お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

そこにそれがあるから

 

 

2016 / 05 / 25  (水)

 

なぜ完了形なるものを学ばなければならないか?は、その表現方法が英語にあるからです。以上。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

 

授業記録

 

高校 2 年  [ 5:30~7:30 ] 

 

小テスト: Vintage 第 7 章:分詞。一つ一つと文法項目をつぶしていく。丁寧にその項目に食い込んでいく。分詞の用法の基本形が続いている。15問をやっつける。応用問題をくってけている。勿論である。

 

短文解釈 2 問。型を見る。文の構造である。無意味に出題しているのではない。意図がある。それを見抜け!

 

 

英文法 Ⅱ 演習編 :「時制」の項目。1/3 がセンター問題。基本が問われている。かっちりとした、基礎の知識を積み上げていく勉強作業ですよ。基礎力があって応用力が生まれ、実戦力がついていく。頑強な基礎力を付けていくよ。

 

 

 

高校 1 年 [ 8:00 ~ 10:00 ] 

 

小テスト:時制問題。特に完了形である。それぞれの完了形には癖がある。その癖を了解了すれば、文の完成度が上がる。by、for、since、before、when、etc. である。そのサインを読み取ることでよ。丁寧にやっていく。

 

「次の一歩のための問題」では、It seems that he knows the secret. → He seems to know the secret. こらは中間試験の範囲。で、今日のは It is said that he knows the secret. 了解できただろうか? seems 箇所が is said となると考えての文作成ですよ。さらに、である。

 

 

構文 101 授業。構文 45 で関係代名詞 what が見える。チャンス!学テ範囲をコツコツと解いていく。夏休みに勉強する英語課題が見えてくる。ガリガリと和訳していく。真っ直ぐな和訳である。

 

中学英語勉強の 5 倍の集中度が必要である。苛酷に攻めていくよ。うちの塾は受験英語専科。そのつもりで入塾しているものと思っているんです。

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。高校 1 年生体験生の募集開始。

 

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

 

 

2016年5月25日

「正解です」と言えば

 

 

2016 / 05 / 24  (火)

 

例えば「彼女は手に花を持っています」の英作で、She has a flower in her hand. と答えて、私がOK.と言って、もう一度、と頼むと、She has a flower in his hand. となる。で、「いや、his ではなくて her ですよ」と訂正して、「それでは もう一度」と言えば、She has a flower in her hand. となる。で、「OK.です。では、固めるためにもう一度」と頼むと She has a flower in his hand. となる。ナンなんだろうか?昨年も同じ現象を経験した。今年も、だ。ナンなんだろうか。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

 

授業記録

 

高校 1 [ 1:00 ~ 2:30 ]  Vision Quest 問題集。明日の試験範囲の勉強。

 

 

高校 1 年  [ 5:30~7:30 ] 

 

小テスト: 時制問題+復習問題。完了形を問う。

 

「時制」の意識が薄い。①「私は彼は病気であると思った」と②「彼は病気であったと思った」では意味が異なる。① は「私が思った」時に「彼は病気である」であり、② は「私が思った」以前に「彼は病気をしていた」を意味するのですよ。

 

 

構文 101 :構文 42、43 B. C. の英文和訳である。各単語、語群を辞書で引き、真っ直ぐな和訳をしていく勉強作業。

 

 

 

高校 3 年 [ 8:00 ~ 10:00 ] 

 

小テスト:実況中継: 13章 / 基本英作文 300 選 021 ~ 030、例の問題 12問。短文解釈 1 題。

 

 

精訳問題 4 題:say の訳語である。「例えば」であり「約」である。数詞の前では「約」であり、具体的に示される語が続く場合は「例えば」なんですよ。それにしても [159] の The Japanese are much more likely than Westerners to operate in groups … 箇所の応用が [160] の … if we have a genuine feeling for poetry we are just as likely as they are to make a good one. で見られる。[160] では一見 be to 不定詞のように見えるのだが、likely がしっかりと支配していることを見抜かなければ、だ。まだまだ読みを深めていきますよ。

 

 

