お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

03 / 19 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:20 ~ 22:20   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

小学 6 年生 [ 18:00 ~ 18:50 ]

 

小 6 の英語特別講習会の最終段階になった。人称代名詞の所有格の理解が大テーマである。つまり、

 

1. I’m a student.  (     ) name is Roy.

2. This girl is a student.  (     ) name is Pearl.

3. Is that boy (    ) brother?  Yes, he is my brother.

4. Mr. Green is an artist.  That’s (     ) dog.

5. Is that girl his sister?  What’s (     ) name?

 

の完成度である。「絵」が出てくること、情景が分かっての所有格を補う問題である。

 

今日のクラスはOK と言ってよい。よく頑張って。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

長文読解は九州大学の過去問。担当者は全文を読んでいる。この勉強マインドは素晴らしい。続けていかねば、だ。

 

いや、続けさせるよ。

 

 

設問で不備な箇所があった。おそらく現役の先生、予備校の講師からの指摘があったのだろう。イイ。

 

 

コロナ休校を十分に活用しての勉強姿勢はOKである。

 

まだまだ積み上げていかねばならない受験勉強である。

 

例年の今を思って勉強をしていきますよ。激しく、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

03 / 20  01:55  記

 

 

 

 

 

2020年3月19日

03 / 18 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

 

〈 募集中〉

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:20 ~ 22:20   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 2 年  [ 18:00 ~ 20:00 ]

 

小テストはルーティンの暗記英作、短文英作、四択、空所補充、短文解釈。それぞれの問題にポイントがある。

 

英作では「じっと座る」とか「歩いて5分のところ」とかの英語表現は手の内に持っておかねばならない表現。

 

また、最上級を持ちているのだが、否定語が見える場合の考え方、etc. への知恵袋の豊かさ勝負である。

 

これが配点の分ける可能性は十分にある。

 

 

総合英語での長文読解は九州大学の過去問。担当者のザックリ訳はOKの領域。各設問の解もOK. まァ~問題点は設問にアリ。

 

その他の問題に関しては細かい箇所で記憶を確認するものが多くあった。今後ともに積み上げていかねばならないモノ。

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:20 ~ 22:20 ] 

 

小テストは「代名詞」。和訳問題は8割の出来である。もっと根を詰めた和訳作成の努力を求める。

 

 

精訳問題 4 問。ここではポロポロとミスの連発である。最大の間違い箇所は関係代名詞の継続用法の理解不足に起因するもの。

 

コリャ辛い。大減点であり、長文読解ならば、ここから五里霧中の森に入っていく。

 

これからは激しくこの箇所は攻めていく。

 

さらに、句と節の見分けてその用法の理解が激しく劣化している。重大案件と言える。ここも激しく、だ。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 連絡は携帯電話へ 22:30~23:00 がベストタイムです。宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

03 / 19  01:17  記

 

 

 

 

 

 

2020年3月18日

03 / 17 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:20 ~ 22:20   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 1 年生 [ 18:00 ~ 20:00 ]

 

 

小テストは「代名詞」。ここでも理解と詰め込み。詰め込みと理解の連続となる。言葉の癖を読み取る訓練である。

 

[追加問題] では「構文150 鷹家秀史 著」の和訳問題に挑戦となる。

 

文法項目をほぼすべて終えた今するべきことは、その応用力・適応力で入試英文に挑むこととなる。その時期である。

 

 

精訳問題 4 問。中途半端にしてはならない。by oneself / for oneself / of oneself / of oneself であり、

 

使役の have であり、ジワッと忍ばせている would である。なぁ~となくの和訳はない。突き詰めての和訳である。

 

「動詞と主語の関係」をキッチリと守っての和訳訓練なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

小学 6 年生 [ 20:20 ~ 21:10 ]

 

 

be 動詞と人称代名詞をからめての be 動詞の定着勉強。

 

I am a student.  You are a teacher.  He is an artist.  She is a pianist.

 

そして、指示形容詞としての this  と that の用法である。くどく、ひつこく be 動詞をからめて音読で定着を図っている。

 

まだまだの音読、音訳練習。

 

 

 

 

 

 

 

中学 2 年生 [ 21:30~22:30 ] 

 

ケアレスミスを潰していく作業である。否定文、疑問文の書き換えを行う。チョッとあで間違う。

 

この間違いが重なると致命傷になる。

 

最初の授業と比べると、このミスの減少は顕著ではあるが、完全消滅までもっていかなけば、ダ。

 

漫然としたミスは潰したと思っていても、しぶとく残ったウイルスのようなやつである。完全根絶でなければ、だ。

 

 

残り少しだが、手抜きなしの百マス計算のような英語演習をやっていく。今はこれがベストな方法だと信じている。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

03 / 18  02:41  記

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月17日

03 /16 ( 月 ) 授業記録

 

 

 

 

 

