お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

07 / 30 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

体験生を募集中です。

 

 

高 1 生 5 時クラス体験生 2 名募集中!  授業時間 17:50 ~19:50 。勉強テーマ:不定詞。

 

高 2 生 クラス 体験生 月・木クラス、水・土クラス 各2 名募集中。

 

 

授業参加をしてみて、その内容が益するものならば受講を継続しましょう。先ずは、体験ですよ。

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

関係詞の勉強がまだまだ続いている。緩めることはない。

 

今日の授業でチョット深くしたのは no matter who ~ 型、anyone who ~ 型の見分け。

 

 

さらに仮定法過去完了をゴリゴリとやっつけていく勉強訓練。ここは訓練である。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

丁寧な英文和訳が行われている。小テストの短文解釈であれ、精訳問題であれ、ダ。

 

長文読解と言うのだが、結局は短文が寄り集まって長文が出来上がるもので、その短文が適切に処理されていなければ、

 

長文を読解していくことは極めて難しくなる。

 

仮定法が分からない、分詞の後置用法が分からない、文構造の見極めが出来ない、では意味不明の訳文作成になるだけだ。

 

単語を重層的に理解し、正確な文法処理が出来、文構造が了解できることが、最終的に大切。

 

この勉強を積み上げていく、ってこと。そこですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

07 / 31   02:41  記 

 

 

 

 

 

 

2019年7月30日

07 / 29 ( 月 ) 授業記録

 

 

 

体験生を募集中です。

 

 

高 1 生 5 時クラス体験生 2 名募集中!  授業時間 17:50 ~19:50 。勉強テーマ:仮定法。

 

高 2 生 クラス 体験生 月・木クラス、水・土クラス 各2 名募集中

 

 

授業参加をしてみて、その内容が益するものならば受講を継続しましょう。先ずは、体験ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テストでの短文解釈は相変わらずにヒリヒリすつ問題を提供している。

 

訳語の選択に最大限の注意を払う必要がある。humble が「謙虚な」なのか「卑しい」なのか「重要でない」なのか、

 

care は「気にする」か「関心がある」か、それとも別の意味か。これらを文意からくみ取っていかねば、だ。

 

 

今日の精訳問題も同様である。この文意の取り間違いは案外と易しく見える単語で発生する。

 

しかも、この種の問題は、いわゆる、難関大学でしばしば出題されるものだ。

 

難関大学は常に基礎を問う。この基礎部分での減点分をいかに減らしていくかが、攻略法の一つと言える。丁寧に、ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

Vintage 問題は粛々と進行している。現在 800 番を超えての勉強。英語基礎とその初歩の勉強である。メチャ大事。

 

 

小テストでの短文解釈は「動詞と主語の関係」と呪文を唱えるようにしながらの訳付け訓練。これも積み上げの訓練。

 

 

今日の精訳問題では強調構文での it と形式主語での it に注目させての訳付け訓練。

 

文内容が見えない場合、つまり、自分の想像力を超えている英文の和訳でも「動詞と主語の関係」からであり、

 

丁寧な真っ直ぐの和訳であることが重要。これが減点を最少にする方法なんですよ、と言いながらの授業進行。

 

 

英語を得点教科とする勉強を続けていくつもり。頑張っていこう。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月29日

07 / 28 ( 日 ) 日曜雑感

 

 

 

家族旅行による欠席届は少なく、

 

オープンキャンパスと高 3 生の予備校夏講欠席が見える程度。

 

どの欠席届にしても、「ダメです。塾授業に出席すること」とかと言うことはない。

 

「オープンキャンパス出席者の面構えを見ておいで」とか「予習を怠ることなく」とかと言うくらいである。

 

勿論塾授業はガリガリの勉強が続いている。

 

高 1 生は「仮定法構文」であり、高 2 は「長文読解と精訳訓練」、高 3 は「実戦問題」である。

 

緩めることはない。ガリガリと攻める。

 

 

 

今年の高 1 生は例年以上に頑張る受講生が多い。高 1 勉強は、これから少しずつ学校勉強を考えての

 

英語勉強となる。つまり、文法から考える解釈であり、文構造から見きわめていく解釈の勉強訓練に重点が置かれるってこと。

 

この勉強流儀は今までと同様である。無論攻めの形はは異なる。

 