直訳であり、真っ直ぐな訳からの発展形が出されるようになっている。この和訳訓練を重ねていくよ。文構造をシッカリとおさえた和訳です。

 

 

単語テストで a needle and thread を出題した。「糸を通した針」である。「針を通した糸」とかの珍訳がたまにはあるのだが、残念(?)ながら今年はナシ。オッと、これはテキストでの a bow and arrow を調べた、その延長戦上にあったものですよ。ここでも単語知識の積み上げです。

 

 

 

塾生募集はこちらです。高校 1 年生体験生の募集開始。

 

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

2016年5月24日

緊張感を楽しむ

 

 

 

2016 / 05 / 22  (日)

 

例年と異なるのは緊張感があることだ。

 

いつものようにぼんやりと、ばたばたと、わさわさっとした二ヵ月ではあったのだが、

 

緊張感がある。これが塾授業をよりポジティブにさせている。

 

遠因とでも言えるものは、塾・予備校に通うことなく難関大学に合格しているという情報である。

 

この小さな情報が緊張を与えてくれている。

 

うちの塾で全くの家塾出身で、ピカッとした勉強力を持つ受講生がいる。今年もいる。

 

感じるのはご家庭での塾・予備校の住み分けポリシーである。しっかりしている。

 

この流れをここ2・3年感じている。

 

いい感触である。

 

 

 

 

2016年5月22日

括目して見よ

 

2016 / 05 / 23  (月)

 

つい二三ヵ月前の短期講習生であった中学2年生が「自主勉をしたい」とのこと。で、自習室を開放。男子三日会わざれば、である。いい男になりつつある。それにしても、感謝。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

 

授業記録

 

高校 3 年  [ 5:30~7:30 ] 

 

小テスト:実況中継: 13章 / 基本英作文 300 選 021 ~ 030、例の問題 12問。短文解釈 1 題。

 

 

精訳問題 4 題:動詞と主語の関係をくどく。脳で出来上がった和訳と、自作の和訳をノートに作っていくことの間には、その精度において莫大な違いがある。今は書くことだ。それが和訳力を高めていくことは確実なんですよ。

 

 

 

高校 2 年 [ 8:00 ~ 10:00 ] 

 

小テスト: Vintage 6 章 動名詞。さらに例の問題。短文解釈では「the 比較級、the 比較級」構文であった。The more I read, the more complicated the subject seemed to me, and the more conscious I grew of my ignorance. の下線部。この土台になっている文は I grew conscious of my ignornace ですよ。この conscious が the 比較の型になって the more conscious と頭に置かれたもの。「自分の無知を意識するようになった」ってこと。

 

初級和訳 5 題:まだまだ突っ込んだ文構成の解剖が必要。英文は動詞から読み解いていくことが大切。強引に動詞と主語から考えていくことですよ。そこから和訳を作り上げていきますよ。奇妙な和訳でもOK.です。ぎこちなくて十分です。動詞と主語の関係を無視したウマげな和訳は要りません。真っ直ぐな和訳を求めます。それを今は求めているんです。とことんに頑張って和訳していきます。

 

 

 

塾生募集はこちらです。高校 1 年生体験生の募集開始。

 

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

2016年5月23日

試験の時間に立てる

 

 

2016 / 05 / 20  (金)

 

さすがに高3で「試験の時間に立てる」の迷訳はなかったものの、である。まァ~、試験明けの今日である。明るくっていいんじゃないんでそうか、ネ。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

 

授業記録

高校 1 年  [ 1:00~3:00 ] 

 

小テスト:lesson 後にどっぷりと「完了形」問題。

 

Vision Quest 授業:完了形である。現在完了・過去完了・未来完了の短文を約70文である。それぞれの完了形の型である。多量の英文を読むことで、その型が了解できていく。量である。キッチリと和訳できての量である。ここからだ。

 

次回は「構文 101 : 第 7 章」。凄いことになった。これを学テまでにこなしていくことはかなりシンドイ。が、やりがいはある。十分にある。ガリガリとだ。

 

 

 

 

 

 

高校 3 年 [ 8:00 ~ 10:00 ]  合同

 

