お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

高 1 英語がディープになっていく

 

 

2016 / 07 / 02    (土)

 

高 1 英語をとっとと進める。今がチャンス!

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト:Vintage 853~911、シス単 1582 ~1620。例によってガリガリと。それにしてもVintage 問題は濃い。崩していくだけだ。一つ一つと攻略していく、これしかない。理屈もへったくれもない。これ一本だ。

 

短文解釈:[A] はまだしも、[B] 問題では採点者の高笑い、上から目線を感じてします。月曜日生はどうだろうか?

 

精訳 6 問:いかにも入試解釈問題。まぁ当然なんだが、このような箇所の角をを取って解釈を丸く作っていく練習。まだまだ、まだまだ、これでもか、これでもか、ダ!

 

 

 

高校 1 年 [ 8:00 ~ ]

 

小テスト:so as to / in order for ~ to、肯定の断定、否定の断定、推量を和訳と過去形表現、関係代名詞と分詞を考える問題、etc.

 

Lecture : 関係代名詞継続用法。先ずは「京都に住んでいる彼の妻は…」の例の型から入る。これが最初期には最も有効な例文である。で、次の例文は There were few passengers who were not serious injured. と , who 型。勿論 He has two sons who live in London. も使いましたよ。

 

ここまでをもう一度くどく短文を使って和訳練習をする。これは前文 or その一部を先行詞とする関係代名詞 which、さらに as を前提としての勉強である。オッと、ディープになっていく。ここは泥臭く攻める。「要領よく」はない。

 

 

 

それにしても、ここまで進んでいくと、これから入塾する高 1 新塾生はかなり厳しい勉強課題となる。できるだけ早めの体験生コース参加を考えてくれればいいのだが、だ。まぁ~、参加申し込みがあってのハナシである。

 

 次回は Lesson 4 section (1) ~(3) の予定。

 

塾生募集はこちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

 

 

2016年7月2日

平常の時間割

 

 

2016 / 07 / 01    (金)

 

自主勉時期が終了した。常の時間割で進行となる。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 1 年 [ 5:30 ~ ]

 

小テスト:完了不定詞、結果・目的・程度構文、関係代名詞、etc.

 

Lecture関係代名詞継続用法の導入。関係詞を使用していない試験問題はないと言ってもより。例えば以下の英文です。

 

In the world of music, a limited set of tones is the starting point for melodies, which in turn are arranged into complex structures to create symphonies. Think of an orchestra, where each instrument plays a relatively simple series of tones. (1) Only when combined do these tones become the complex sound (which) we call classical music. Essentially, music is just one example of a hierarchical system, where patterns are nested within larger patterns -similar to the way (in which) words form sentences, then chapters and eventually a novel.

( 京都大学: 2015 年問題 [1] 3rd paragraphy 下線部訳(1):(   )部分は小生挿入)。

このようにすべての英文に関係詞内容が含まれているのです。

 

7 月は「関係詞月間」といってもいいほどに重層的に勉強していきます。

 

次回は Crown 4 課の勉強となります。

 

今日も根っこの質問。理屈から考える箇所。OK.ですよ。

 

 

 

高校 3 年 [ 8:00~ ]

 

小テスト:実況中継 2~ 4 講、英作文基本 300 選 31~40、シス単 1321~1360。

 

 

短文精訳問題:動詞と主語の関係、not ~ but … 型、一見すると not ~ because … 型ではあるが、チョッと違いますね。丁寧に、ですよ。

 

 

長文読解+総合:長文は三重大学。ザックリ訳が出来つつある。

 

会話文

A: What was the first year of university life like for your?

B: Things could not have worked any better.

