お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

澱のように

 

2016 / 4 / 30   (土)

 

ここしばらく午前様である。授業後の反省がスッキリしないのが理由。それが妙に澱のように胸底にフワッとたまる。特に「悲しい手紙」を書かねばならないとかのネガティブな思いがある一週間くらい前からは、この澱がフワフワと沈澱していくのが自分の体でありながら、外側から見える感触がある。

 

それでも、ダ。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校2年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

 

単語テスト: 語彙数である。単語は道具である。手持ちの道具をドンドンと増やしていく。それが文を解剖していくメスになる。鋭利でなければならない。まだまだ蓄積していく。

 

小テスト:Vintage 範囲は 第 01 章:時制。2周目。根拠を持った適語選択の訓練である。決める。型を決めなければならない。解釈であれ、英訳であれ、語彙と語用法が根っこになければならない。短文解釈では文の構えを見抜く、ここにフォーカスした勉強訓練が続いている。息の長い勉強作業である。

 

精訳5題:。丁寧に、丁寧に「動詞と主語の関係」から解きほぐしていく。

 

 

 

 

高校1年 [ 8;00~10:00]

 

小テスト:間接疑問文、seem ( appear ) での完了形不定詞の理解度がまだ低い、感嘆文、etc.

 

小テストでの「もう一歩先の英語問題」は Who made these dolls? 強調構文表現。前回の同じ英文を使っての受動態表現であった。で、今回は強調構文である。ここでも途中式が大切。It was who that made these dolls. ( × ) → Was it who that made these dolls?  ( × ) → Who was it that made these dolls?  (正解) である。キッチリとした途中式を書くこと。次回のテストではさらに疑問詞を使った英文での強調構文表現を出題の予定である。

 

 

次回の授業は「構文 101」構文 33、34 英語の「型」をジックリと勉強していく。関係副詞の非制限用法と、独立分詞構文表現が見える。チョッピリと説明を加えた。夏休み中にドッと勉強する箇所である。

 

次回授業は、Vision Quest の時制。英語基礎の重要項目が続く。粘着性のある勉強である。

 

 

 

 

 

新塾生募集に関してはこちら

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

2016年4月30日

?GW それはそれ、これはこれ

 

2016 / 4 / 29  (金)

 

ごく、ゴク、極めて普通の授業日。一人塾であるからして、GW だからと言って講師とか助手への気遣い無用。いつものように授業が粛々と、である。塾生たちの部活遠征・練習試合・家族外国(国内)旅行・友達とのピクニック・etc. 全部 OK.

 

それにしても「悲しい手紙」を書かなければならない。辛い。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

 

授業記録

 

高校1年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

 

小テスト:今までの総復習テスト+α 。完了形不定詞、強調構文、感嘆文、間接疑問文、etc.

 

構文 101 構文 33 & 34: 真っ直ぐな訳をしつこく求めていく。This fruit tastes bitter. は「この果物は苦い味がする」であって、「この果物の味は苦い」ではないことをくどく説く。真っ直ぐに、真っ直ぐに和訳していく。

 

 

火曜日授業は Vision Quest : 時制

 

 

 

 

高校3年 [ 8:00~10:00]

 

小テスト:「基本英作 300 : 051~060 」、「実況中継:第 6 講:不定詞」+例の問題。短文解釈では Among the topics we discussed over lunch was the regrettable habit film directors then had of altering the plot of a novel to suit themselves, to the extent even of changing a sad ending into a happy one.  was の主語、habit (which film directos then had) of altering ~ と続くこと、細かい箇所では over は talk over (a cup of) coffe の over と同じ用法、etc. シッカリとした文構造の考え方を持たねば、だ。との他の [A]、[C] 問題も大切なイディオムありの典型的精訳問題ではある。

 

 

長文読解+総合:長文は東北大学。下線部訳で注意したのは how ≒ (接) that である。特に、… I have had to explain how, even if the many techinical … とあれば、思わず how を名詞に扱いたくなるが、ブ~ である。G. 4 の例文では He told us how she had arrived at the end of the party. が見られる。盲点の語と言ってもよい。単語としてはボチボチお目にかかる単語 subject である。ここでは「被験者」の訳語。今日の担当者はOK. な設問解を出した。頑張った。

