お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

300 回

 

 

2016 / 08 / 06   (土)

 

今日も高 1 生全員が居残り。believe の綴り字ミスにはきついお仕置き。ケアレスミスでの綴り字ミスには寛大であるのだが、使用頻度数の高い語を連続してミスをした場合は、かなりしっかりとした負荷を与える。うちの鬼塾ではごくごく当たり前のことではある。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 5 : 30~ ]

 

小テスト:Vintage 問題をこなすのはルーティン。さらにシリーズとして使用するのは関係詞の理解度を上げるために四択問題を使っている。ポイントを絞った納得が得られそう。安心はしていない。ここでも薄塗の重ね塗り。量で攻める。

 

短文解釈betray one’s friend 「友達を裏切る」、betray the secret 「秘密をもらす」、observe the stars「星を観察する」、observe the law「法を守る」・・・。重層的に単語を覚えていかねばですよ。

 

 

精訳演習 6 問:あと少しである。「動詞と主語の関係」が少し見えるようになってきた。この努力を続けていかねばならない。頑張るよ。

 

 

 

高校 1 年 [ 8 : 00~ ]

 

小テスト;態・仮定法過去・不定詞用法。態の問題では rob A of B 型の間違いは想定内。が、完璧完成を目指している。仮定法過去では「『た』を抜け!」と言ってのだが、抵抗生がいる。

 

Lesson;仮定法過去の練習をフンダンに。次回より仮定法過去完了に。構文 101 テキストの構文 2 。be + to 不定詞。一応 if 節中では「願望・意図」、be to do での不定詞部分が受動態表現であれば「可能」。多くの例外がある。どんどんと数をこなしていくことでシッカリとした和訳を作りあげていく。

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 07    02:43  a.m. 記

 

 

 

 

 

2016年8月6日

「鬼塾」化していく

 

 

2016 / 08 / 05   (金)

 

高 1 全員が居残り。高 3 生が小テストう受けているのと同時進行で、後ろの席でしこしこと「態」の再テスト。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 1 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト;態・仮定法過去・不定詞用法。ようやく高校英語の初歩に入った。

 

Lesson;仮定法過去の演習問題を続ける。構文 101 テキストの構文 2 。be + to 不定詞。その癖。

 

 

 

 

高校 3 年 [ 8:00~ ]

 

小テスト:実況中継 第 3~6 講、英作 141~150、シス単 1701~1740。語用法が少しずつしみ込んでいる感触アリ。

 

短文解釈:基本形。other ~ than … / different ~than … 型。

 

長文読解+総合:長文読解はお茶の水女子大学。ここでは 2 種類( O 社とK 社) の解を用意。設問 4. に関しての異論反論に許容範囲としての解を考えてみる。準長文は京都府立大学。コンパクトにまとめる手法。少しずつ、少しずつ、である。

 

昨日の高 2 問題での答えを示してくれ、との要請が卒塾生からあり、チョッと示しておこう。

問題文は、

(1) She is well spoken by her friends.

(2) You will be laughed if you do such a thing.

(3) Why did you surprise at the news?

(4) I was blown off my hat by the wind.

(5) He is well known by the people by his noble acts.

(6) Cars left parking on the streets illegally will be removed.

訂正は赤字を参考にですよ。

(1) She is well spoken of by her friends.  能動態で考えれば、Her friends speak well of her.

(2) You will be laughed at if you do such a thing.  同じく能動態では They will laugh at you … から。

(3) Why did you surprise at the news? → Why were you surprised at the news?

(4) I was blown off my hat by the wind. → I had my hat blown off by the wind.   have + O + p.p. 型 : O を~ される

(5) He is well known by the people by his noble acts. → He is well known to the people for his noble acts.  know の受動態表現としては be known to ~ / be known by ~ / be known for ~ の3 つをシッカリと、だ。

(6) Cars left parking on the streets illegally will be removed. → park は「車を駐車する」。車は駐車させられる。で、 Cars left parked on the ~~~.

 

O くん参考になったでしょうか?家庭教師も頑張って!

