お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

05 / 24 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

そう言えば、これまでの塾生には定期試験勉強なんてほぼな~んもしてこなかった、と今になって気付く。

 

よく頑張ってきた。

 

 

今年の1年生はチト異なる。「構文 150」と「チャート」がうまく連結できる。ここを勉強しない手はない。ありがたい選択だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テストは中間試験範囲の確認作業。

 

 

「否定構文」に入るんだが、先ずは「否定表現」からの勉強。どのような表現方法があるのかを知る作業。

 

「チャート」参考書を読むことから。ここでも中学英語の英語がどれほど強固であるのかが知らされることになる。

 

 

次は準否定、部分否定・全体否定、否定の慣用的表現となる。で、「構文 150」テキストなんです。

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストでの eruptions を「噴出」の和訳では文意はゴジャになる。「噴火」でなければならない。

 

gifts が「才能」ではなく「贈り物」でなければ、だ。in the interests of modesty「謙遜の関心において」ではワヤ。

 

適訳でなければ、ダ。

 

 

長文読解は東京工業大学の過去問。問 3. がポイントではある。「~はなぜか」とある。解は「なぜならば~」だ。

 

「あなたの意見ではない。作問者の意図に耳を傾けるんです」といつものヤツ。

 

 

まだまだの勉強作業がいる。

 

そして過去問です。受験校の過去問を読むことですよ。今は時間を気にすることはない。じっくりと解釈することです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

05 / 25  01:45  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月24日

05 / 23 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

 

 

定期試験が終了。本日より平常の授業開始。

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テストの短文解釈では2回目の接続詞 that の注意度が試されている問題。代名詞と形容詞としての other に関しての確認問題、etc.

 

さらに新形式として登場しはじめた大問型の問題。この時間内で処理する能力を、である。この時間内での処理能力だ。

 

長文読解は OK な進行。読み解いている。ザックリ訳もOKである。量である。多量の問題をさらに課していく。

 

 

まだまだ勉強負荷をかけていくよ。入試まで残り7ヵ月。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストの Vintage 問題は 330 番まで。丁寧に一つづつ攻め落としていく勉強作業。これが後で活きてくる。

 

長文読解は it ~ for … to do 型、not so much A as B 型、譲歩の as、etc. である。真っ直ぐな和訳作業が続く。

 

総合問題ではセンター過去問の解釈。今日の問題では文の構造を見極めての和訳がOK. 文法からの視点が大事。

 

 

成句問題を30問、整序問題を10問。もっと深く分析する力が必要。

 

 

覚える努力を怠れば、しだいに今まで蓄積したものが油切れにとなる。不断の努力だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

05 / 24  01:54  記 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月23日

05 / 22 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

高 2、高 1 は no class。

 

午前中に早くも自主勉生が登場。イイ。

 

 

それにしても、高 1 の授業内容を考える必要がある。面白すぎるのである。

 

「構文 150」は多くの考える拠点を与えてくれる。後は料理人の腕にまかされている。

 

 

明日より平常の授業態勢となる。今年は特に深く厚く攻めたい気持ちがしきりである。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

05 / 22  02:47  記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月22日

05 / 21 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

定期試験中。

 

高 1、高 3 は no class。

 

 

高 1 生の授業設計である。次の学テ範囲は「構文 150」の第 11 章の否定と第12章の目的・結果・程度・時間。

 

4 回の授業でこれをやらなければ、だ。網羅的にやるか、ピンポイントに攻めるか、となる。

 

方針は決まっている。その材料である。良質の材料である。

 

 

「構文 101」では感じなかった闘志が「構文 150」ではフツフツと沸く。

 

やってやろうじゃないか! である。

 

高 1 諸君!きつい授業が続くよ。

 

覚悟をしておくことだ。まァ~やがてはこれがノーマルな授業進行であることに気付くだろうが、ね。

 

 

テスト開けが楽しみになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

05 / 22  03:10  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月21日

05 / 20 ( 月 ) 授業記録

 

 

 

高 3、高 2 は no class

 

 

先日の塾生からの質問、

 

Recently I asked a friend, who had just returned from a long walk in the woods, what she had observed.

