お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

日曜雑感

 

 

2016 / 08 / 14    (日)

 

先週はモトちゃん(北九州大学) が駅から直に塾に立ち寄ってくれた。で、近況報告を頂く。1 年生の初TOEIC で 600 点チョット前。立派。努力生である。きっと次回は 650 点オーバーになるはず。

 

キショウくん(大阪府立大)は 1 年間のオーストラリア留学の成果報告である。経済学の勉強。聞き取れること、読めること、書けることの重要さを強調していた。インターンシップで近々上京とのこと。シュンくん(慶大・商)、Sun-moon くん(早大・政経)、ユウくん(東大・文Ⅰ)との東京会があるとのこと。

 

ユウくんと言えば、配布した「僕は君たちに武器を配りたい」は彼のお薦め本である。自習室で読む姿を見かけるが、できれば「君に友だちはいらない」(自習室書棚にあり)も読んでもらいたいものだ。これは先日の林修先生の講演での「若者たちが厳しい世界を生きていくことになる」に触発されての塾生配布。過激な言葉で書かれているように見えるが、若者への助言にあふれた指導書である。

 

明日から塾は後期のスタート。

 

ゴリゴリと受験英語をやっつけていく。

 

 

08 / 15    02:08 a.m. 記 

 

 

 

 

 

 

 

2016年8月14日

小人閑居

 

不善をなしているわけでなんだが、今日の 2 クラスが no lesson ではついつい気が緩む。

 

オッと、先に業務連絡。高 3 解釈のプリントが一枚増えています。F くん・さん、初見問題でもOK.でしょうが、一応の連絡です。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 5:30 ~ ]

 No lesson 自主勉。 

 

 

高校 1 年 [ 8 : 00~ ]

 No lesson 自主勉。 

 

 

自習室は無論だが、教室でも自主勉生がいる。がりがりとやっている。

 

センター自己勉の報告を受ける。手順はOK. 得点はさらに 10 点プラス。改善は[1]、[2] での失点。この攻め方は「隙間の時間に集中、かつ、継続」。2 次の攻め方に関するものがあった。まだ赤本が・・・とか言っている、単なる言い訳。塾本棚には置いている。

 

初級解釈が完成。教材作成を大事にしている。教材の鮮度が低いことを嫌う。15 年前の過去問であっても、今の勉強テーマにベストであればピックアップする。この判断は小テストからしっかりとくみ取っていく。精訳訓練が長文読解の精度を高める。高 2 の長文読解訓練は 10 月の中間試験終了からスタート。ここで受験のギアーを 1 アップである。精訳訓練、長文読解訓練となる。勉強耐力を求めていく。

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 14    02:23  a.m. 記

 

 

 

 

 

2016年8月13日

時間の射程

 

 

2016 / 08 / 12  (金)

 

やはりPCの動きはナンである。合間を縫っての書き込み。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 1 年 [ 5:30 ~ ]

自主勉。質問あり。Vision Quest p. 145 の To hear him speak English, you would think he was an American. での was の質問。彼は納得はしていたようだが、これは一斉授業のときに説明をしておかねば、だ。それにしても「仮定法」をこの時期にやっていたのは正解であったようだ。ここでの時制の扱いは丁寧でなければならない。

 

それにしてもイイ質問だ。

 

 

高校 3 年 [ 8 : 00~ ]

 

小テスト;実況中継 第 11 ~ 14 講、英作文 基本 300 選 161∼170、シス単 1741 ~ 1780 。小テストは170 点分で50 点満点試験。暗記英作を間違えればちょっと地獄が見える。

 

短文解釈:[A] では … and what they will do in the future there is no saying. では what ~ in the future が saying の目的語となることを見抜くこと。[B] では They covered a dozen fields, from social science to fine arts; each a specialist, yet, thanks to the breadth and depth of German education, each able to talk intelligently in the other’s domains. の下線部。省略を考える、もしくは being 省略の分詞構文表現でもOK. 自分の根拠をしっかりと、である。