〈 募集中〉

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:20 ~ 22:20   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

小学 6 年生 [ 18:00 ~ 18:50 ]

 

 

人称名詞がからんでくる英文となった。I、you、he、she であり、my、your、his、her である。

 

さらに this、that が指示形容詞として使用される英文領域に入っている。一つの壁がある。突破しておかねば、だ。

 

 

この特別講習会で超えておく峠である。全力を尽くすよ。

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストは暗記英作、短文英作、四択、空所補充、そして短文解釈である。短文解釈では mind の訳語である。「人」がベスト。

 

 

精訳問題はまさしく精度の高い訳文を求める訓練。いつものように、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月16日

03 / 15 ( 日 ) 合格大学の中間報告

 

 

 

後期受験生がいるのだが、15日現在での合格大学名とセンター結果をアップしておこう。

 

 

 

2020 年 1 月卒塾生 9 名 (現役生)

 

センター筆記 172.4 点   リスニング 37.3 点 ( 209.7 点 )

 

合格大学

 

早稲田大学 ( 文化構想 )、慶應大学 ( 文 )、上智大学 ( 英文・国文・史学 )、明治大学 ( 商学・史学 )、東京女子大学 ( 国際英語 )、聖心女子大学 ( 現代教養 )、筑波大学 ( 生命環境 )、同志社大学 ( グローバル地域 )、大阪大学 ( 外国語 )、関西大学 ( 経済 )、川崎医療福祉大学、香川大学 ( 経済 )、公立鳥取環境大学 ( 経営 )  以上。

後期受験生あり。

 

高卒  お茶の水女子大学 ( 文教育 )、慶應大学 ( 経済 )  以上。 後期受験生あり。

 

 

今年の塾生たちも最善を尽くしての受験であって。後期の発表を待つ受験生もまだいる。最後までの頑張りに感謝である。

 

 

 

 

03 / 16  01:51  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月15日

03 / 14 ( 土 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:20 ~ 22:20   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 2 年  [ 18:00 ~ 20:00 ]

 

小テストは暗記英作、短文英作、四択、空所補充、短文解釈。それぞれの問題にポイントがある。

 

主語が複数形に見えるのだが、単数形の処理、またその逆。冠詞の有無、否定形に見えての肯定的和訳、etc.

 

 

精訳問題 3 題。構文からの精度の高い和訳を求める下線部訳。文内容を如何に把握しているかを問われる文、etc.

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:20 ~ 22:20 ] 

 

 

小テストは「冠詞」。日本語ではほぼ考えることの及ばない領域で、それだけに無理押ししての暗記要素が大である。

 

小テストでは短文和訳を課している。基本の文法と構文型を終えている。ここで実践的英文をやっつけていく。

 

it の用法であり、助動詞 will と would を問い詰めていく佐賀大学からの一文を使用。この量の英文読解を多用していく。

 

 

総合文法は助動詞を下敷きにした問題。今日は will の用法の幅をひろげていく勉強作業、オッと may も同様に、だ。

 

文法的知識を持つことで解釈の精度をあげていく。息の長い勉強となる。

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 連絡は携帯電話へ 22:30~23:00 がベストタイムです。宜しくお願いします。

 

 

 

 

03 / 15  02:47  記 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月14日

03 / 13 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:20 ~ 22:20   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 1 年生 [ 18:00 ~ 20:00 ]

 

 

小テストは「冠詞」。理解と詰め込み。詰め込みと理解。

 

ぼちぼちこの手の解釈問題を提供してもいい時期である。チャレンジしている息遣いがいい。

 

 

総合英語ではセンター過去問。will の内容である。未来形ではない。これが空所補充問題でも使われていく。

 

助動詞の問題をドバっと提出している。それぞれの癖を見抜く訓練である。精訳で、長文読解で必要な知識である。

 

 

 

 

 

 

 

小学 6 年生 [ 20:20 ~ 21:10 ]

 

人称問題に入る。音読で一人称とニ人称の主格と目的格の使い方を英文から飲み込んでいく勉強。

 

音読で脳みそに落とし込んでいく勉強手法である。まだまだ続く。

 

 

 

 

中学 2 年生 [ 21:30~22:30 ] 

 

特別休講をお願い。きわめてプライベートな利用である。

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

03/ 14  02: 51 記 

 

 

 

 

 

 

2020年3月13日

03 / 11 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

〈 募集中〉

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:20 ~ 22:20   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

小学 6 年生 [ 18:00 ~ 18:50 ]

 

 

今日は特別授業。「鳴かぬなら 鳴くまで待とう時鳥」の三連句から自分はどれに当てはまる、の問い。

 

面白い! 一人は「うんんんんん~」となり、他の一人は「放してしまえ時鳥」と応じる。こりゃ想定外だが、だ。

 

 

授業は Lesson 5 の § 1 と § 2 の音読。コーラスとインディビジュアルである。繰り返しの音読である。

 

