お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

PC 制御不能につき

 

 

2016 / 09 / 14   (水)   

 

昨夜は入力の段になり、PC が out of control の状態。今朝ほど Y 兄ィ~がo.3 秒で復元。ほとほと自分の無能力に呆れる。ここまでくれば 凹む以前の問題である。さてさて、である。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 17 : 30 ~ ]

小テスト;Vintage 3 章 [ 助動詞 ] +12 章 1045 ~ 1085 、シス単 1801 ~ 1830 。

 

Vintage 問題は 2・3 周目であるからして、諸々の問題集から採取。問題数は 20。それプラス入試問題より、だ。

 

 

短文解釈:協調構文表現。It is not A but B that … が基本形ではあるのだが、昨夜の高 3 問題が気になり、それと類似した英文を提供。

 

 

 

英文法 演習 Ⅱ:「準動詞」。ここをやりつつ、高 1 英語の基礎文法がどれほど重要であったかをヒシヒシと、である。

 

 

それにしても今年の文法テキストは大当たり!

 

 

 

高校 1 年 [ 20 : 00 ~ ]

 

小テスト;分詞構文表現への書き換え。非人称までを終えた。これで全範囲の書き換え問題を遠慮なくガンガンと出題できる。

 

関係代名詞問題に関しては This is the man. + I believed he was honest. までが完成。who / whom の使用に関しては真っ直ぐにいく。whom の代用での who は現段階では×。

 

Lesson :付帯状況での分詞構文訳。「~ながら」と「そして~」で徹頭徹尾かためていく。

 

 

次回より分詞構文表現の英文を接続詞を持ちての書き換え練習となる。腰を据えて徹底的に叩き込む。

 

ここは譲ることなく叩き込んでいく。

 

今の一回毎の授業内容はほんの 3 ミリメートルのレベルアップのもの。この段差は毎回授業出席でポイントをきちんと了解していけばクリアーしていくことができる。一回の手抜きは後と鉢巻をしての自主勉で何とか 3 ミリの段差を登ってこれる。が、二回のボンヤリ受講では 6 ミリの登りは心臓破りの過酷勉強となる。例えば、独立分詞構文と 2 つの非人称独立分詞構文、しかも時制が絡んでいる場合、自分で勉強するにはちょっとした根性がいる。

 

これから分詞構文の最終講が続く。息をつめての勉強でなければ、だ。頑張れ!

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

09 / 15    02 : 23  記

 

 

 

 

 

2016年9月14日

じわじわとその季節

 

 

2016 / 09 / 12   (月)   

 

午前中より高 3 自習生がどっぷりと勉強。その季節。嫌いでないシーズンの到来。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 3 年 [ 17 : 30 ~ ]

 

小テスト;実況中継 第 2~ 5 講、英作文 基本 300 選 151 ∼ 160、シス単 5 章 43 ~ 64。

 

 

短文解釈・英作:「~と・・・は別物」とか「~に到着したのは 9月 10日の朝であった」とかの基本の英作また、単語にはA面とB面がある。She denied nothing to her child. で deny を「否定する」の訳語ではダメ、とかですよ。

 

 

精訳 3 題:neurologist とかは neuro から訳出ができるだろう。で、 senile dementia とかはこの学部を受験するばあいは常識の範囲。易しく見える語の理解度と頻度が低いながらもその学部受験では必要とされる語がある。「赤本」での過去問からそのレベルを知っていかねばですよ。

 

 

 

 

高校 2 年 [ 20 : 00 ~ ]

 

小テスト;Vintage 2 章+12 章 995 ~ 1044 、シス単 1771 ~ 1800 。

 

Vintage 2 章 は「受動態」。① be known to ~ / ② be known by ~ / ③ be known for ~ 。① ② ③の用法を問題文から了解しておけねば、ですよ。一つ一つ言葉の「癖」を捉えていく勉強作業が続きます。Vintage が基本のテキストです。丁寧に、丁寧に、塗り重ねていく勉強努力を、です。

 

まァ~、今日のテスト問題からのものを挙げておきましょう。

① His name is well known (to) everyone.   [ ~によく知られている ]

② A man is known (by) the company he keeps.     [ ~によって判断される ]

③ President Obama is well known (for) his eloquent speech.    [ ~で有名である ]

 