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 06    02:38  a.m. 記

 

 

 

 

 

 

2016年8月5日

それナンですか?

 

 

2016 / 08 / 04   (木)

 

帰り際に「塾の夏休みは・・・」と言ったのだが、高 3 生は「それナニ?」の顔。それならば、休塾日はナシってこととなった。うちはきつい塾生の集団である。こちらが涙目になっても彼らは情け無用である。こうでなければ!と空威張りはしているのだが、ダ。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 3 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト:実況中継 第 3~6 講、英作 141~150、シス単 1701~1740。

 

短文解釈:基本形。真っ直ぐな和訳で十分OK.のはずですが、ネ。採点が楽しみ。

 

長文読解+総合:長文読解では 2 種類の解を用意。設問 4. に関しては異論反論あり。イイな~。

 

 

 

高校 2 年 [ 8:00~ ]

 

小テスト:Vintage 問題集  9 章。シス単 1582 ~ 1620。さらに前回に続いて関係詞問題。理屈でキッチリと了解していかねばならない。

 

 

短文精訳問題:Vintage 問題での it won’t be long before ~. 型が短文解釈で見える。単独で知識をつけるのではない。連結している。

 

単文解釈:[B] は省略部分を見抜くこと。They had lost everything, it seemed; the old territory, the houses, many even some of the beloved members of the family. は少々厄介である。この文は …; ( they had lost ) the old territory, ( and ) the houses, ( and ) many ( had lost ) even some of the beloved members of the family. となりますよ。

 

英文法演習 Ⅱ:「態」の正誤問題は[難]と言える。もう一度ここに挙げておきますよ。チェックです。

(1) She is well spoken by her friends.

(2) You will be laughed if you do such a thing.

(3) Why did you surprise at the news?

(4) I was blown off my hat by the wind.

(5) He is well known by the people by his noble acts.

(6) Cars left parking on the streets illegally will be removed.

 

再度キッチリと了解しているかどうかをチェックして、不安な箇所が少しでもあれば、もしくは、再確認をしたときは、質問ですよ。不確かの積み上げは今までの蓄積を腐らせていきます確実な理屈による蓄積です。頑張って!

 

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 05    02:43  a.m. 記

 

 

 

 

 

2016年8月4日

波に乗れなくて

 

 

2016 / 08 / 03  (水)

 

ポケモン Go の波に乗り遅れてしまった( ← 冗談 ポケモンのポも知らない ) 。卒塾生の幾人かは「いやァ~、飽きてしまいました」とのこと。それでいいのだ。やってみることことですよ。それにしても、歩きスマホはだめですよ、とかとガラケイ縄文人の私が老爺心より、です。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト:Vintage 問題集  9 章。シス単 1582 ~ 1620。さらに前回に続いて関係詞問題。理屈でキッチリと了解していかねばならない。

 

 

短文精訳問題:Vintage 問題での it won’t be long before ~. 型が短文解釈で見える。単独で知識をつけるのではない。連結している。

 

英文法演習 Ⅱ:「態」の残り問題。こりゃまだまだ丁寧な仕上げがいる。lesson 後半は「準動詞」。こちらも基礎編の良問が続いている。構えて進むよ。

 

 

 

 

 

 

高校 1 年 [ 8:00~ ]

 

小テスト:「態」の一本釣り!居残り2 名。基礎の完成形を作っていく。so that S may (can / will) do での目的構文と so ~ that … の結果・程度構文がごちゃごちゃ。「態」が最終段階。仮定法は無論だが、一学期での復習課題もある。こちらも出題をしていかねばならない。

 

Lesson:仮定法過去。仮定法過去の和訳は、「たら」はダメ、「れば」はヨシ、である。クドク、しつこく、執念深く作り上げる。As he is sick, he won’t attend the meeting. を仮定法表現にする方法はよ~く分かっている。if 節中では動詞を過去形にして、主節では would / should / could / might のいづれかを使う。これは耳タコ状態。くどく言っている。ひつこく説いている。それでも間違う。これは練習不足が原因であるのは明確。試験は書かれてものを採点する。書かれていないものは採点のしようがない。