 

 

授業に入る前に受験までの心得として① するべきこと、② してはならないこと、に関して。① は塾テキスト、過去問勉強、「シス単」の話。つまるところ「それだけでいいのですか?」と尋ねられることがあるのだが、これを尋ねた人のうちほぼ全員がこれをしない。「ハイ」と返事をした卒塾生のほとんどが、それ以上のことをやってきた、ってことを話した。例として挙げたのは「シス単」。3 月末に捨てる参考書・問題集を後輩に寄付を、とお願いするのだが、「ハイ」と応じた卒塾生の単語帳は「シス単」だけではなく、DUO であり、「単語王」であり、「即単」であり、「鉄緑会 単語熟語」である。新品ではなくて、しっかりと書き込みのあるものである。余裕の問題なんです。

 

塾テキストに関する勉強法。これはくどく説明したことの再確認。センター 180 点を狙っての設定である。激しく予習をすること、ダ。卒塾生たちの平均しての予習時間は 4 時間だと推測できる。精訳問題で自分が和訳担当になれば、その問題への没頭度は当然ながら増える。また長文読解でのそれも同様である。

 

オッと、今日の長文読解は大阪大学のもので、準長文読解は埼玉大学のもの。チラッと聞こえてきたのは「準長文が阪大で、長文が埼玉大」。実際は逆なんですね。難関大学は単語レベルが高いとかの第一印象がそのようにさせているんでしょうが、実際は異なっているんですよ。大学名を問題に付けていなのは、その意味でもあるんですよ。

 

last but no least

過去問勉強ですよ。かの迷言(!?) を紹介しました。アホな考えです。鹿と馬の区別ができないほど、です。少々過激発言ですが、ご容赦。

 

入試までの時間が永遠にあるわけではないのです。受験日から逆算をして「今」の勉強を設定していかねば、です。そうすれば「今」するべき課題が見えてきます。漠然とした実力養成ではないんです。残り半年という射程です。頑張らねば、です。

 

ボチボチPCのフリーズがはじまりそうです。書きなぐりです。お許しを。

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 13    03:02  a.m. 記

 

 

 

 

 

 

2016年8月12日

うn、順調かも

 

 

2016 / 08 / 11  (木)

 

今夜は順調なPC。暑さにやられたかな?ご自愛を、である。ここまで書いて 1 回目のフリーズ。

 

と言うことで取り急ぎ備忘録としての Today’s Lesson

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 3 年 [ 5 : 30~ ]

 

小テスト;実況中継 第 11 ~ 14 講、英作文 基本 300 選 161∼170、シス単 1741 ~ 1780 。小テストは170 点分で50 点満点試験。暗記英作を間違えればちょっと地獄が見える。

 

短文解釈:仮主語・真主語、倒置、yet の訳語。まァ~いつものルーティン和訳。

 

 

長文読解+総合:長文読解・準長文のいづれも真っ直ぐな問題。ひねりも、ひっかけの箇所もない、真っ当な問題。自分の意見を入れるんじゃない。そこに書かれているモノを書きまとめる作業。

 

受験までに残り半年。その心得を説いた。うちの塾はセンターで180 点を狙っての勉強。それに向かっての受験勉強 only である。「合格」という成果を得るためにはそこに至るまでの戦略・戦術が当然ある。「合格」からの逆の設計をしていかねばならない、ってこと。

 

 

 

高校 2 年 [ 8 : 00~ ]

 

小テスト:Vintage 912~978、シス単 1651 ~ 1650。関係詞四択問題 10 問。その癖をおさえていく。

 

 

短文解釈:動名詞の意味上の主語、完了形動名詞の典型例。もう一度アップしておこう。At first he refused the momey on account of my having helped him; but I insisted on his taking it. Man is sometimes more generous when he has little money than when he has plenty: perhaps to prevent his being thought to have but little. 青字の but もしっかりとですよ。

 

 