小テスト: 実況中継 第 12 講 / 英作文 300 選 11~20  順当にゴリゴリと進行。

 

小テストでの短文解釈 [A] は関係代名詞継続用法がポイント、[B] は There are significant differences between learning and teaching existing mathematics and creating new mathematics. で between A and B は十分に了解しているのだが、ここで between leaning and teaching とやってしまえばゴジャ。between learning and teaching existing mathematics が A であり、creating new mathematics が B であることをスッと見抜くことが問われている。それにしても address に関しては G 4 はピタリなものがあり、G 5 はそれが落ちている。まァ、こちらの訳語を使っても減点はないであろうとは思うが、だ。

 

それにしても シス単試験での the United Nations の訳語が「アメリカ合衆国」が 2 名、(;´д`) な「イギリス」が 1 名である。正解は「国際連合」また、stand the test of time は「時の試練に耐える」で、これはテキストの The test of any civilized society is how it  treats its minority. (ここでの test は「尺度・基準」のことだが)この test からの応用題としてだしたもの。さすがに「テスト時間に云々」は高 3 では見かけなかったのは僥倖。

 

今日から「上級英語総合演習」である。で、今日の長文読解は鳥取大学のもの。担当者はすっきりと設問を解いている。OK.である。で、「their は何を指しているのか?」の質問があたが、大いに結構である。ここでは every child を指していて、単数ではあるが、意味的に複数と考える、ってやつですよ。それにしても立派な質問。

 

来週で「中級精訳演習」の 160 題が終了である。で、次は最終の「上級解釈演習 Part 1 」となる。脳みそに汗をかかせての和訳演習である。ガリガリとやる。グイグイと迫っていくよ。とことんに、である。

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。高校 1 年生体験生の募集開始。

 

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

2016年5月20日

ざわざわとした感じ

 

2016 / 05 / 21  (土)

 

 

定期試験の後はざわついた気持ちがある。嫌いではない感触である。この気持ちを少々増幅させているのは、先日の校門前での体験生募集での余韻があるからかもしれない。まァ~、いい心持で1学期後半へと入ってはいる。OK!である。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

 

授業記録

高校 2 年  [ 1:00~3:00 ] 

 

小テスト:Vintage 6 章 : 動名詞問題15問、さらに応用問題20問。短文解釈2題。解釈はいつものように文構造を明確に読み取っての和訳作成を狙っての出題。

 

 

精訳問題5問:受講の仕方が固まってきた。各問題に丁寧な和訳をつけているノートを見かける。俄然いい流れである。脳みそ和訳、口から出る和訳、書かれた和訳、この3つの和訳努力があるのだが、初期の和訳訓練としてはノートに書き留めるのがベストである。段ちに和訳力が蓄積されていく。頑張って欲しいね。勿論応援はしていく。

 

 

 

高校 1 年 [ 8:00 ~ 10:00 ] 

 

完了形の訓練。現在完了、過去完了、未来完了の各型を脳みそに作っていく。型ができて初めてそこからはみ出た型の英文が理解できるようになる。型である。その型にそった和訳ができなければダメだ。英語は読めてナンボの話である。

 

この完了形訓練はまだまだ続く。

 

次回授業は「構文 101」である。かなりきつい。それを承知でやっつけていく。ベストを尽くしての勉強となる。さまざまな英文型を飲み込んでいく勉強方法である。

 

 

 

塾生募集はこちらです。高校 1 年生体験生の募集開始。

 

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

 

2016年5月21日

黙々と next step

 

 

2016 / 05 / 19  (木)

 

no lesson

 

校門前での塾案内を配布。高校1 年生を含んでの体験生募集である。

 

これまでは高1生の体験は1学期期末試験後であったのだが、入塾に躊躇しているとの2件の問い合わせを頂いて、募集を決行した。お役に立てればである。

 

 

ここ二三日は変則の授業であった。で、少しずつ授業内容を変えてみれば、と思うようになった。これは突然の思い付きではなく、少し前から胸の底にあったもの。簡単に記せば、体験生のなかでせっかくの素養がありながら、高校入学後に英語勉強の方向を見失い、1年後に受験英語の入り口が見えなくなっている、こんな英語相談を受けることがある。高2後半とか高3前半においてである。勿体ない。うちの塾生でもその危険性がないとは言えない。で、このポケットに入らない、もしくは、近づくことがないように、かつまた、常に入試英語勉強の王道に留まっているための勉強手法を模索していた。で、今回のトライアルとなる。