での B は He could not have come at a more inconvenient time. から説明したのでOK.ですね。ミソは仮定法過去完了を持ちいていることで、B は「物事はこれ以上うまくいかなかっただろうに」→「絶好調に進行しましたよ」ってことであり、後の例文は「彼はもっと不都合な時間には来れなかっただろうに」→「彼は最も都合の悪い時に来た」ってこと。

 

そうそう、confidential、contemplate、とか historic / historical、successful / successive とかで単語の複合的意味をも覚えていかねば、です。

 

カラーペンを使っての速読の勉強法をやってみてください。長文読解では「絵」が描けること、精訳問題では文構造が見えること、ここにフォーカスしてもペン使用です。

 

 

伸ばす時期となりました。塾勉強は全学年で激しくなります。

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

07 / 2   2:32 a.m. 記 

 

 

 

 

 

2016年7月1日

優秀になれるチャンスは常にある

 

 

2016 / 06 / 30   (木)

 

高校 3 年生 [ 5:30 ~ ] 自主勉。

 

高校 2 年生 [ 8:00 ~ ] 自主勉

 

 

優秀なるものは易しい問題でミスをしない。

 

He did not his best. とは答えない。正しくは He didn’t do his best.

 

He has to work hard, hasn’t he? とは答えない。正しくは He has to work hard, doesn’t he?

 

He is kinding. とは答えない。正しくは He is being kind. である。

 

 

優秀になれるチャンスは誰にもあるのですよ。それは易しい問題でミスをしないことですよ。

 

丁寧に、丁寧に、そして、真っ直ぐに勉強していきますよ。

 

さてさて、定期試験が終わりました。テスト用紙が返却されれば間違い箇所を直す作業ですよ。試験はそれまでに蓄積されていた質と量を測ったもんです。それに不足があれば、修正をした補修をしておかねば、です。

 

優秀になれるチャンスは足元、いや、手元にあるんです。遠くにあるもんではないのですよ。

 

 

明日の高 1 は復習と「関係代名詞の継続用法」の土台、高 3 生は「長文読解+総合」です。ガリガリとやっていきますよ。

 

 

 

7 / 01   1:39 a.m. 記 

 

 

P.S. 数学の I 先生よりご指名を受けた。激しく高揚している。一緒に受験生をしっかりと鍛えていきましょう。宜しくお願いします。

 

それにしても、大学受験の塾・予備校は着実に、しかも、大きく変化しいる。

 

 

 

2016年6月30日

量である

 

 

2016 / 06 / 29   (水)

 

高校 2 年生 [ 5:30 ~ ]  自主勉

 

高校 1 年生 [ 8:00 ~ ]  自主勉

 

 

勉強量が高得点を生む。

 

高 1 生は夏休みまでの勉強量で受験英語の土台が決まる。

 

it の用法、完了形不定詞、関係代名詞の whose・what の使い方、目的・結果・程度構文、etc. これらの項目の完璧理解が次の英文理解を深めていく。

 

勉強量である。滝の水に打たれるがごとく英文を与えていくよ。

 

 

 

昨日のこの欄で「ちびっ子 中 3 生」と書いていたのだが、K 先生から「中 2 生」ですのと連絡を頂戴した。てっきり中 3 だと思ったし、その対応をしてきた。いやいや彼らは成長する。まさしく「男子三日会わざれば」である。奴らの成長が楽しみだ。

 

 

06 / 30   1:47 a.m. 記

 

 

 

 

 

 

2016年6月29日

今日も自主勉

 

 

2016 / 06 / 28   (火)

 

高校 1 年 [ 5:00 ~ ]  自主勉

 

高校 3 年 [ 8: 00 ~ ]  自主勉

 

 

ちびっ子 (中 3・1 生) が自主勉生として登場。彼らは春の短期講習受講生達。コツコツとやっている。なんか高校生たちと混じって勉強することでノーブルでインスパイするもんを感じるのだろう。大いに結構である。

 

 

高 3 生の金曜日教材 (長文読解+総合) が完成。それぞれに手渡しするようにお願いしました。

 

長文読解に関しては、下線部訳以外はザックリ訳でOK.です。高 2 での長文読解は全訳をやっていましたが、その訓練があってはじめて今のザックリ訳ができるレベルに達したと思っていますよ。勿論まだ発展途上ですがね。予定内のことで、この勉強訓練を続けていきますよ。

