お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

Feb. 16th, 2016 (火)

 

 

悲しい結果も受け入れて、の今日。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録、
個別授業  [ 5:30~6:30 ]

仮定法過去の「癖」をジックリと覚え込んでいく勉強作業。丁寧に、丁寧に、である。

 

中学1年生 [ 6:30~7:30 ]

授業は音読で始まる。be 動詞を使った英文を30~40文バンバンと読んでいく。復習は所有格である。1) Is this your book? Yes, it’s (    ) book.  2) Is that my pen? Yes, it’s (   ) pen?  3) Is that (   ) cat? Yes, it’s my cat. What’s (    ) name?  (   ) name is Tama. である。次の復習テーマは複数形の these / those / they である。1) This is an orange. から 7) What’s that? It’s a blackboard. まで。そして今日の勉強課題は定冠詞 the である。これもバンバンと英文音読からだ。 This is a green board. The board is green. That’s a white board. The board is white. Those are black  boards. The boards are black. They are blackboards. と続く。不定冠詞 a と 定冠詞 the の違いを英文から解説し、複数形においても変化がないことを体感していく作業である。

実は、以上の所有格問題・複数形問題の全問正解者はいない。急ぐことなく、丁寧に、確実に適切な表現方法を習得していく勉強訓練を続ける。足腰の強い英語力養成する、これが短期講習の目的の一つである。

 

 

 

高校2年生 [ 8:00~10:00 ]

シス単 1561~1600   a constructive dialogue で「保守的な(×)」「物議を生む(×)」。construct ・construction である。

 

小テスト:英文法道場 251~280  till ~ と by、Japan lies to the east of China. と Tokyo lies in the east of Japan. etc. / 暗記英作 10問。解釈2題。[B] 問題での It would be wrong to say A any more than it would be correct to say B. は直訳で十分に結構なんだが、深読みをすれば wrong を not correct として not ~ any more than … の考え方もアリですよ。

 

精訳4題:[109] の though である。poor as he is となるのだが、as の位置に though が使用されることもある。オッと、「道場」にもあったように、名詞が文頭になる場合は hero as he was であって、a hero as he was と冠詞を用いてはならない。それにしても[112] は do / have been  doing の処理である。 Fairy tales can do for small children, and indeed have been doing for many years, what myth and religious ceremonies did for primitive peoples ― give their fears a name to identify them …. これは what 以下がdo と have been doing の共通目的語をなる他動詞なんですよ。楽勝の英文に見えます。イージーに見える英文が、しばしば、構文的にトラップを持つ英文でもあるのです。細心の注意を払っての読解です。

 

英語は読めなければハナシになりません。読解です。読んで、読んで、読み込む。これに尽きるのです。

 

 

 

この4月からの高1時間割

① 火曜日・金曜日 (週2回) : 5:30~7:30 第一回授業日 4月5日(火)

② 水曜日・土曜日 (週2回): 8:00~10:00 第一回授業日 4月6日(水)

① ② 共に同一内容の授業。部活・通学時間・兼塾 etc. を考えての申し込みです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月17日

 

PageTop