 

の下線部での who を制限用法のように和訳するのはどうだろう?ってのがあった。

 

高 3 では OK でよかろう、と応じた。

 

制限用法と継続用法の内容の違いが了解できている、との前提があれば、OK と思っている。

 

高 3 はそんな時期にはなっている。この意味でも、うちの塾では高 1 での文法訓練はかなり厚くしている。

 

 

定期試験後の教材準備である。特に高 1 の教材には細心の注意を払いつつ、大胆に切り込んでいくつもり。

 

「目的・結果・程度」にはかなりの文書量を課する予定なんですよ。頑張って欲しい。負けるな。

 

 

続けて強固な基礎を作っていく。

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

05 / 21  03:23  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月20日

05 / 19 ( 日 ) 日曜雑感

 

 

 

「4月は残酷な月」であり、「五月は過酷な月てあった」と高 1 生は思っている。その通りである。

 

 

中学時代の「診断テスト」で45点以下なんてあり得ないと思っていたのに、

 

塾小テストでは28点とか34点とか、時には12点とかと採点された答案用紙が返されてくる。

 

どれもこれも簡単なミスであり、ケアレスミスばかりである。例えば、

 

He sometimes visit the park.  (×)  visit → visits、とか He is writting a letter.  (×)  writting → writing とかである。

 

チョッとしたミスである。中学時代ならば部分点くらいはあったものだ。塾ではバッサリの減点である。

 

さらに、He will be not busy.  (×)  will be not → will not be とか He did not his best. (×)   did not → did not do であり、、

 

He has not to go there.  (×)  has not → does not have、とか Who did came here yesterday? (×)  とかとである。

 

 

この時に「まァ~、なんとかなるやん。机に座ってれば、そのうちに分かるやん」と思っている様子だし、

 

中学英語のレベルの間違いなんて、チャラい。こんなミスは次回のテストでするもんか、とかと思っている。

 

残念ながら、同様なミスをする。

 

 

悲しいかな、毎年だが高 1 生の一定割合でいる。「お願いだから中学英語の参考書でしらべる or 私に訊ねて!」とは言っている。

 

が、「大丈夫です!」と大半は真面目な様子で返事をする。

 

 

が、即座に、直ちに、この間違いの根っこを断ち切る地道な勉強作業に入る少数の高 1 生がいる。

 

凄い。彼らは6月、7月で受験勉強の入り口にいることなる。また、新しい文法項目の学習の面でも着実な得点を重ねていく。

 

悪習と縁を切ること、地道な勉強努力を開始すること、これを願ってはいる。

 

 

できるだけ早い時期に塾の小テスト問題を繰り返して復習すること、これがこの悪のスパイラルから逃れる方法なんですが、ね。

 

 

これからが高校 1 年生の正念場となる。ある塾生には修羅場が待ち受けていることになるだろう。

 

先ずは塾テストの復習ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

05 / 20  02:45  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月19日

05 / 18 ( 土 ) 授業記録

 

 

 

 

 

高 1 は試験範囲の一部をガッツリと勉強。高 2 は常の授業

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

今日の小テスト Vintage 問題はNo. 300 まで。短文解釈では might as well A as B、であり、付帯状況の確認、etc.

 

 

精訳問題では、しばしば、適切な訳語の選択を繰り返し言っているが、好例が見えた。a young and innocent state of mindである。

 

ここの innocent は「無罪の」ではワヤになる。「無邪気な」でなければ意味不明となる。

 

確かに、辞書には「無罪の」がある。が、だからと言ってこの訳語が適切であるかは文意に照らし合わせる必要あろう。

 

また、久しぶりの too~ to 型である。… history is too short for any changes to be perceptible.  で、これを so ~ that 表現にすれば、

 

history is so short that any changes cannot be perceptible (×) ではなくて、

 

that 節の文は no changes can be perceptible とany ~ not 御法度を知っていなければ、ダ。

 

 

小さな知識の断片ではあるが、これを集めて大きな体系にしていく勉強作業こそが大事。頑張っていくよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

くどいほどに It seems (appears) that ~ と It is said (thought / believed) that ~ 型の和訳練習が続き、

 

