お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

Feb. 13th, 2016 (土)

 

 

暖かな昼。夜に入って濃霧となっている。

 

おや、そうなんか?N姉弟が tutor だったの?楽しみだ。

 

高3生の12時間勉強が続いている。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆ 

 

授業記録、
高校1年生 [ 5:30~7:30 ] 
シス単: 1141~1180 「シス単」の訳語を若干変更。そちらで覚えてください。塾での単語テストが3周目となると、さぐがに単語の幅を広げて出題をしています。豊かな単語量を持つことは受験に不可欠な勉強作業ですよ。

 

小テスト:比較構文を積み上げている。さてさて、残りは辞書に貼った慣用表現です。まァ~理屈で覚えるのがベストなんですが、先ずはゴリゴリと覚え込んで後付けの理屈で十分OK.ですよ。

 

Crown テキスト的に:和訳。現在形・過去形・受動態・分詞構文の付帯状況・知覚動詞・間接疑問文・仮定法・etc. etc. を含む短文が見られる。それを根こそぎに和訳していく。

 

次回は「仮定法」が小テスト範囲。仮定法過去・過去完了・時制混合、if S should、if S were to do、without ~ / but for ~ / if it were not for ~ / if it had not been for ~、without ~ 、otherwise、if 省略形、etc. の仮定法の全範囲なんですよ。演習形式でガンガンとぶつけていきます。

 

 

 

中学2年生 [ 8:10~9:10 ] 

確認として He must stay here. の否定文である。ここから授業が始まった。must not ~、don’t have to 型の違いを説明し、さらに can’t を付け加える。イイな~、さすがK塾生である。全員が辞書を持っている。辞書でチェックしてさらに積み上げていく。

 

接続詞 that の復習。発音記号の[i] を pocket を叩き台にして解説。さらに animal での i と a 部分の発音記号とその説明である。

 

最後10分間テストは「未来形 will 」を補った英文作成である。若干危惧をいだいていた箇所は、He will is busy tomorrow. (×)、He will can ski. (×)、He will must help her. (×)、He wount come here tomorrow. (×) である。1・2名の間違い。なぜ間違いであるかを説明して、ここをシッカリと再構築である。

 

それにしても、ノートを見ると、助動詞を用いての受動態表現までに進んでいる。中2でこの勉強をしておいて下さると、高校英語はグッと楽にはなる。さ~すがである。

 

 

 

この4月からの高1時間割

 ① 火曜日・金曜日 (週2回) : 5:30~7:30 第一回授業日 4月5日(火)

 ② 水曜日・土曜日 (週2回): 8:00~10:00 第一回授業日 4月6日(水)

 

① ② 共に同一内容の授業。部活・通学時間・兼塾 etc. を考えての申し込みです

 

 連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月13日

 

PageTop