業。

 

例えば、関係詞の補充問題で、

 

This is the village (       ) the poet was born. と This is the village (       ) I like the best. の場合、

 

各文を二つに分解して which か where かを考える方法。

 

前者は This is the village. とThe poet was born in the village. 下線部が there となり、空所には where を、

 

後者は This is the village. と I like the village the best. 下線部が it となり、空所には which が適切。

 

この勉強。

 

 

次回は関係副詞の制限・非制限用法の勉強へとすすむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

2019年7月13日

 

PageTop