I と you、そして my と your である。ここでは細心注意をはらう。Are you a student?  Yes, I am. と

 

Is this your book?  Yes, it’s my book.  の答え部分での I と my である。ここ。

 

くどく、ひつこく、執念深く音読で定着する、筆記で理解する、さらに音読、と繰り返しての練習である。

 

面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストは暗記英作、ポイント英作、四択と整序問題、さらに短文解釈である。解釈は譲歩の as と、同じく譲歩の when。

 

 

長文読解は九州大学の過去問。下線部訳で関係代名詞の先行詞が少し離れた箇所にある場合の問題。

 

その英文が抽象的である場合、自分の経験の範囲外にある場合、厄介である。が、ここでも基本からの和訳で

 

減点を最小限にとどめる訳文作成が必要となる。さてさて、である。

 

 

まだまだ積み上げ勉強である。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月12日

03 / 11 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

特別受講生の募集は終了しました。現受講生の授業は継続していますが、新規募集はありません。

 

 

〈 募集中〉

 

新高校 1 年生  月・木 コース 18:00 ~ 20:00   若干名(本科生) 3 月19 日より募集

                            火・金 コース    20:20 ~ 22:20   若干名  (本科生) 3 月19 日より募集

 

新高校 2 年生  火・金 コース 18:00 ~ 20:00   2 名(体験生)

                            水・土 コース    20:20 ~ 22:20   2 名  (体験生)

 

新高校 3 年生  月・木 コース 20:20 ~ 22:20   2 名(体験生)

                              水・土 コース    18:00 ~ 20:00   2 名  (体験生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年特別講座 [ 13:30 ~ 15:30 ]

 

 

不定詞を含む短文和訳が続いている。so as to do / so ~ at to do とか seem 型は了解できていて、happen to 型はダメ、

 

とかの積み重ね訓練が必要。ちょくちょく定型が崩れる現象がある。ここを強固にしておけなければ、だ。

 

いわゆる足腰の強い英語力を持つための勉強訓練なんです。

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テストは暗記英作、短文英作、四択・整序問題、etc.   短文解釈は適切な訳語を選択することの難しさ、ってこと。

 

 

総合問題での長文読解は九州大学の過去問。一部厄介な箇所があるが、担当者はゴリゴリとやっつけていく。OK。

 

会話問題が不得手な場合の対処法を伝授した。使うのはセンター過去問なんすよ。ポイントは、・・・です。

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:20 ~ 22:20 ] 

 

 

小テストは「名詞」。簡単だと思っている箇所でミスをする。そして、このミスが入試において致命傷になる。辛い。

 

 

精訳問題 4 問。[035]、[036]、[037] の重要語句・文型は解説したのだが、[038] での

 

To be happy and comfortable one does not need to be rich. の和訳が不完全となるのは「動詞と主語の関係」の

 

間違いに起因するのですよ。しっかりと納得をしておいてください。これからもこの文構造の英文に出会います。

 

 

まだまだ精訳訓練です。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 連絡は携帯電話へ 22:30~23:00 がベストタイムです。宜しくお願いします。

 

 

 

2020年3月11日

03 / 10 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

特別受講生の募集

 

高校 1 年生 : 難関大学入試突破の基礎文法問題。集中的個別指導。週 2 回以上の受講。若干名の特別生。

 

受講期間:3 月末まで。 詳細は 090-4507-6465 に連絡下さい。

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 1 年生 [ 18:00 ~ 20:00 ]

 

 

小テストは「名詞」。特に不可算名詞の扱いですね。文句なく、時には理屈抜きんでの暗記です。

 

 

精訳問題 4 問。[035] での if ~ at all、just as ~、[036] の whether A or B、[037] の独立不定詞、[037] の … etc. ですよ。

 

丁寧に、真っ直ぐに和訳する努力をしていきます。和訳は書いていきます。書くことによってより明確な訳文が作れますよ。

 

この努力を重ねていきます。頑張って!

 

 

 

 

 

 

 

 

小学 6 年生 [ 20:20 ~ 21:10 ]

 

総復習。Lesson 1  § 1  の This is a pen. から Lesson 4  § 3 練習までの音読、音訳。it / he / she の使い分け。

 

次回から一人称、二人称の登場となり、各所有格も表れてくる。

 

腰を低くしての勉強姿勢となる。

 

 

 

 

 

 

中学 2 年生 [ 21:30~22:30 ] 

 

復習では疑問詞 who の使い方、動詞文頭での命令文の確認。

 

少しずつ文法を絡めていきたいのだが、文法用語が限りなく不確実。こちらが先になるか?

 

限られた時間内での勉強である。点が伸びそうであるんだが、もう少し英文の分析力を調べてみるつもりだ。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465  連絡は22:30∼ 23:00 がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月10日

3 / 15412345...102030...最後 »

 

PageTop