 

まだまだ読み込みを重ねていく。丁寧に、そして、真っ直ぐに、ダ。

 

 

 

この4月からの時間割こちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

2016年4月29日

旅人算の登場

 

2016 / 4 / 28  (木)

 

例の「A 君が時速 12 ㎞で、2時間後に時速 4 ㎞のB 君に追いつくには・・・」とかの旅人算の登場。いゃ~、夢の話なんですがネ。昨日の blog の影響なんでしょうか、算数と数学は全くの不勉強科目だったので、それだけ一層最近やたらとヤツが引力を発揮してきます。もし仮に ( if S were to 構文ですネ) 小学生に戻れるとすれば、ドップリと算数をやってみたいですね。いや本当!

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校3年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

 

小テスト:「実況中継: 第6講:不定詞」、「基本英作 300選:51~60 」。例の問題 10 問+英作 6 題。

 

短文解釈は「動詞と主語の関係」を見つけだして、型を読みきること、これなんですよ。オッと、目的格関係の of、要注意な語。

 

 

長文読解+総合: 今日の長文は厄介。単語では subject、接続詞的用法としての how、この2点だ。今日の担当者はよく辞書を引いていた。設問解もOK. 四択問題ではどの語句も文法としては正解であったも、文意として常識的でなければならない、ここを選んでいくことですよ。

 

 

 

 

 

高校2年  [ 8:00~10:00 ]

 

小テスト:Vintage : 第18章 名詞の語法。短文解釈では「前置詞を持つ持つ分詞構文表現」ってやつ。ex. The child, though scolded severely, did not cry. ( 厳しく叱られたが、その子供は泣かなかった ) / As lost in thought, I did not notice her. ( 考えごとにふけっていて、彼女に気付かなかった ) とかですよ。

 

次回小テストでの Vintage 範囲は 第 01 章:時制。2周目。ガリガリと英文の「癖」を飲み込んでいく勉強作業。ここでも丁寧さが一番。

 

 

 

この4月からの時間割こちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

2016年4月28日

95 × 105 = ?

 

2016 / 4 / 27   (水)

 

95 × 105 の答えを出す最速の方法は暗算であろう。で、それが出来なければシコシコと紙に書いて計算を行うことだ。高1生くらいならば、フムフミ (a+b)(a-b) で楽勝!くらいは思いつく。 95×105=(100-5)(100+5) =10000-25=9975 の答えを出す。

 

英語でも途中式を使うことで別表現の姿が浮き出てくる。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校2年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

 

単語テストで同じ英文を連続5回出題している。解説もした。同じ英文が G 4. / G 5. の fail の箇所にある。fail to do の場合の訳がちゃんと書いてある。最初は2点問題、次は5点、3回目は10点、4回目は20点、そして、今日の5回目は30点、同じ英文 I failed to solve the problem. である。それでもズ~~~~と間違ったままの答案用紙提出がある。チト困る。今入力をしながらフト思うのだだが、いわば単語テストに喧嘩を売っているのだろうか、だ。いや、退塾願望者なんだろか。そんなに無理して退塾の宣言をしなくても、「辞めます」の一言で十分退塾する意思が私には伝わるのだが、だ。ナンなんだろうか?

 

小テストでの短文解釈3題。それぞれが型にはまった問題。文構造の型を見抜く勉強。

 

英文法 演習Ⅱ:センター問題がいくつか見えるが良問が揃っている。丁寧に答えを作り上げていく勉強作業。少しペースを落とすのもアリか?じっくりと考えながらも、だ。このスロースピードは後になって挽回可能。丁寧に、丁寧に、だ。

 

次回小テストでの Vintage 範囲は 第 01 章:時制。2周目。ガリガリと英文の「癖」を飲み込んでいく勉強作業。ここでも丁寧さが一番。

 

 

高校1年 [ 8;00~10:00]

 

小テスト間接疑問文 ① Yes / No 型疑問文は if、② 選択疑問文は whether、③ 5 W 1 H 型疑問文は 疑問詞+S+V 型。付加疑問文。命令文は will you?、Let’s ~. 型は shall we? また、It seems (appears) ~. 型での単文書き換え練習。it is ~ that … の強調構文