英文法 演習 Ⅱ:「準動詞」の不定詞。基礎勉強。繰り返し見えた文は This river is dangerous to swim in. → It is dangerous to swim in in this river. ぐちゃぐちゃにならないように。

 

 

取り急ぎ「今日の授業」をメモ

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 12    03:03  a.m. 記

 

 

 

 

 

 

 

2016年8月11日

PC環境が

 

 

PCが 30 ~ 60 分単位でフリーズ状態となります。

 

本日の Today’s Lesson は環境が整ったものになれば書き込みを行います。

 

今日もいつもの授業進行であったことを報告をしておきましょう。

 

ではでは、です。

 

 

  08 / 11  2:37 a.m. 記 

 

 

 

 

 

 

 

2016年8月10日

G. 4 と G. 5

 

 

2016 / 08 / 09   (火)

 

G が巨人を意味するわけではない。G とは「ジーニアス Dic.」のことである。

 

辞書を2冊使うのはめったになかろう。幸運にも私は G. 4 と G. 5 を使う必要がある。幸運であるのは辞書編集者の苦労がヒシヒシと分かり、そのご苦労分が読み手に伝わってくる、これまでとは異なった視点を提供し、「なァ~るほど、ザ ワールド」的感動を与えてくれる、この発見がもたらすこの感動、幸運という感情に変換される、ここですね。感謝ですよ。で、今日の高 1 授業で辞書引きをした単語は some。some 50 feet (構文 101 p. 7)での some である。G. 4 は形容詞の項に、G. 5 は副詞の項でそれぞれ説明をしている。今の学習レベルではその和訳上だけを了解しておけばOK.なもんで、その品詞がどっちゃでもいいのですよ、ってことにしての勉強なんですよ。それにしても面白い。ついでに言えば、今日の高 3 小テストでの短文解釈で suffer ってのがあるのだが、和訳では「我慢する、耐える」がベストな訳語だと思うのだが、G. Dic. にはこれがない。いくつかのほかの辞書では見えるのだが、です。辞書を引くことでの楽しみですね。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 1 年 [ 5 : 30~ ]

 

小テスト:いつものように「態」。依然のように 10 箇所以上を間違うようなことはなくなった。結構なことである。まァ~、居残りペナルティーがきついのあろうが、それでも理解度、了解度が上昇しているのは勿論である。そうでもなければここまではこれない。「型」にはめ込んでいく勉強作業ですよ。仮定法過去の出題もしたが、これはキッパリとできている答案と、さっぱりダメ答案に完全に分かれる。さっぱりダメ型の答案は一か所を訂正をすれば残りはそれと同列の間違いであるので、次回には期待できる。早めのお手入れですよ。

 

lesson : 仮定法過去完了。OK.な進行。構文 101 の構文 3 が終わる。丁寧に、真っ直ぐに和訳作業が続いている。それにしても分詞構文の付帯状況なるものが見える。8 月の学テ前から分詞構文勉強に入る予定。大局的な勉強をやっていく。と、言いつつも焦ってはいる。頑張るよ。

 

 

 

高校 3 年 [ 8 : 00~ ]

 

小テスト;実況中継 第 7 ~ 10 講、英作文 基本 300 選 151∼160、シス単 1701 ~ 1740 。185 点試験。で、いつものようにマックス 50 点試験。実況中継問題が 3 周目くらになる。そぎ落とせる箇所はそぎ落とし、そこの up to date な問題を入れていく予定。基本 300 選の英作力が薄皮となって付きはじめている感触がある。残り半年。ゴリゴリとやっていく。

 

 

短文解釈:ぼちぼち今春の入試問題からの和訳問題を提供している。今日の一つは大阪大学のもの。現場では 5 分で完成しなければならない問題。他の一つは名古屋大学のもの。短文解釈問題をそっくり出題することもあれば、長文読解での一部を俎上に載せる場合もありってこと。志望校を考えての出題である。丁寧にやっつけていくよ。

 

 

精訳演習 4 題:Ok.な進行。

 

 

