お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

11 / 08 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

高 2 生クラスで「定額バイキング」の話。

 

つまり、1,500 円の前払いで好きなだけ食事ができるんだが、別払いとして特製のスイートがあり、フルーツとかがある。

 

チョッと豪華そうな部屋にそれらは並べられているんだが、それぞれば別料金で、しきりにそれを勧めてくる。

 

そんな話。いや~、バイキングは例えなんですが、ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 2 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ] 

 

四択・整序レベルをアップしなければ、だ。テキストの水準にまでは上げなければダメだ。次回に期待ですよ。

 

 

英語総合問題。担当者は長文読解でガリガリと和訳している。それぞれの設問に適切に答えを出している。OK.

 

全文和訳では一ヵ所で取り違え。be responsible for ~ の訳語とそれに絡む主語の曖昧さ。ここは厄介である。

 

 

[053] で面白い問題アリ。受験生としてのこのような場合の対応である。

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

小テストはいつもの形式。仮定法総合と直説英文、関係詞の継続用法、etc. である。

 

授業後半は「比較構文」となった。中学レベルからの勉強。

 

 

それにしても、ダ、ウマげなウソの訳はいらない。英文をそのまま和訳するんですよ。自分の思いを入れないでくれ。

 

真っ直ぐに、丁寧に、そのまま、ありのままの和訳で結構ですよ。下手な修飾語は無用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

11 / 09  02:58  記 

 

 

 

 

 

 

2018年11月8日

 

PageTop