お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

Feb. 22nd, 2016 (月)

 

No news is good news. なんだろうか?

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

高校2年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

シス単・小テスト:常の如し。短文解釈では not so much A as B が常連ではあるのだが、今日の英文では not so much A but B 型である。また、turn out to be C があり、続けて prove to be C 型である。重要単語の一つである means。means は a means to an end と a man of means でかっちりと訳語を覚えていかねばですよ。前者は「手段」、後者は「財産」ってやつですが、今日の解釈での同意語は income です。訳語領域を幅広くしていかねばですね。

 

精訳演習4題。二重制限に見えそうな英文、even 省略の if 節、critical、grave、deadly、to the effect that ~、what good it was going to do me の good の処理、if any、ガンガンと積み上げるべき受験単語は多くある。頑張らねば、ですよ。

 

 

 

高校1年生 [ 8:00~10:00 ]

シス単の精度は上昇中。OK.な進行。

 

小テスト:仮定法で特に注意したのは With a little more patience, he would have succeeded. での下線部。without が if it had not been for、であるからと言って If it had been for a little more patience, ~. の表現方法はないってこと。ここは「もしも、もう少しの忍耐があったなら」で、If he had had a little more patience, ~、もしくは If he had been a little more patient, ~. と形容詞形を用いた書き換えとなります。

 

発展練習として One more mistake, and he would have failed. の練習をしましたが、ここでは If he had made one more mistake, ~. となりますよ。これは「間違いをする」では動詞 make を使うのが常の形なんですよ。英語の「癖」です。一つ一つと積み上げです。

 

Crown テキストを次の時間は勉強していきますよ。キッチリとした和訳が出来なければ、です。

 

 

今日も つくづく思っている、

英語は読めてナンボのハナシです。読解です。読んで、読んで、読み込む。これに尽きるのです。

 

 

 

この4月からの高1時間割

① 火曜日・金曜日 (週2回) : 5:30~7:30 第一回授業日 4月5日(火)

② 水曜日・土曜日 (週2回): 8:00~10:00 第一回授業日 4月6日(水)

① ② 共に同質同等の授業。部活・通学時間・兼塾 etc. を考えての申し込みです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

2016年2月23日

 

PageTop