 

 

短文解釈:「the former, the latter を具体的に」とかの問題を見かけることがある。今日のはOK.な訳出でした。

 

 

精訳問題 4 問:中級解釈になっての初問題。初級の積み上げがあっての訳文作成。ここでも丁寧な「動詞と主語の関係」の了解ですよ。[2] での One important point that anthropologists have always made is that aspects of social life which do not seem to be related to each other, actually are related. での is / are の主語 [ is の主語 point / are の主語 aspects ] ですね。また [4] での第一文の prefer、第三文の like の意味上の主語の処理ですよ。文構造の見極め訓練が続きますよ。

 

英語は読めてナンボです。読めなければハナシになりません。適切な解釈が出来て得点のなるんですよ。ガリガリと頑張っていきますよ。

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

09 / 13    01 : 47  記

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月12日

日曜雑感

 

 

業務連絡。

 

メール連絡が出来ていません。受信はOK.なんですが、その返信がうまく働きません。ご迷惑をかけて申し訳ありません。

 

携帯連絡が現在一番都合が良く、23 時くらいがベストタイムです。宜しくお願いします。

 

 

日曜雑感であるが、

 

「質問!」に「~番の答えをお願いします」と応じる高 1 生がいる。

 

「答えはネ ・・・ ですよ。解りましたか?」に「大丈夫です!」と即座の返事があれば、それは答えが書き取れたという意味であって、「その答えになるのはなぜですか?」への思考はほぼない。

 

答えを得られたことに満足して、その過程の説明は頭上を飛んでいることが多い。

 

一寸困ったことだ。ここは繰り返し説明をするだけである。まァ~30回くらい繰り返せばなんとかなるんだが、それでもダメな場合もある。

 

 

 

 

  09 / 12    02:45 記 

 

 

 

 

 

 

2016年9月11日

He know me. の訂正

 

 

2016 / 09 / 10   (土)   

 

He know me. の訂正、He goes to the park yesterday. の誤所訂正を説明。

 

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 17 : 30 ~ ]

小テスト;Vintage 2 章+12 章 995 ~ 1044 、シス単 1771 ~ 1800 。

 

Vintage 2 章 は「受動態」。別の問題集より同様の問題を別角度より考える。学テまでにさらに濃く勉強をしていく。

 

 

短文解釈:部分否定・全部否定、the former, the latter の訳出法、etc. 思っていた以上に短文解釈では「穴」がくっきりと見えるもんだ。イイ!

 

 

精訳問題 4 問:中級解釈になっての初問題。初級の積み上げがあっての訳文作成。おろおろとした和訳ではなくて、案外ときっぱりと間違いを出している。ここから出発。で、根っこは「動詞と主語の関係」ですよ。

 

 

 

高校 1 年 [ 20 : 00 ~ ]

 

小テスト;分詞構文表現と仮定法表現はホボ(あくまでもホボなんですが)完成の域にまできた。あと薄皮一枚を理解してしまえば完全了解にまでなるのだが。この未消化の一枚を残せばそれがすべてを台無しにしてしまう。なんとしても、だ。

 

Lesson 非人称独立分詞構文の 2 型。ゴリゴリと。Taking the fact into consideration, ~~~. 型とGenerally speaking, ~~~. 型。

 

 

分詞構文の勉強は動名詞構文勉強に続いている。特に完了形動名詞、動名詞の意味上の主語、ここでの勉強は重複するものがある。一方の完璧理解があれば他方の理解も完璧になる。一方が不完全であれば、他方はさらに劣化したものとなり、最終的にはどちらもサッパリ状態となってしまう。

 

ここは譲ることなく叩き込んでいく。

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

09 / 11    02 : 49  記

 

 

 

 

 

2016年9月10日

本日 2 回目のアップ

 

 

2016 / 09 / 09   (金)   – 2 –

 

上天気。文化祭を大いに楽しんで。勉強もしっかりと、ですよ。

 

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 1 年 [ 17 : 30 ~ ]

 

小テスト;いつものテスト。ここからの小さな積み上げが大切。「その答えの導き方」を知るのが最良の理解方法なんですよ。答えだけの書き換えではその問題の答えだけとなって、次の問題への対処ができません。答えに至るプロセスこと大切なんです。

 