 

総合問題は問題形式が定着してきました。今の様式で進行します。大きく変化することはありません。小さな変化としては、10・11月より長文の前にピリッとした準長文をさらに 1 問追加する計画です。

 

来週の月・火曜日の精訳問題も問題選択を終えました。こちらはガッツリ訳です。適切な訳語、文構造の理解、その「絵」が描けるかどうか、ここですね。

 

要は、英語が読める!ってことです。そのための勉強努力を重ねていきますよ。

 

「実況中継」、「英作文 基本 300 選」はルーティンな勉強。

 

うちの塾は受験英語をガリガリとやっていきますよ。

 

 

6 / 29   2:43 a.m. 記

 

 

 

2016年6月28日

大滝の水を浴びせる準備

 

 

2016 / 06 / 27   (月)

 

高 3 [ 5:30 ~ ]  自主勉

 

高 2 [ 8:00 ~ ] 自主勉

 

この木曜日までは塾は自主勉の一色となる。

 

それぞれがそれぞれの勉強課題をこなしている。

 

私の課題は教材作成である。最も注意を払って作成するのは高 1 教材である。

 

昨日のブログでも書いたように勉強訓練となる演習問題の選択である。

 

良質も問題を爆発的にやらせて、「型」を作っていく勉強作業である。

 

定期試験のためにも塾勉強で使ったものは関係代名詞。この項目の間口を広めつつ、奥行きを深くしていく。

 

最初のたたき台とする英文は、最終の小テストでの問題、

 

Ms. Brown is a scientist.  My parents are familiar with her. を一文にした問題。

 

Ms. Brown is a scientist whom my parents are familiar with. が正解であり、

 

Ms. Brown whom my parents are familiar with is a scientist. がなぜ不適切であるか? ここからの勉強となる。

 

いわゆる「関係代名詞の制限用法・継続用法」ってやつだ。ここを攻めていく。

 

爆発的にやっていく。勿論だが、関係代名詞 what の復習、as、but、than にまで及ぶ勉強となる。

 

定期テスト後は一つの文法項目を深くするには最適の時期である。

 

ゆるゆるとする時間はない。

 

 

高校入学で人生の大事を成した思い、楽しく愉快に過ごそうとする余生を楽しむ高 1 生には辛い勉強になる。

 

目覚めて勉強してい。

 

なんちゅうたって鬼塾なんだから。いやぁ~別にエンゼル塾を目指しているんじゃないんだから全然OK.なんですが、ネ。

 

06/ 28 1:09 a.m. 記 

 

オッと、高 3 長文読解+総合の問題作成をしておかねば、だ。明日配布の予定だ。

 

 

 

 

2016年6月27日

日曜雑感

 

 

受験勉強は訓練の要素が根っこにあると思う。

 

中学時代に疑問文とか、進行形、また、受動態とか完了形の勉強訓練が

 

浅い、もしくは、不確かなまま、もしくは、要領よくコツだけで試験で

 

ある程度の点をとって、高校英語を始めても高 1 夏休みまでは痛痒を感じない。

 

なぁ~んとなく、分かって、なぁ~となく、分からない状態である。

 

ここが、受験英語にハマれるか否かの最初の分かれ目となる。

 

この分岐点で何かの訓練、それが水泳であれ、剣道であれ、茶道であれ、公文であれ、

 

訓練、時には、無駄であると思えるほどのルーティンなプロセスの

 

経験のある塾生はスッと勉強訓練に入ることができる。

 

その成果が速やかにでることがないとしてもである。

 

コツコツと完了形を知り、完了不定詞、完了動名詞、分詞構文での完了形表現と

 

ルーティンに学んでいく。

 

要領よく積み上げてきた中学英語にさっさと決別していく。

 

 

新たな勉強訓練を開始していく者がうちの塾では多いのではと、彼らが卒塾して気付く。

 

