お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

11 / 30 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

定期テストの中日。公立生たちは平常授業、私立生は自主勉。うちの勉強スタイルである。

 

 

今日は焦った一日。単語暗記が中途半端な状況に気付く。「だいたいこんな意味なん?」とかの感触で書いている。

 

単語に関してはピタリな訳語を出して欲しいのだが、このあたりで焦る。が、一語一語の暗記努力を積み上げるだけだ。

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ] 

 

英作の形が以前ほど愚形ではなくなっている。一つの型を少しずつ持ち始めて感触がある。

 

もう一つはアホなミスが、きちらも、減少中。これに関する声掛けを続けていく。このミスへの警告が常に鳴り響くまで。

 

 

厄介な長文読解ではあるが、担当者は合格点となる解を出している。オッと適語補充に関しては問題アリ、だがだ。

 

 

センターまでは2次問題を提供していく。学校授業はセンター問題練習をやっている。塾は別の路線から攻める。

 

 

まだまだ。

 

 

 

 

 

 

高校 2 年生 [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

Vintage 問題が最終段階。残り 3 回で終了。その後の教材は豊富にある。溜め置いているんですよ。

 

ここでも負荷です。

 

 

長文読解は東京学芸大学の過去問。担当者はザックリ訳を付けていく。求められている下線部訳はキッチリと、であるが。

 

 

それにしても it ~that の強調構文と形式主語・真主語の見分けがまだ緩くなっているのは辛い。

 

総合問題では会話英語にチト問題あり。この形式をぶち込んでいく必要ありだ。流れが見えていないことがある。

 

積み上げることがまだまだ多くある。丁寧であり、スピードも必要。正確さは無論のことではある。

 

勉強訓練は続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

12 / 01  02:07  記 

2018年12月1日

 

PageTop