勉強マインドがしっかりとしているこの時期にしっかりとした受験英語の基礎を築いておきたい次第である。

 

さてさて、頑張らなければ、だ。

 

 

皆様 暑中お見舞いです。

 

 

 

 

 

07 / 29   02:10  記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月28日

07 / 27 ( 土 ) 授業記録

 

 

 

体験生を募集中です。

 

 

高 1 生 5 時クラス体験生 2 名募集中!  授業時間 17:50 ~19:50 。勉強テーマ:仮定法。

 

高 2 生 クラス 体験生 月・木クラス、水・土クラス 各2 名募集中

 

 

授業参加をしてみて、その内容が益するものならば受講を継続しましょう。先ずは、体験ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

Vintage 問題は常の進行。

 

小テストでの短文解釈はジックリ訳付けの典型例。英標精講からの出題が可能になった。これからだ、ダ。

 

 

精訳問題での各文の肝が分かり始めた感じ。その濃度を高めていく勉強作業となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

小テストは関係詞問題が続いている。完全了解まで量をこなしていく。関係詞の癖を見抜く勉強訓練。

 

 

仮定法問題。仮定法過去、仮定法過去完了演習。「滝に打たれるがごとく」の勉強状態。

 

 

 

ほぼ学校勉強をしていない。中間試験の結果は予想していたものよりかなり低いものであったが、

 

期末結果はその改善が見られている。

 

自分で勉強をすること。「教えてもらう」のマインドから「学ぶ」のスピリットへと上昇中。

 

 

まだまだガリガリと英語をかじっていく。一点突破であり、その突破口をグイグイと広くしていく勉強手法。

 

頑張るよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月27日

07 / 26 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

体験生を募集中です。

 

 

高 1 生 5 時クラス体験生 2 名募集中!  授業時間 17:50 ~19:50 。勉強テーマ:仮定法。

 

高 2 生 クラス 体験生 月・木クラス、水・土クラス 各2 名募集中

 

 

授業参加をしてみて、その内容が益するものならば受講を継続しましょう。先ずは、体験ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テストでは「滝に打たれるがごとく」関係詞問題が続いている。関係詞は解釈の肝となるヤツ。疎かにはしませんゾ。

 

 

仮定法過去の「『た』抜きの訳」が続く。こちらはOKになりつつだ。

 

仮定法過去過去完了へと進行。型である。定型を持つことがこの項目を征服することに至る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テスト問題での解釈が面白い。きりきりと文の構造を考え、その訳文の作成である。時間がないのではない。能力がないのだ。

 

 

長文読解は名古屋大学の過去問。担当者は半年前のそれとは随分と進歩した形で訳文を作るようになっている。

 

OKと言わないまでも、進歩が見えるのはイイ。が、残り半年である。それ相応な煮詰まるような勉強が必要。

 

 

解答例を示したが、そこには受験会社によって異なる「正解」が載せられている。その場合の処理である。くれぐれも、だ。

 

 

 

夏講出席者が出発をする。それぞれがベストを尽くした勉強となる。頑張るよ。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月26日

07 / 25 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

体験生を募集中です。

 

 

高 1 生 5 時クラス体験生 2 名募集中!  授業時間 17:50 ~19:50 。勉強テーマ:仮定法。

 

高 2 生 クラス 体験生 月・木クラス、水・土クラス 各2 名募集中。

 

 

授業参加をしてみて、その内容が益するものならば受講を継続しましょう。先ずは、体験ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

短文解釈 2 題。素直な問題。[B] の適語補充は本文読み込みが問われる問題。

 

 

長文読解。かなりキツイ和訳問題。難しく見えるときほど、思い込み訳ではなく、真っ直ぐな和訳なんです。

 

無生物主語、関係詞の処理であり、易しく見える現在分詞、but とかのしっかりとした文構造の見極め作業です。

 

明日の授業も楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

Vintage 問題はいつものように順調。

 

短文解釈では分詞構文を扱った問題。ここでは being が省略されていることに気付かなければゴジャになる問題。

 

丁寧に文法に則った定型に落とし込んでいく勉強訓練。思い込みは事故のもとですよ。

 

 

 

長文読解は岩手大学の過去問。カルチャーショックを扱った問題。良問が続く。

 

 

四択、同意文作成、空所補充問題、etc. コツコツと完成していく。一つひとつと知の断片を蓄積していく勉強。

 

