お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

11 / 26 ( 月 ) 授業記録

 

 

 

高 1 コースの勉強スタイルが定着してきた感がある。強いクラスを作っていく所存。

 

 

高 2 コースは次の段階へと移行している。勉強負荷をかけていく。定期試験の時だからこそ出来るプログラム。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 2 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

Vintage 問題が最終段階。定期試験終了後には入試問題からの四択問題をバンバンと出題していく。

 

短文解釈は 1 題は中級問題、他の 1 題は上級問題を使っていく。構造をガリガリと分析していく問題。

 

 

精訳問題 4 題。[096] は whatever、[097] は once、[098] は接続詞 that、[099] は by、etc.

 

易しく見えて、キーワードとなる語なんです。キッチリと決めなければならない語の勉強。

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

まだまだ関係詞の理解度が薄い。形容詞節を導くやつだけに理解度を濃く持っていなければ、ですよ。

 

 

比較構文の基本英作は「富士山は日本で最も高い山だ」。これ、この最上級、比較級、原級表現。

 

as ~ as ever、と as ~ as any、の訳文を定型として持つことの勉強。

 

比較は定型文をいかにしっかりと持つかによって、解釈力、英訳力、和訳力がドッと異なってくる。

 

ってことは、ここを押さえていくことの積み上げ勉強ってこと。頑張っていくよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

11 / 27  02:24  記

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年11月26日

 

PageTop