最終的には塾生自慢になってしまったか? まぁイイ。

 

さてさて、あと少し小テスト整理をしておかねば、です。

 

 

06 / 27  3:25 a.m. 記 

 

 

 

 

 

2016年6月26日

ちびっ子登場

 

2016 / 06 / 25    (土)

 

中 3 生が定期試験勉強で自主勉に登場。選挙権を持つ高 3 生と机を並べると、やはり「無垢な子」感。

 

彼らは春の「短期集中講義」の参加者。2ヵ月でけの授業であった。この塾の空気が好きなんだろう。中間試験に続けての教室利用である。イイ、実にイイ。K 先生ありがとうございます。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 5:30~ ]

 

合同授業

 

小テスト:Vintage 580~629 つい言ってしまった。「範囲のある試験である。塾小テストを参考にするのがベストですよ」そりゃそうだ。ここが重要だと思える問題を選択して出題しているんですよ。仮に試験問題でかすることがなくても、今やっている問題をこなしておくことは入試知識の蓄積には十分に資するもんですよ。頑張っていくよ。

 

短文解釈:with + O + ~ing 型ではあるのだが、O 部分が少々長くなると、ついつい見えなくなる。have access to ~ は「~にアクセスする」とかと和訳したいのだが、チョッと考えて「~を利用する」ですよ。短文ではあるが、ここだ!という箇所を入れていますよ。

 

精訳 6 問:例えば [15] での The reason for this neglect is not hard to discover. 部分の最基本形は He is hard to please. であり、なじみのある例文ならば English is hard to master in a few years. なんですね。それぞれの文は it ~ to 型で考えることができるってこと。つまり、It is hard to please him. であり、It is hard to master English in a few years. となる。ってことは最初の文は It is not hard to discover the reason for this neglect. とすればイイってことですね。根っこになる英文からの発展形に出会っていく時期になっていますよ。ガリガリと英文を読んでいきましょう。

 

 

それにしても、学校英語と全く無関係の塾テキストの予習勉強ができてる。イイ。実にイイ。この勉強姿勢を貫いていきますよ。

 

 

 

 

高校 1 年 [ 8:00 ~ ]

 

関係代名詞問題を約 50 問。who / whose / whom / which である。The man looked surprise. と I spoke to him at the party. を関係代名詞を用いて一文にすれば、The man whom I spoke to at the party looked surprised. となるのだが、ここで文の途中で前置詞の to と at が連続することで、どちらかを落としたくなるようです。が、前置詞が重複することは全然OK.なんですよ。その演習問題でした。

 

構文 101 に関しては can’t ~ too、used to ~/ would、have only to ~、の 3 つの形の英文だけの勉強になりました。試験範囲全部を勉強することができなかったことが残念ですが、丁寧に、真っ直ぐに、頑固に、重要だと思える英文型を重ねて勉強してきました。そこからの実力で定期試験問題にトライしていってください。頑張って、です。

 

ここまで関係代名詞が続けば、定期試験後の進路は決まったようなもんです。学校テストがないときに、骨となり、肉となり、血となる英語の骨格をなす部分の勉強をやっていきますよ。ガリガリとやっていきます。

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

06 / 26   2:06 a.m. 記 

 

 

2016年6月25日

理解できる領域を増やしていく

 

 

2016 / 06 / 23    (木)

 

Vintage 範囲がヤバい!と高 2 生。確かに!だからこそ、ダ。

 

一問そして一問と、確実に了解できる領域を増やしていくことですよ。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 3 年 [ 5:30~ ]

 

小テスト:実況中継 13・14 講、英作文基本 300 選 11~20、シス単 1241~1280。今日も高校入試からの問題。十分にセンター問題として通用するかと思えるもので、違和感なく収まっている。

 

 

長文読解+総合:下線部訳はイイ箇所を出題している。基礎を問う問題。各設問もその設問の英文が読めなければ答えようがないヤツ。良問選択と自画自賛しておこう。

 