 

「構文 101:1 章」構文 1 の how to ~。基本形の解釈問題。注意した語は learn。

構文 1 C の和訳題で We should (1) learn to keep a balance in our environment. We should (2) learn how to keep our rivers, lakes,~~~. とある。で、(1) は learn to do 型で「~するようになる」と考える。Have you learned to swim? とは「泳げるようになりましたか?」のことで、「泳ぎを習いましたか?」の英語表現は Have you learned how to swim? ですよ。この (1) (2) の使い分けをすっきりとしておきますよ。

 

次回は構文 2 ・3 。構文 2 では be to 不定詞の一種の「癖」、構文 3 では完了形不定詞が示す時制。ここの勉強となります。

 

それにしても「態」、「不定詞」、構文 101 テキストとかなり密度の濃い授業ないようとなっています。聞き漏らすことがないように、消化不良の箇所がないように、身構えて授業を受けていきます

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 04    01:56  a.m. 記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年8月3日

そうなのか、では次は!

 

 

2016 / 08 / 02  (火)

 

オッし!分かった。では次の問いは?とチャレンジしていく。で、その最初の「分かった」stage は120% の了解度がなければならない。へなちょこな「大丈夫」は砂上の楼閣を作る

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 1 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト:「態」の一本釣り!居残り1 名。基礎の完成形を作っていく。

 

Lesson:仮定法過去。仮定法過去の和訳は、「たら」はダメ、「れば」はヨシ、である。クドク、しつこく、執念深く作り上げる。「構文 101:1 章」構文 1 の how to ~。基本形の解釈問題。

 

次回は構文 2 ・3 。構文 2 では be to 不定詞の一種の「癖」、構文 3 では完了形不定詞が示す時制。ここだ、ネ。

 

構文 101 の夏休み勉強の予定はなかったのだが、ある高 1 生から質問を受けてハッとするものがあった。それにしても、構文 101 は自主勉をするには辛い。適切な解説を受けながら、読み解いていく勉強手法がベストである問題集。

 

 

高校 3 年 [ 8:00~ ]

 

小テスト:「シス単」1681 ~ 1700。 実況中継を 3 周終了。今週後半より入試過去問である。四択問題が 30 問。文法であり、語法である。薄塗の重ね塗りの勉強手法。一枚一枚と重ねてていく。

 

短文精訳問題:省略を見抜け、共通関係を、だ。オッと 譲歩命令文てやつが見える。The soil, be it ever so rich, must be fed. の青字部分。これは板書したように、Be it ever so humble, there is no place like home. と Come what may, I won’t change my mind. が好例であろう。

 

 

精訳演習問題 3 問:ザックリ訳とガッチリ訳。この和訳作業が順調に進行している。OK. な感触。それにしても discipline を「訓練・規律」だけの訳語暗記は辛い。ここでは「学問(分野)」でなければです。訳語を深めなければ、ダ。

 

 

一冊の本を贈った。「僕は君たちに武器を配りたい」瀧本哲史著:講談社文庫。このココロは一昨日の講演にある。卒塾生の一人がこの本を薦めてくれた。塾生に贈るタイミングを計っていたのだが、「今でしょう!」となった。ユウくんに感謝

 

 

塾生募集はこちらです。

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 03    2:35  a.m. 記

 

 

 

 

2016年8月2日

弱点教科をスポットに攻める

 

2016 / 08 / 01  (月)

 

午前中は K 先生とお話をする機会があった。最高の助っ人ができそうな様子、結構である。ますます家塾としてのアドバンテージが上がっていく。お互いに頑張らねば、ダ。

 

夏休暇では受験のための基礎知識を蓄積する、また弱点教科は小さな強固な「砦」を構築するにはベストな季節。

 

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 3 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト:「シス単」1681 ~ 1700。 実況中継を 3 周終了。今週後半より入試過去問である。

 