さらに that 節中の主語を文頭の主語として使っての表現。その中での完了形不定詞の用法を合わせて勉強。

 

時制なんですよ。

 

 

さらに He lost the key. と He has lost the key. また He went to Tokyo. と He has gone to Tokyo. の意味内容。

 

 

定期試験が終わった後も文型の確認練習であり、It seems that ~、It is said that ~ 型の勉強訓練は続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

05 / 19  03:01  記

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月18日

05 / 17 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

コラボの動きがある。塾が動く。塾に厚みができている。楽しみ。イイ。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

くどく、ひつこく、It seems that ~ 型と It is said that ~ 型の5つの表現形式。

 

このなかで出てくる現在完了表現での完了用法。さらに継続用法の確認。

 

単純不定詞と完了形不定詞の使用方法の勉強。パターン プラクティスである。

 

脳みその回転と脳を借りずに口から出る英文練習。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストで使った解釈は大阪大学の大問Ⅰと京都大学の一部。

 

cognitive science とか emergency room の訳語である。「認知の科学」でも「緊急の部屋」ではダメ。

 

 

長文読解は千葉大学の過去問。ザックリ訳で「カンマは and の意味」が欠けている。チト辛い。

 

あまりにも小さい、もしくは、あまりにも平易な単語であるために、分かったような分からないような、これではダメですよ。

 

 

速読の訓練があり、精訳の訓練があるんです。どちらもガリガリとやっていかねば、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

2019年5月17日

05 / 16 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

塾勉強と学校の定期試験勉強のタップリとした勉強。これくらいはこなして、ダ。

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テストの解釈問題は前回と異なり、ガリガリの精訳問題。文の構造を見抜くんだが、適切な単語訳が激しく求められている。

 

 

長文読解はOKに進行。mobile phone が出現しはじめた時の社会現象を書いている。centre とか behaviour の綴り字が面白い。

 

ザックリ訳が続いている。英語は読めなければならない。各設問の解も英文が読めたナンボの話である。

 

 

四択問題、空所補充問題、会話問題にしても、和訳が出来なければ意味をなさない。丁寧な、真っ直ぐな訳である。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストの短文解釈でフォーカスしてのは、

 

…  a task which, under ordinary circumstances, would hardly have been achieved in as many months.

 

if 節を持たない仮定法表現であり、if の内容が含まれる箇所と問う。さらに as many 個所。メチャ大事。出題頻度大。

 

 

それにしても総合問題での関係詞問題で穴が見える。辛い。どこかでドバっと復習しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

05 / 17  03:26  記 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月16日

05 / 15 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

いつかは分かるだろう、ではダメ。意識だけではなく、不断の努力によって知を獲りに行く強固な意欲がいる。

 

 

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

今日の小テスト Vintage 問題はNo. 280 まで。暗記するべき箇所が99.9%、残りの0.1%も暗記。

 

不定詞では原形を使う。なぜ?というのは大学に入ってからでOK. 今あるその英文形を脳みそに落とし込む。

 

その型を覚えこむ。

 

 

小テストの短文解釈は if 節を持たない仮定法表現の文、また、比較構文のやつ、倒置、etc. である。

 

あるがままに真っ直ぐに和訳し、英語の癖を見抜いてのマスターしていく勉強。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

小テストではまだまだ文型。で、最後の受動態表現への書き換えが今日のポイント。

 

They believe that his theory was wrong.  この受動態は

 

That his theory was wrong is believed by them. となり、一般主語からの by them は省略。

 

さらに、That his theory was wrong 部分を形式主語を使って、

 

It is believed that his theory was wrong. となる。この考え方。ここが一点。

 

次のポイントは

 

① I think that he is sick.  ② I think that he was sick.  ③ I thought that he was sick.  ④ I thought that he had been sick.

 

この③ と ④ の訳は各々「彼は病気だと思った」と「彼は病気だったと思った」の異なり。メチャ大事。

 

この根拠。

 

これが次の単純不定詞と完了形不定詞の勉強へとつながっていく。

 

まだまだするべき勉強はある。この基礎部分をガッツリと固める。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

05 / 16  03:39  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月15日

4 / 126« 先頭...23456...102030...最後 »

 

PageTop