さァ~て、単語表からわかるように以降は「シス単」の第 4 章、第 5 章に特化してやっつけていく。豊かな語彙っていうやつを獲得していく勉強プロセスとなりますよ。頑張っていかねばです。

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 10    03:07  a.m. 記

 

 

 

 

 

2016年8月9日

ルーティンの強さ

 

 

2016 / 08 / 08   (月)

 

ルーティンな 10 時間勉強。朝・昼・晩の各 3 時間とプラス 1 時間は余裕。ルーティン勉強になっていればOK。イベント勉強であろうと、花火勉強であろうとOK.ではあるが、その根っこにはルーティンな勉強がなければならない。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 3 年 [ 5 : 30~ ]

 

小テスト;実況中継 第 7 ~ 10 講、英作文 基本 300 選 151∼160、シス単 1701 ~ 1740 。185 点試験。で、いつものようにマックス 50 点試験。コンコンチキチの当然試験。

 

短文解釈:うnnnnn、G 4・5 ではきつい。直訳、真っ直ぐな訳でOK.である。

 

 

精訳演習 4 題:いつものようにガリガリ、ゴリゴリと崩していく。それにしても Out of sight, out of mind. を「百聞は一見に如かず」とはこれイカン!

 

 

 

 

 

高校 2 年 [ 8 : 00~ ]

 

小テスト:Vintage 問題をこなすのはルーティン。今回の関係詞四択問題は前回の了解が浸透している気配がある。が、まだ続けの出題となるよ。量で攻める。ここから良質な精錬された解が浮かんでくる。根拠を持つこと。ここ。

 

 

短文解釈:Decide what is the highest priority, and give up the rest, at least, for the time being. での rest である。ここでは「(最優先事項の) 残り、その他のもの」の意味であって、「休憩」ではない。これに続く英文からもこの訳語を選択するべきである。もう一つの理由は、ここで定冠詞 the を持ちているのだが、・・・チョッと長くなりそうなので、チョン。単語を重層的に覚えていかなければならない。その知識量が問われている。例えば、 betray one’s friend 「友達を裏切る」、betray the secret 「秘密をもらす」、observe the stars「星を観察する」、observe the law「法を守る」・・・、とかですよ。もっともっと勉強量ですよ。

 

 

精訳演習 6 問:あと少し、あと少しで「動詞と主語の関係」がもっと深くなると思っているのですよ。文構造が分からなくなれば、この関係をゴリゴリと解剖していきますよ。ゴリゴリ。

 

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 09    02:03  a.m. 記

 

 

 

 

 

2016年8月8日

日曜雑感

 

 

昨日は塾の看板娘たちと「いのくまの昼飯」。Edwin ジーンズにお褒めを頂いた。まァ~、着る人がイイもんで。馬子にも衣裳ってことはない。断じて!

 

 

明日の高 3 解答例、木・金の長文読解・総合を作成終了。

 

 

高 3 の単語・小テストの 12 月初旬までの予定表が出来た。これからはクラクラするほどに時は速く流れる。

 

 

Vintage、英文法道場、実況中継と 4 択問題を使ってきた。こりゃ足腰の強い文法力がなければ、つまり理屈がわかっての利用していかねば、単なるクイズ問題となってします。高 1 での文法努力が問われる。整序問題は当然ながら、さらに、語用法の知識量が問われることになる。隙間を埋めていく、知識の断片だが、これが致命傷になる、ボーダーで生き残れるか否かとなるかも、ダ。丁寧に、である。

 

 

今日の自主室・教室はチョッと高 1・2 生は高 3 生の勉強オーラに圧倒されるかもだ。だからこそ自主勉に参加しなければならない。

 

 

センター英語ストラテジー!