短文精訳問題:省略を見抜け、共通関係を、だ。オッと Concessive Imperative が見える。

 

 

精訳演習問題 3 問:ザックリ訳とガッチリ訳。この和訳作業が順調に進行している。OK. な感触。

 

 

 

高校 2 年 [ 8:00~ ]

 

小テスト:Vision Quest 1045 ~ 1118 。シス単範囲 501 ~ 600。豊かな語彙。理屈の文法。「癖」を知るための語用法の知識、なんですよ。うちは受験英語を読むための道場です。

 

 

短文解釈問題:下線部 (1) での It is only by traveling in, or living in, a country and getting to know its inhabitants and their language, that one can find out what a country and its people are really like. は it ~ that … の「強調構文」ですよ。it is と that を除いて文の構造が整う場合は「強調構文」で、それに不都合がある場合は「仮主語・真主語」構文ですね。で、これくらいに it と that が離れているのはしばしば入試問題では課せられる英文型ですよ。その訓練です。

 

それにしても、a country が in の共通目的語になっていること、traveling、living、getting が並列になっていることは気付いて欲しかったなァ~。

 

 

精訳問題演習 6 問:。[48] での … it is not so much the basic competence that is important as what one has learned in the process of acquiring that competence. では即 not so much A as B は見抜かねばならないのだが、it ~ that … の強調構文表現であることは少々見えにくいかもだが、見えなければ、ですよ。精訳訓練が続く。

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

08 / 2  2:03  a.m. 記

 

 

 

 

2016年8月1日

日曜雑感

 

禁句とした。

 

「大丈夫です」という言葉である。

 

高 1 生授業では小テスト前に前回で×であり、理解がともなわない場合の質問時間がある。

 

その時に A 君、とか B さんと指名をして質問を受ける。その折に元気よく「大丈夫です!」とかとノタマウ。

 

違和感を激しく感じることがほとんどである。

 

ほぼ同じ形式の小テストをおこなって、ほぼ同じ箇所で間違う。

 

例えば、完了形不定詞の用法でとか、進行形の受動態表現で繰り返しまちがう。

 

それでも「分かっているのか?」と問いかけをして「大丈夫です」とノタマウ。

 

大きな声で「大丈夫です!」と宣言して、その舌の根がかわかないうちに行われた前回と同形式の小テストで前回と同様のミスをする。クラクラとする。大きな声で「大丈夫です」とか言われると、頭を殴られた感じをもつ。ってやんで、となる。

 

嫌なのである。その言葉の根拠がないことに苛立ちを覚えるのである。

 

で、「『大丈夫です』を禁句とする」と先日より定めた。

 

さてさて、である。

 

 

08 / 01   3:18 a.m. 記

 

 

 

 

2016年7月31日

高 1 生 夏季特別仮定法講座生募集は終了

 

2016 年 高 1 生 第 1 期 夏季特別仮定法講習生の募集は終了しました。

 

第 2 期 分詞構文講座受講生募集中。 8 月後半 学テ前には基礎部分をガッツリと蓄積していく。

 

2016 / 07 / 30  (土)

 

高 3 生たちの志望校一覧を眺めていや、やはりクラクラしている。今年も、である。感謝!

 

 

この英語塾を選んで正解!と思えるだけの実力養成塾であることの責任がある。その責任を果たしていく。駿台 I 先生の言葉を借りれば塾生たちの「選球眼」が正しかったことの証明をしていかねば、だ。押忍!

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト:Vintage 問題集 1045 ~ 1118。シス単 501 ~ 600。シス単 100 words 範囲は苛酷。が前回、前々回、での暗記努力と塾テキストをカリカリとやっていればボーダーを突破できる。見えないところでの蓄積量がモノをいう。今からでも遅くない。ゴリゴリとやっていく。

 

 

短文精訳問題:強調構文の it と仮主語の it との見極めは、である。また、下線部 2 での和訳は少々厄介ではあるが、感嘆文であることを見抜けば、だ。その勉強訓練である。

 