 

頑張る、よ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

2019年7月25日

07 / 24 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

体験生を募集中です。

 

 

高 1 生 5 時クラス体験生 2 名募集中!  授業時間 17:50 ~19:50 。勉強テーマ:仮定法。

 

高 2 生 クラス 体験生 月・木クラス、水・土クラス 各2 名募集中。

 

 

授業参加をしてみて、その内容が益するものならば受講を継続しましょう。先ずは、体験ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

Vintage 問題は常の進行。

 

小テストでの短文解釈はジックリ訳付けの典型例。シンドイ問題。

 

 

長文読解はカルチャーショックに関する論説文。担当者の読み込みはOK.な結果。よく頑張っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

関係詞問題がまだまだ続いている。納得いくレベル、了解できているのが示されるレベルまで続く。

 

 

仮定法問題。仮定法過去表現の作り方と和訳の訓練。

 

 

おれにしても、まだまだ辞書を引いて、読むのが浅い。この訓練も継続しなければ、ダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

07 / 25   : 01:43  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月24日

07 / 23 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

 

 

体験生募集中!

 

授業参加をしてみて、その内容が益するものならば受講を継続しましょう。先ずは、体験ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

関係詞をさらに。

 

 

仮定法過去の考え方。和訳練習。仮定法過去への書き換え練習。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストの短文解釈での一文、The soil, be  it ever so rich, must be fed. での下線部。これ譲歩命令文ってやつ。

 

例としては Be it ever so humble, there is no place like home. とか Come what may, I am prepared for it. とか、ネ。

 

 

さて本日の精訳問題は担当者がよく調べている。OK.な和訳作成が出来ていた。が、だ、

 

… For these reasons the work of historians should be approached critically, and the history of history … での critically

 

ここでは「批判的に」であって「決定的に」でも「危機的に」でもない。

 

 

これからは訳語の選択がより適切に行われていくことになる。減点を喰らわないための勉強作業なんですよ。

 

 

 

頑張って、ダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

07 / 24  01: 51  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月23日

07 / 22 ( 月 ) 授業記録

 

 

 

高 1 生 5 時クラス体験生 2 名募集中!  授業時間 17:50 ~19:50 。勉強テーマ:仮定法。

 

仮定法の最初歩です。今がチャンス!

 

授業参加をしてみて、その内容が益するものならば受講を継続しましょう。先ずは、体験ですよ。

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テストで使用した問題は現場では 5 点問題。キツイ配点。自分の受験校の配点を調べておくのも大事。

 

 

短文解釈 2 題。どちらもかなりキツイ。が、結局は「動詞と主語の関係」から文構造を分析して、訳文の作成ですよ。

 

 

精訳問題 3 題。訳語の選択ですよ。work を「仕事」、とか school を「学校」とかの訳ではゴジャです。バッサリの減点!

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

短文解釈での … It leads to powers the excercise of which means disaster. では、It leads to powers. と・・・から。

 

 

精訳問題なんだが、文法力と構文力が問われる英文が続いている。例えば、[017] の

 

… there could be no surer way of rendering the buture completely barren. での could の用法と なぜ surer と比較級?

 

 

[018] の関係副詞の継続用法、[019] の付帯状況での分詞構文、[020] での so ~ as to 型、etc.

 

 

単語量だけではない、文法力、文構造を見抜く力の3点がゴツク必要になってるんです。

 

 

まだまだ脳みそに汗をかかせながらの解釈です。トコトンに、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

2019年7月22日

07 / 21 ( 日 ) 日曜雑感

 

 

 

高 1 の 17:30 クラスの始業時間を 20 分繰り下げて 17:50 スタートする。

 

23日(火) より開始。

 

 

 

 

来年の高 1 クラスは 18:30 スタートの ワンクラス編成とする。

 

読解に強い受験生を目指していく。

 

先ずは読めること。読解が出来れば、書くことが適切になる。

 

読解ができれば、資料を読んで適切なコミュニケーションが可能となる。

 

英語は読めなければハナシにならない、と強烈に感じる今日近頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

体験生募集中!

 

授業参加をしてみて、その内容が益するものならば受講を継続しましょう。先ずは、体験ですよ。

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

2019年7月21日

3 / 13112345...102030...最後 »

 

PageTop