Lesson 非人称独立分詞構文の 2 型。ゴリゴリと。

 

 

 

 

 

高校 3 年 [ 20 : 00 ~ ]

 

小テスト;実況中継 第 1 3~ 1 講、英作文 基本 300 選 141 ∼ 150、シス単 5 章 21 ~ 42。

 

leave である。n. での「休暇」と「許可」。take one month’s leave 「一カ月の休暇をとる」、without leave 「無断で」。leave a will では leave は他動詞での扱いで「遺言をのこす」。テキストからでは confidence 。have confidence in one’s ability 「~に自信をもつ」、She told me the story in confidence では「内密に」の意味。ちょっとずつ、ちょっとずつ、です。

 

短文解釈・英作:基本形の 3 問。基本形の英文を基本道通りに和訳していることほど高得点である。自分流の和訳をしないこと。採点者はあなたの和訳流儀に関心はありません。その英文をいかに忠実に和訳できてるのかを知りたいのですよ。

 

 

長文読解 + 総合:長文読解は信州大学、準長文は京都府立大学のもの。押さえるべき箇所が少しずつ見えてきている感触あり。ここでさらに勉強の粘りです。

 

 

勉強負荷を与えている。精訳問題も長文読解+総合においても勉強負荷をかけている。

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

09 / 10    02 : 49  記

 

2016年9月9日

アップ途中で

 

 

2016 / 09 / 09   (金)  - 1 –

 

昨夜の「授業記録」ですが、体調不良でなければ、怠慢でもないのです。

 

一寸 PC 上の操作不能によるもの。

 

画面に「再開始」と「中止」といったような表示が出たもんで、「再開始」を選択すると何やら延々と作業を始めました。

 

あまりも時間を食うために、give up !

 

 

さてさて、今日は今日です。

 

 

深夜になりますが、授業記録はいつものように up の予定です。

 

乞う ご期待 !

 

 

文化祭の様子。高 3 生たちが自主勉です。 

 

 

 

 

2016 / 09 / 08     12 : 05 記 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚を与える or 釣り方を?

 

 

2016 / 09 / 07   (水)

 

釣り方を教えるにも学ぶにも耐力がいる。手っ取り早く、はない。

 

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

 

高校 2 年 [ 17 : 30 ~ ]

小テスト;Vintage  4章+12 章 950 ~ 994 、シス単 1741 ~ 1770 。

 

Vintage 4 章の「仮定法」はありがたい。復習としてドバっとやっておくチャンス。

 

 

短文解釈:関係代名詞の省略を見抜けなければグシャグシャの和訳となる。このときこそ「動詞と主語の関係」からきっちりと訳文を構成していかねばですよ。

 

 

英文法 演習 Ⅱ:知覚動詞+原形・~ ing 型・p.p. の見極め。易しく見えるときのトラップに気を付けて。

 

 

 

 

 

高校 1 年 [ 20 : 00 ~ ]

 

小テスト;いつものテスト。分詞構文最初歩の演習問題。それにしても[2] での関係詞問題は再度の復習が必要。

 

Lesson :分詞構文勉強の第二段階。主語が異なる・時制が同じ、主語が異なる・時制が異なる。

 

完了形分詞構文 Having got up early, I felt pretty tired. 型と

意味上の主語を補う The weather having improved, we look forward to better weather. 型の勉強は次の

動名詞構文での He is ashamed of having done such a thing. 型と

意味上の主語を補っての He is ashamed of his son having done such a thing. につながるもの。

勿論だが完了形不定詞からもつながっている。

 

準動詞の勉強である。丁寧に、しつこく、執念深く「100 ます」練習である。

 

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

09 / 08    01 : 25  a.m. 記

 

 

 

2016年9月7日

先取り勉強

 

 

2016 / 09 / 06   (火)

 

タマタマってこと。別に先取り学習ってことでもない。うちの塾のやり方にすぎない。

 

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 1 年 [ 17 : 30 ~ ]

 

小テスト;いつものテスト。分詞構文最初歩の演習問題。それにしても関係詞表現に穴がある。

 

Lesson :分詞構文勉強の第二段階。主語が異なる・時制が同じ、主語が異なる・時制が異なる。この二方面からな分詞構文作成。

 

 

 

 

 

高校 3 年 [ 20 : 00 ~ ]

 