 

小テストでの「もう一歩先の英語問題」は Who made these dolls? の受動態表現。これが途中式から作っていく勉強なんですよ。先ずは、She made these dolls. → These dolls were made by her. ここで原文の she に who を代入しての第一段階の受動態表現は These dolls were made by whom. (×) 。疑問文なので be 動詞を文頭にして Were these dolls made by whom? (×) 。さらに疑問詞を文頭にして(ここでは前置詞+疑問詞なので) By whom were these dolls made? これで十分に正解です。勿論、さらに進化して・・・は板書した通りですよ。

 

次回の授業は「構文 101」構文 33、34 英語の「型」をジックリと勉強していく。

 

それにしても、今日の質問はピタリ重要箇所。

 

 

 

 

 

この4月からの時間割こちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

 

2016年4月27日

浴びる、浴びせる

 

2016 / 4 / 26  (火)

 

日光を浴びるのでも、冷水を浴びるのでもない。バリゾウゴンでもない。英短文のシャワーである。浴びせている。滝に打たれるが如く ( T 師の言葉だが ) 、短文を浴びせている。英文構造を知る最初歩の基礎の根っこ

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校1年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

 

小テスト:今までの総復習テスト+α 。

 

Vision Quest : 第4文型だけが第3文型に書き換え可能なんですよ。to ~ 型、for ~ 型、そして of ~ 型。

 

約60文を浴びせる。さらに板書した例文を数えると、かなりの英文数になるかも。ガンガンと英文を挙げていく。その中から規則性を見つけ出していく、この勉強方法。

 

 

金曜日授業は「構文 101:構文 33、34」

 

 

 

 

高校3年 [ 8:00~10:00]

 

小テスト: 短文解釈で出題したのは What are rights? If you ask ordinary people what exactly a right is, they’ll probably be at a loss, and won’t be able to give a clear answer. They may know what it is to violate someone’s rights. They may also know what it is to have their own right to this or that denied or ignored by others. But what exactly is it that is being violated or wrongly denied? Is it something you acquire or somethig you inherit at birth?  型が見えれば解釈が容易であり、それが見えなければ、クラクラするほどに厄介な英文。先ずはそれぞれの it の用法が分かること、そして、have + O + p.p. 型が浮かび出てくればOK.な和訳となりますが、ね。

 

オッと英作では「予想していた3倍の人が来た」。根っこの英文は I have as many books as he. から。「私は彼の3倍の本を持っている」→ 「多くの人が来た」→「3倍の人が来た」→「思っていた3倍の人が来た」。途中式が重要なんですよ。

 

精訳4問:1箇所だけを挙げれば … We have onbly to stretch the concept to include any form of government supported by a majority of the people, for whatever reasons and by whatever means of expressing assent, and before we know it the empire of Napoleon and the fascist system of Hitler are all safely in the bag. ここでは have only to do to do ~. 型 ( ex. You have only to read this book to know about China. )まァ~ safely も大切で、これは文修飾の副詞と考えることですよ。

 

中級問題の最最終問題。脳ミソに汗をかかせての解の作成作業なんですよ。クラクラするほどに勉強です。

 

 

 

この4月からの時間割こちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

2016年4月26日

dog ≠ ネコ

 

2016 / 04 / 25  (月)

 

「dog は「ネコ」という訳語が辞書にありますか?」と訊ねると「ありません」の返事。「では、辞書を引いてください」と指示してばらく待ち、再度の和訳をお願いする。「彼はネコが好きです」の和訳を返す。「dog は「ネコ」という訳語が辞書にありますか?」とまたまた訊ねる。「ありません」とニッコリと微笑んで答える。「もう一度、辞書を引きましょう」。・・・。本当に忍耐の人になってしまったもんだ。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校3年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

 

小テスト:「実況中継: 第5講:仮定法」、「基本英作 300選:41~50 」。例の問題 10 問+英作 6 題。

 

短文解釈は「型を読め!」の典型例。

 

 

精訳4題:これまでの全文訳ではなく、出題されているような下線部訳。どこをキッチリと和訳してくれ!と言っているのが見えるハズ。また見えるように勉強訓練をしていく。

 

 

 

 

高校2年  [ 8:00~10:00 ]