 

 

 08 / 08   3:38 a.m. 記 

 

 

 

 

 

 

2016年8月7日

300 回

 

 

2016 / 08 / 06   (土)

 

今日も高 1 生全員が居残り。believe の綴り字ミスにはきついお仕置き。ケアレスミスでの綴り字ミスには寛大であるのだが、使用頻度数の高い語を連続してミスをした場合は、かなりしっかりとした負荷を与える。うちの鬼塾ではごくごく当たり前のことではある。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 5 : 30~ ]

 

小テスト:Vintage 問題をこなすのはルーティン。さらにシリーズとして使用するのは関係詞の理解度を上げるために四択問題を使っている。ポイントを絞った納得が得られそう。安心はしていない。ここでも薄塗の重ね塗り。量で攻める。

 

短文解釈betray one’s friend 「友達を裏切る」、betray the secret 「秘密をもらす」、observe the stars「星を観察する」、observe the law「法を守る」・・・。重層的に単語を覚えていかねばですよ。

 

 

精訳演習 6 問:あと少しである。「動詞と主語の関係」が少し見えるようになってきた。この努力を続けていかねばならない。頑張るよ。

 

 

 

高校 1 年 [ 8 : 00~ ]

 

小テスト;態・仮定法過去・不定詞用法。態の問題では rob A of B 型の間違いは想定内。が、完璧完成を目指している。仮定法過去では「『た』を抜け!」と言ってのだが、抵抗生がいる。

 

Lesson;仮定法過去の練習をフンダンに。次回より仮定法過去完了に。構文 101 テキストの構文 2 。be + to 不定詞。一応 if 節中では「願望・意図」、be to do での不定詞部分が受動態表現であれば「可能」。多くの例外がある。どんどんと数をこなしていくことでシッカリとした和訳を作りあげていく。

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 07    02:43  a.m. 記

 

 

 

 

 

2016年8月6日

「鬼塾」化していく

 

 

2016 / 08 / 05   (金)

 

高 1 全員が居残り。高 3 生が小テストう受けているのと同時進行で、後ろの席でしこしこと「態」の再テスト。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 1 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト;態・仮定法過去・不定詞用法。ようやく高校英語の初歩に入った。

 

Lesson;仮定法過去の演習問題を続ける。構文 101 テキストの構文 2 。be + to 不定詞。その癖。

 

 

 

 

高校 3 年 [ 8:00~ ]

 

小テスト:実況中継 第 3~6 講、英作 141~150、シス単 1701~1740。語用法が少しずつしみ込んでいる感触アリ。

 

短文解釈:基本形。other ~ than … / different ~than … 型。

 

長文読解+総合:長文読解はお茶の水女子大学。ここでは 2 種類( O 社とK 社) の解を用意。設問 4. に関しての異論反論に許容範囲としての解を考えてみる。準長文は京都府立大学。コンパクトにまとめる手法。少しずつ、少しずつ、である。

 

昨日の高 2 問題での答えを示してくれ、との要請が卒塾生からあり、チョッと示しておこう。

問題文は、

(1) She is well spoken by her friends.

(2) You will be laughed if you do such a thing.

(3) Why did you surprise at the news?

(4) I was blown off my hat by the wind.

(5) He is well known by the people by his noble acts.

(6) Cars left parking on the streets illegally will be removed.

訂正は赤字を参考にですよ。

(1) She is well spoken of by her friends.  能動態で考えれば、Her friends speak well of her.

(2) You will be laughed at if you do such a thing.  同じく能動態では They will laugh at you … から。

(3) Why did you surprise at the news? → Why were you surprised at the news?

(4) I was blown off my hat by the wind. → I had my hat blown off by the wind.   have + O + p.p. 型 : O を~ される

(5) He is well known by the people by his noble acts. → He is well known to the people for his noble acts.  know の受動態表現としては be known to ~ / be known by ~ / be known for ~ の3 つをシッカリと、だ。

(6) Cars left parking on the streets illegally will be removed. → park は「車を駐車する」。車は駐車させられる。で、 Cars left parked on the ~~~.

 

O くん参考になったでしょうか?家庭教師も頑張って!

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 06    02:38  a.m. 記

 

 

 

 

 

 

2016年8月5日

113 / 131« 先頭...102030...111112113114115...120130...最後 »

 

PageTop