小テスト;実況中継 第 9 ~ 12 講、英作文 基本 300 選 131∼140、シス単 5 章 1~21。

 

テキスト本文では a matter of slight moment 。ここでの moment は importance と同義。もう一つは a man of the moment 。こちらは「時の人」。さらに make a grave mistake と from the cradle to the grave とか、である。一単語・一訳で根っこの訳を覚えておくのだが、それから発生した重層的な訳語も必要となっている。

 

短文解釈・英作:[A] での A strong close is critical. の critical も「批評の」と「重大な」。前者では意味不明となる。ちょっと深く考えて、ですよ。

 

 

精訳問題 3 題:[45] は要約問題として出題されたもの。それにしても深い。「絵」が浮かんでこない。過去問ですよ。ガリガリと読み込む訓練が続きますよ。まァ~、英文が読めなければ要約もできない。英文が読めなければハナシにならない好例。

 

 

今月 24 日(土) の模試。設定している攻め方ですよ。目標得点は「思うがままに」に書いています。漠然とした受験、できるだけ高い得点を、とかは下策です。時間配分です。それまでに 2 回の 80 分の試行です。このときは「細切れ」はダメですよ。模試は常在戦場、です。

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

09 / 07    02 : 38  a.m. 記

 

 

 

 

 

2016年9月6日

「朝」を「麻」

 

 

2016 / 09 / 05   (月)

 

うれしい問題に出会って、いそいそと入力をする。タイプミスをする。凹む。解説中に気づく。うれしさ半分となる。悪癖。

 

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 3 年 [ 17 : 30 ~ ]

 

小テスト;実況中継 第 9 ~ 12 講、英作文 基本 300 選 131∼140、シス単 5 章 1~21。

 

5 章の単語暗記は「な~n でもないく見えて、キーワード」である語句の習得。独特なやつをガッツリとやっていく勉強作業。

 

短文解釈・英作:[B] 一文 58 単語で構成されている文。文構造をしっかりと見極めての和訳練習。O 大学である。

 

 

精訳問題 3 題:サクサクと進行。[45] は要約問題として出題されたもの。まァ~、英文が読めなければ要約もできない。英文が読めなければハナシにならない好例。

 

 

 

 

 

高校 2 年 [ 20 : 00~ ]

 

小テスト;Vintage 03 章 + 12 章 901 ~ 949、 シス単 1711 ~ 1740 。+ α (このα ってやつが曲者なんですが、ネ ) 。

 

 

 

短文解釈:… there is a society of the best people in the world who will talk to you ① as long as you like and ② with thanks if you listen to them. での①、② は共に will talk を修飾すること、who の先行詞は the best people になること、とか。

 

 

精訳 5 題:[71] の第 2 文 I am no longer too embarrassed to ask people for directions, but I often receive extremely confusing replies and I am no more likely to get to my destination than I was if I had not stopped to ask for the way.  too ~ to での否定語がある場合の用心度ですね。too ~ to は so ~ that S can not の途中式で考えてみるのも一つ。He is too old to run fast. → He is so old that he can’t run fast. 結果・程度構文ですが、He is not too old to run fast. → He is not so old that he can not run fast. の not so ~ that 構文では程度構文だけとなるのでしたね。ここ。

 

no more ~ than 構文では than 以下の省略語が likely であることに気づく必要がありますね。

 

ようやく入試問題らして英文に出会えるようになりました。

 

さてさて文化祭が終われば中級解釈へと入ります。文法・語彙・語法の知識が格段に必要とされる解釈問題となります。入試まで残り 1 年と5 カ月。ガリガリと、です。

 

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 連絡は23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

09 / 06    01 : 58  a.m. 記

 

 

 

 

 

2016年9月5日

日曜雑感

 

 

 

余生の段階に入った高校生を、そのステージから引き剥がすのは難しい。

 

この舞台の幕を引くことは怖かったのだが、閉じてみると別の舞台が現れた。

 

ここ 2・3 年で塾の空気はグッと変わってきた。この流れを逃すつもりはない。

 

卒塾生たちとの話から見えるものがある。感謝。

 

 

09 / 05   02:47 a.m. 記 

 

 

 

 

 

 

2016年9月4日

125 / 146« 先頭...102030...123124125126127...130140...最後 »

 

PageTop