精訳問題 6 問 : 他動詞の共通目的語は無論だが、前置詞での目的語もジックリと了解していかねばだ。文構造が複雑になってはいるが、入試英語では常識的な複雑さである。この読み込み訓練を今の高 2 段階でこなしていかねばならない。頑張っていくことですよ。チョッと授業で説いた「勉強耐力」なんです。

 

 

 

高校 1 年 [ 5:30~ ]

小テスト:「態」の総復習。2 箇所以上の間違いは居残りテストとなる。今日も 3 名が居残り。ガリガリとやっていく。間違う箇所が多いのは進行形での受動態表現。ってことは次回テストではこの形を出題していく。

 

仮定法過去:If he is honest, we will employ him. と If he were honest, we would employ him. である。前者は「もし彼が正直ならば、私たちは彼を雇うだろう」( かれが正直であるかどうかが分からない場合)、後者は「もし彼が正直ならば、私たちは彼を雇うだろうに」(彼は正直でないので、私たちは彼を雇わない) のこと。後者の文が仮定法表現の文であり、仮定法過去という呼び名は過去形を用いた文であるからですね。内容は現在の事実に反する仮定なんですよ。

 

今日は徹底した和訳練習でした。いわゆる「『た』抜きの和訳」訓練でした。次回は直説文を仮定法表現に書き換える演習となります。タップリと、コッテリと、しつこく、執念深く、やっていきます。

 

受動態表現の小テストの完成度があがれば、仮定法表現の小テストも含むようになります。

 

こてこての「英語道場」の本性発揮です。

 

 

塾生募集はこちらです。

 

[ 仮定法講座 ] 受講生募集!  7 月 30 日(土) 8:00 スタート授業のみの 2 名受講生募集。

5:30 スタート授業の募集は終了。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

07 / 31  3:03  a.m. 記

 

 

 

 

 

 

 

2016年7月30日

高 1 生 1 期 A クラス募集終了

 

 

高 1 生第 1 期 夏特仮定法講座 B クラス 7 / 28 (土) 8:00 開始 受講生募集中。4 回授業。授業料 10,000 円。

第 1 期 仮定法講座 5:30 クラス 募集終了

 

 

第 2 期 夏特分詞構文講座 8 月後半

 

 

2016 / 07 / 29  (金)

 

仮定法クラスがドドっと始まった。悪くないスタート。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 1 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト:「態」の総復習。2 箇所以上の間違いは居残りテストとなる。3 名が居残り。ガリガリとやっていく。

 

仮定法過去にはいる。訳文では「『た』抜き」の訳を徹底している。ぎこちない訳文でOK.ですよ。仮定法はとことんに真っ直ぐな訳にこだわっていきますよ。

 

仮定法は最重要の文法項目の一つである。今日の高 3 長文読解(岡大)での I couldn’t agree more. とかは文意からして仮定法文で「これ以上同意はできないだろうに」と言うことで「全面的に賛成」という意味。ここで could を「できなかった」ではゴジャ。また、たまたま今開いた阪大精訳問題で They fear its success, worried that art might lose its power, or they might be diminished, if the psychological roots of their work and its impact on us were exposed. と仮定法の了解が必要である。オッと worried 部分は 8 月後半での分詞構文講座でキッパリと、な箇所。このあたりの基礎部分を今から固めておく勉強作業である。

 

ガリガリとやっていく。しつこく、執念深く、執拗に、やる。

 

 

 

高校 3 年 [ 8:00~ ]

 

小テスト:実況中継 11 講 ~ 13 講 。基礎 英作文 121 ~130。シス単範囲は 1641 ~ 1680。

 

短文精訳問題:挿入である。語群処理、語法知識がものをいう。その文を読み取れ。それを読んで自分の思いを吐いてはダメだ。やっているのは原文に忠実な和訳なんです。

 

長文読解 総合:長文読解は九州大学、準長文は岡山大学。どちらも設問の解を見つけるのは比較的容易。が、その適切な和訳ができるか?ってこと。結局は英語は読めてナンボのハナシ。

 

 

