お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

300 回

 

 

2016 / 08 / 06   (土)

 

今日も高 1 生全員が居残り。believe の綴り字ミスにはきついお仕置き。ケアレスミスでの綴り字ミスには寛大であるのだが、使用頻度数の高い語を連続してミスをした場合は、かなりしっかりとした負荷を与える。うちの鬼塾ではごくごく当たり前のことではある。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 5 : 30~ ]

 

小テスト:Vintage 問題をこなすのはルーティン。さらにシリーズとして使用するのは関係詞の理解度を上げるために四択問題を使っている。ポイントを絞った納得が得られそう。安心はしていない。ここでも薄塗の重ね塗り。量で攻める。

 

短文解釈betray one’s friend 「友達を裏切る」、betray the secret 「秘密をもらす」、observe the stars「星を観察する」、observe the law「法を守る」・・・。重層的に単語を覚えていかねばですよ。

 

 

精訳演習 6 問:あと少しである。「動詞と主語の関係」が少し見えるようになってきた。この努力を続けていかねばならない。頑張るよ。

 

 

 

高校 1 年 [ 8 : 00~ ]

 

小テスト;態・仮定法過去・不定詞用法。態の問題では rob A of B 型の間違いは想定内。が、完璧完成を目指している。仮定法過去では「『た』を抜け!」と言ってのだが、抵抗生がいる。

 

Lesson;仮定法過去の練習をフンダンに。次回より仮定法過去完了に。構文 101 テキストの構文 2 。be + to 不定詞。一応 if 節中では「願望・意図」、be to do での不定詞部分が受動態表現であれば「可能」。多くの例外がある。どんどんと数をこなしていくことでシッカリとした和訳を作りあげていく。

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 07    02:43  a.m. 記

 

 

 

 

 

2016年8月6日

 

PageTop