 

小テスト:Vintage : 第18章 名詞の語法。不可算名詞の処理、change trains at ~ 、make friends with ~、on … terms with ~、etc. 一つずつ、一つずつの積み上げ勉強。

 

精訳 5 題:[37] と [38] で同じ that is が見られる。G 4 は不親切(まァ、say の項にあるのだが)であるが、G 3 と G 5 はキッチリと説明が載っている。「すなわち、つまり」。また、[39] での The one interest in which a scientist is interested is truth; … での one は形容詞で the one ~ = the only ~ と考えること、[40] での Why is it that the simple act of standing in front of a group of people and talking to them for a few minutes should produce such astonishing physical reactions? での it は強調構文表現のもの、should は感情の should である、etc. etc.

 

ガリガリと入試英語の基礎のキが出ている。丁寧に「動詞と主語の関係」であり、文構造の見極めであり、キッチリとした訳語の選択なんですよ。

 

 

 

 

この4月からの時間割こちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

2016年4月25日

ちょっと気に入った箇所

 

 2016 / 4 / 24  (日)

 

・・・ 発音は英語運用力の重要な要素のひとつではあるけれど、すべてではありません。最重要なのは、話す内容であり、コミュニケーションとして成立し伝わるための語彙であり文法であり語用です。( 32頁 10行目より )

 

世界の人たちに解ってもらえる英語(intelligible English) を身につけるには、完璧な英語でなくても良いし、流暢な英語でなくても構いません。ましてや自分のアイデンティティを捨てる必要などありません。自分は自分です。

自分が誰であるかのアイデンティティは大切にしつつ、世界の人々とコミュニケーションをとるために、英語の音とリズムの特徴を把握して、ゆっくり、はっきり、分かりやすい英語を話せば良のだと、私は思います。 ( 35頁 9行目より )

 

「本物の英語力」 鳥飼玖美子著 講談社現代新書 より。

 

たまたま手にした本の抜き書き。

 

 

 

2016年4月24日

「はなみずき」とは「花水木」?

 

2016 / 4 / 23  (土)

 

無学である。「はなみずき」とは「桜の花を観るのに遅れて花をつけた樹」だとボンヤリと思っていた。「花水木」。漢字を知らなければ、と思ったり。少し浪漫を失った。

 

それにしても、凛とした美しさがあり、夕暮れで観るその花は妖しさえも与える。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校2年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

 

小テストVintage 18章:名詞の語法  四択問題10問。その他に例の問題15問。しかし、これだけで85点問題。短文解釈3問を加えると余裕で 100 点以上の問題。で、満点は 50点。どんだけ過酷に攻めるねん、とかの声が聞こえてきそう。これがうちの塾の勉強手法です。薄々は気付いていたでしょうが、まだまだ猛烈に攻めていきますよ。オッと、くどく言っておきますが、解釈は単に単語を並べたものではなくて、キッチリと「ここの文構造を見極めて和訳をしてくれ」との意図があるんですよ。run だから「走る」、book だから「本」というわけではないんですよ。語を3次元的に見ていかなければ、です。そうすることで適切な「絵」が見えてくるんですよ。その勉強訓練です。

 

次回も Vintage 18 章を掘り下げていきます。

 

 

精訳演習:もっともっと「動詞と主語の関係」を決めねば、です。まだまだ弱い。この関係が見えなければ、強引に自分の理屈から成る「文の構造」を作ります。この構造で和訳を作ってみることです。解説を受ければ、その綻びが鮮明に見えるようになります。ここで初めてワンステップ・アップとなります。ガンガンと自分の論理を組んでいきますよ。

 

 

 

 

高校1年 [ 8;00~10:00]

 

小テスト:文型問題20問。まだまだ目的語と補語の考えが弱い。Vision Quest の読み込みです。ガリガリと自分で勉強です。勉強マインドを耕しいきますよ。

 