 

試験的に昨年からそのための予備実験を行った。その結果は120%の良好なものであった。で、その継続したものを実施中である。

 

この手法は今まで挑戦したことがないために、大いに気をつけて行っている。時間をかなりくうのだが、それだけの手ごたえはある。さらに細心の注意を払って良質なものへと高めていくには、と欲深く狙っている。

 

するべきことがまだまだ多くある。

 

 

 

塾生募集はこちらです。高校 1 年生体験生の募集開始。

 

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

2016年5月19日

マイナス50点!

 

2016 / 05 / 18  (水)

 

 授業中の私語は大嫌いである。私語は他の受講生の授業を聞き取ろうとする邪魔になる。また、私がそれに注意をすることで lecture の集中度が途切れ、お説教らしきものをしている時間がもったいない。一度は短く私語に注意をし両者に50点マイナスであることを告げる。このような事態が起こることは10年に一度くらであるが、本日はそのレアケースが発生である。5分を置かずして二度目の私語が発生。で、50点マイナスとなった。挽回を期待である。

 

 さてさて、である。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

 

授業記録

高校 1 年  [ 1:00~3:00 ]  合同授業

 

試験中であっても部活はあるんだ。余裕なんだろう。まァ~、文武両道で頑張れば文句はないのは無論である。遅刻・欠席も文句は言わない。勉強をシッカリとすればOK.な塾である。

 

小テスト:「構文 101 」Ex. を使用。丁寧に、丁寧に、完成していくことの重要さにポイントを置いての採点方式。満点は1名。

 

授業:Crown テキストの練習問題をたたき台にしての lesson。ここでも答案作成の姿勢。

 

次回は常の授業時間で進行。両クラスとも Vision Quest の「完了時制」の勉強となる。頑張っていくよ。

 

 

 

 

 

 

高校 1 年 [ 8:00 ~ 10:00 ]  坂高クラス

 

授業。Part 1 は文中での句・節がそれぞれどのような役割を果たしているのかをくどく、ひつこく、執念深く伝授。Part. 2 では文型勉強。文型の理解は文の構造を知る基本的な道具。この道具を使い方を知ることは強力な英文理解の武器となるのは必定なんですよ。

 

 

さてさて、坂高生は定期試験勉強の補講があり、Vision Quest の「完了形」勉強がアリの頑張る一週間となりますよ。

 

 

塾生募集はこちらです。高校 1 年生体験生の募集開始。

 

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

2016年5月18日

2台のプリンター音が消える。突然の夜のしじま

 

 

2016 / 05 / 17  (火)  

 

今日は no class の日。

 

自習室には当然ながら塾生たちがいて、明日の勉強に励んでいる。Ok.な空気。

 

あることにチャレンジする。いやァ~世間さま的には別に大それたモノではないのだが、少々思うことがあり、N先生とコラボである。

 

塾的に小なる転機になるかもだが、それはそれで結構である。

 

自分のマインドに熱を注ぐ、圧をかけること、その一種のインパルスがあることの証明を自分に見せること、これが一つの根っこの契機。

 

動くこと、ここを心にひっかけてのチャレンジ。

 

さてさて、コピー用紙が5冊消耗された。トナーのスペアーがない。ってことで終了である。

 

さてさて、ダ。

 

 

 

 

 

師がいることの幸せ

 

 

2016 / 05 / 17  (火)  16:11

 

Y氏の手助けにより何とかブログの復活である。

 

 

 

つい先ほど岡山でのミニ勉強会より帰塾。M先生から大喝。

 

別宮貞徳著「翻訳を学ぶ」を頂く。

 

さてさて、小生も熱い教材作成をしなければ、だ。

 

 

 

 

 

 

 

2016年5月17日

121 / 131« 先頭...102030...119120121122123...130...最後 »

 

PageTop