 

高校 2 年 [ 8:00 ~ ]

 

小テスト:Vintage 580~629

 

短文解釈:if 節中での at all は「仮にも・そもそも」で考えてみる。「命令文, and ~、」は短い文では十分に対応できるのだが、今日の英文のように、命令文が4文続き、そのあとに and が出てくるとダメになってしまう。多くの英文に出会わなければです。

 

 

英文法 演習 Ⅱ:「動詞の用法」 Vintage とかぶる問題が多い。そして今日も lie と lay。He ( lay / laid ) his book on the table. では lie = be, sleep / lay = put から考える、The problem has ( lain / laid ) heavy on my mind for years. も同様にして答えを導き出すこと。suspect と doubt の使い分け。前者は「~でないのかと疑う」であり、後者は「~であるのではと疑う」である。で、今日の英文 I have never heard him speak English. I (doubt / suspect) whether he is an Englishman. では、となる。

 

 

なるほど Vintage 範囲は広いのだが、先ずは、塾テストの見直しですよ。丁寧に、丁寧に、積み上げていくます。

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

06 / 24  2:15 a.m. 記 

 

 

 

 

2016年6月23日

英語基礎と受験英語だけ

 

 

2016 / 06 / 22    (水)

 

定期試験の過去問とかがあり、それを塾でやるのは是か非かと言われているようだが、私的にはどっちやでもイイ。うちの塾ではそれを参考にして授業をするだけの時間が割けない。それが実力養成に資すると思えば、やるかもしれないが、そこまでの思いはない。まァ~、学校で定期試験直前に「ハイ、過去問」とかと学生に配布するとか、定期試験直前授業で前年の問題を解くのもアリであろうとは思ったりだが、極めてどっちゃでもイイ話である。

 

学校テキストを真っ直ぐにやり、塾テキストで足腰の強い英語力をつけていく、これ一本である。

 

さてさて、どっちゃでもイイことを考えずに今日の記録をしておかねば、だ。

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

授業記録

 

高校 2 年 [ 5:30 ~ ]

 

小テスト:Vintage 580~629

 

短文解釈:if 節中での at all、例のように「自動詞 or 他動詞」を厳しく問う問題。

 

英文法 演習 Ⅱ:「動詞の用法」 Vintage とかぶる問題多し。そして lie と lay、suspect と doubt の使い分け、etc.

 

 

 

高校 1 年 [ 8:00~ ]

 

小テスト:下記の範囲を説明、解説、演習した後に試験。関係詞、完了形不定詞、etc. も含む。それにしても問題文を読まずに答えを書いているのが幾人か。[3] は「未来形に書き換え」であるのだが、過去形であるとか、進行形への書き換えをしているのが散見。オッと、may (許可) での未来形表現が「今日の次の課題問題

 

構文 101 講義:塾では「肯定の断定」、「否定の断定」、「推量」という言葉を用いている。より must、can’t、may が見えるであろうからだ。どれも「推量」では曖昧模糊としていなだろうと思ってである。

 

 

今日も関係代名詞 who / whose / whom の質問を受けた。このクラスもジックリと動き始めた感じがある。

 

This is the river.  I used to swim in the river in my childhood. と The man looked surpised. I spoke to him at the party. での関係代名詞を用いて一文にするのがチョッと「難」になっている。次回の授業で説明を、だ。

 

次回は構文 101 「第 4 章 助動詞を含む構文」での未学習箇所を研究しておくよ。丁寧に、丁寧に、真っ直ぐに、直角に英語を勉強していくよ。

 

 

 

 

塾生募集はこちらです。

 

 

連絡は11p.m. がベストタイム。携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808

 

 

06 / 23  0:50 a.m. 記 

 

明日の高 3 長文読解の解答例の作成と精訳問題の選択をちょっくらやるか!

 

 

 

 

136 / 150« 先頭...102030...134135136137138...150...最後 »

 

PageTop