講文 101  第5章 It 中心の構文:今日の勉強範囲での課題は ① so ~ that … 、例文として He is so wise that he can solve the problem. ② 強調構文。例文は Tom plays tennis after school. → It is Tom that plays tennis after school. そして ③ It appears that Tom knows the secret. → Tom appears to know the secret. / It appeared that Tom knew the secret. → Tom appeared to know the secret. / It appears that Tom knew the secret. → Tom appears to have known the secret. この単純不定詞と完了形不定詞の用法、ここですよ。特に完了形不定詞は今の時期にシッカリと了解しておきます。勿論次回の小テストでは出題をしますが、ね。了解レベルが低い時は必ず質問です。メールでOK.ですし、自主勉での質問もアリです。コツコツと積み上げていきますよ。知識の借金は許されません。頑張ります。

 

 

 

 

次回の授業は Vision Quest での第3文型と第4文型、復習としては補語の確認です。まだまだ、まだまだ、太く文型は了解していきますよ。頑張って、です。

 

 

 

 

この4月からの時間割こちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年4月23日

ご褒美は one crane

 

2016 / 04 / 22  (金)

 

昨夜(今朝 2時くらい) 「構文 101」の第一回目の授業範囲を読む。授業の進め方をあらかた頭に描いて帰宅。少し疑問点を残してはいた。で、こんな時は、夢に見るんですね。「オッし!」と思った例文、メモ、書き込み文が消えていく、あの消滅無限ループの夢。それにしても、まだまだ新米塾講師のような夢を見られて、なんかァ、安心ではある。自分を慰めて、ご褒美として、今日の昼食は one crane 。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校1年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

 

小テスト:例のテスト。

 

構文 101 : so ~ that … 構文、強調構文、完了形不定詞の3つにフォーカスしての授業。

 

高1での勉強設計ができる副教材をよくぞ選んでくれた。Crown テキストを速読で、「構文 101」を精読でやっつけいく、か!

 

ドドッと学校路線での勉強が面白くなってきた。

 

それにしてもこのテキストを自学するのは難しい。

 

 

 

 

高校3年 [ 8:00~10:00]

 

小テスト: 短文解釈では not ~ because … 型を再度出題。常識的判断で和訳ですよ。何度するねん!との声が聞こえてきそう。で、それくらいで丁度いいんですよ。くどき!と思った時は。その文型が脳ミソに落とし込めた、ってこと。「実況中継:第4講:助動詞」終了。間違ってもOK。根拠のある解を見つける勉強法なんですよ。

 

長文読解+総合英語:長文読解は東北大学。設問 1.~3. は完全答案を作成しなければなりませんが、設問 4. はスルーしてもOK.な問題ですよ。それでも時間が余れば、vertebrate animals の単語を拾っていって、文をつなぎ合わせていけば部分点を取れるかも、くらいのつもりで大丈夫です。まァ~、高校入試での数学問題の最後の問と同じですよ。

 

 

 

 

この4月からの時間割こちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

 

2016年4月22日

部活問題で揺れている。

 

 

2016 / 04 / 21  (木)

 

部活か?塾勉強か?ドッチャでもよろしい。部活をして、学校勉強をして、塾テストでボーダーをクリアーして、予習がシッカリできればOK.なんですよ。ただ、お遊び部活は論外ですが、ネ。

 

高3の「シス単」テストのレベルが上昇している。残り8カ月。前哨戦のセンターでは高得点を狙わねばならない。それには2次力である。この考えに揺るぎはない。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校3年 [ 5:30 ~ 7:30 ]

 

小テスト:「実況中継: 第4講:助動詞」、「基本英作 300選:31~40 」。やはりイイ。「道場」をやり詰めて根っこが残っている。

 

短文解釈は繰り返し例の構文を入れたもの。くどく、ひつこく、粘っこくやる。「そうか!ここが肝か!」と解るほどにやる。

 

 

長文読解・総合:長文読解の担当者の勉強姿勢は大いにOK.なもの。ガリガリと解釈をしている。

 

 

 

 

高校2年  [ 8:00~10:00 ]

 

小テスト:Vintage : 第05章 不定詞。発展問題もある。to write on / to write with、であり、完了形不定詞も取り入れている。第18章 「名詞の語法」が次回の範囲。

 

英文法 Ⅱ 演習編:多くのセンター問題が見える。今の時期に各々の文法項目を完全了解をしておかねば、ダ。

 

 

 

 

この4月からの時間割こちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

2016年4月21日

127 / 135« 先頭...102030...125126127128129...最後 »

 

PageTop