お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

Feb. 18th, 2016 (水)

 

その問題が出る!そのつもりで勉強を。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録、

高校2年生 [ 8:00~10:00 ]

シス単 1561~1600

小テスト:英文法道場 281.~ 310. 基本のキを問う。短文解釈 People lie for lots of reasons, often because …. 中略 Most people who have told a lie think they got away with it … when it fact, they didn’t. ここでの重要単語は when。「譲歩の when」ですよ。 G.4 では The heat didn’t ease when the sun went down. 「日が沈んだけれども、暑さは和らがなかった」これですよ。

 

長文読解+英語総合:長文の第一段落では神大でのうり坊の話。チョッと信じられない景色ですね。直接に神大生より聞きましたがね。それにしても concern for と concern about が決め手。明日の担当者に大いに期待です。

 

 

 

 

高校1年生  [ 5:30~6:30 ]

単語テスト:シス単 1181 ~ 1220  a thorough research / surrender to the enemy / an incredible height … 「シス単」そのままでの出題ではなくなっている。幅を広げていくよ。

 

小テスト:仮定法を30問。仮定法は定型と慣用表現を覚えることが勝負である。短文解釈 Men are so much weaker than animals that they would never have been able to defend themselves and keep themselves alive, if they had not found out how to make tools to work with and weapons to fight with. のポイントを再度書いておくよ。赤字の部分 so ~ that 構文青字の部分が仮定法過去完了、これはOK.だよね。緑字部分が質問となった。この前置詞は日本語的には了解できそうにないのだが、このように考えてください。eat something から Give me something to eat. write two more letters から I have two more letters to write. ですから work with tools 「道具を使って作業する」から tools to work with 「作業するための道具」、fight with weapons 「武器を使って戦う」から weapons to fight with 「戦うための武器」となりますよ。同様な英文をあげると、 He can’t find a house to live in. とか She has many friends to rely on. ですね。不定詞の復習ですよ。

次回も続けて仮定法テストをドバっとやります。

 

 

 

今日も つくづく思っている、

英語は読めなければハナシになりません。読解です。読んで、読んで、読み込む。これに尽きるのです。

 

 

 

この4月からの高1時間割

① 火曜日・金曜日 (週2回) : 5:30~7:30 第一回授業日 4月5日(火)

② 水曜日・土曜日 (週2回): 8:00~10:00 第一回授業日 4月6日(水)

① ② 共に同質同等の授業。部活・通学時間・兼塾 etc. を考えての申し込みです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

 

2016年2月18日

 

PageTop