それにしても、第一志望の大学を出してもらった。くらくらしている。が、当然の狙い目の大学である。ますます小生としては馬力が入る。イイ、極めてイイ、結構な目標設定である。オッし! 喝

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

[ 仮定法講座 ] 受講生募集!  7 月 30 日(土) 8:00 スタート授業のみの 2 名受講生募集。

5:30 スタート授業の募集は終了。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

07 / 30  2:39  a.m. 記

 

 

 

 

2016年7月29日

ミッドナイト レッスン

 

 

高 1 生の第 1 期 夏特仮定法講座 受講生募集中。各クラス 2 名。4 回授業。授業料 10,000 円。

A クラス 7 / 27 (金) 5:30 開始:B クラス 7 / 28 (土) 8:00 開始 A・B クラスは自由選択。

 

第 2 期 夏特分詞構文講座 8 月後半

 

 

2016 / 07 / 28  (木)

 

高校生国際協力実体験プログラム参加者があり、突然ながら ミッドナイトクラスとなってしまった。このようなプログラムであれ、大学訪問であれ、ポケモン Go とかであれ、いろいろと都合があるようだ。塾としては時間に余裕がある限り、特別授業を組む。特に仮定法勉強のときは最初の解説を逃すのはあとあと致命的瑕疵を残す。で、急遽ってことになった。授業終了は 25:15。お迎えの親御さんには感謝である。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 3 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト:実況中継 11 講 ~ 13 講 。基礎 英作文 121 ~130。シス単範囲は 1641 ~ 1680。

 

短文精訳問題:挿入があるばあい、である。語群処理、語法知識がものをいう。

 

 

 

長文読解 総合:長文、準長文のどちらも設問の解を見つけるのは比較的容易。が、その適切な和訳ができるか?ってこと。結局は英語は読めてナンボのハナシ。

 

 

 

高校 2 年 [ 8:00~ ]

 

小テスト:Vision Quest 979 ~ 1044 。シス単範囲 401 ~ 500。群動詞問題 15 問、仮定法での I wish ~ 型。ここで I am sorry ~. からの時制整理をシッカリとしておかねば、だ。関係代名詞では思わず継続用法で that、とか前置詞+that を使用したくなるのだが、この用法はない。とかとくどく続いている。丁寧に薄塗勉強作業。キッチリと、激しく真面目に文を分析していく。

 

 

短文解釈問題:共通関係が弱い。もう一枚掘り下げて考える和訳を心掛けなければなんだが、ついつい単語だけを追いかけることになっている。一歩深く、だ。

 

 

英文法演習 Ⅱ:be known to ~、be known by ~、be known for ~、とかとまだまだ態が続いている。分かっている、が、正解が出てこない。ダメだ!数稽古が続く。

 

 

 

 

高校 1 年 [ 10:30~ ]

 

小テスト:「態」の総復習。1 箇所の間違いは注意をしてOK.なんだが、2 箇所以上の間違いは居残りテストとなる。今夜は 3 回目のテストで合格点をだしてくれた。態は理屈ですよ。基本形からの変化を見ていくことが肝心。さらに途中式で確認してみるとさらに精度はあがります。

 

仮定法過去にはいる。訳文では「『た』抜き」の訳を徹底している。ぎこちない訳文でOK.ですよ。仮定法はとことんに真っ直ぐな訳にこだわっていきますよ。

 

 

 

 

塾生募集はこちらです

 

 

[ 仮定法講座 ] 受講生募集!

明日より高 1 生は「仮定法」に入る。滝のように英文を与える。仮定法なるものを徹頭徹尾習得する勉強訓練となる。で、この「仮定法講座」だけの特別生を募集することにした。興味のある努力生は連絡を下さい。募集はそれぞれのクラスで 2 名を考えている。問い合わせだけでも結構ですよ。携帯での連絡がベストです。お待ちしています。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。ご遠慮なく。

 

 

07 / 29  2:58  a.m. 記

 

 

 

 

2016年7月28日

125 / 142« 先頭...102030...123124125126127...130140...最後 »

 

PageTop