お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

10 / 31 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

小学6年生短期英語講習が決定である。

 

授業開始 2019 年 2 月 1 日 (金)  第一回授業  授業日 火曜日・金曜日 週2回  

 

授業時間  18:00 ~ 18:50  授業料  15,000 円  授業期間  2月+3月    

 

 

② 現中学 1 年生特別クラスを開講予定。近日中にアップしますよ。

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 1 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

小テストは仮定法+分詞構文、etc. 常に復習。

 

仮定法過去完了を 95 % 、仮定法過去を 5% の授業。「滝修行」の様相ナリ。

 

くどく、激しく、脳みそに叩き込む勉強法。分詞構文の勉強法と同様である。

 

 

それにしても、イイ質問がある。speaking frankly と チャート Ex. での polished perfectly。この両者の ~ly 扱い。

 

go out unprepared の unprepared の文法的考え方。凄くイイ質問。うれしくなってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

小テストは暗記英作を根っこにしての、実戦問題。今日のは東北大学の過去問。

 

「基本 英作 300 選」があっての、発展として考えることができる。

 

 

精訳問題 3 題。構文ミスを誘う問題であり、易しく見えて訳に取り掛かると、見えなくなる問題。

 

丁寧に、真っ直ぐな訳の作成ですよ。

 

 

まだまだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

11 / 01  03:36  記

 

 

 

 

 

 

2018年10月31日

10 / 30 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

高 3 に話したのは第一志望への執着心。受験会社の判定に従って志望校を決めるのか、それとも

 

自分の志望校を鉄の意志で攻めていくか、ってこと。

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ] 

 

和文英訳の手順ですね。いつものように、です。語群、接続詞、文。主語と時制への注意、ですよ。

 

ついつい、どれほど志望大学への熱があるか、ってこと。これだと自分で責任がとれる。あっちだと無責任でしょう。

 

 

 

 

 

 

高校 2 年生 [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

小テストでは実戦問題を入れている。まだまだ基礎の問題。だが、ここで間違うわけにはいかない。丁寧に、です。

 

 

精訳問題では it~who の強調構文であり、given that ~の接続詞扱いであり、in terms of ~、more than one ~、

 

other than ~、many a politician 単数動詞、some … others ~、etc. ですね。

 

文の構造を見極める勉強訓練ですよ。

 

来年の「今」です。そのための頑張りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

10 / 31  01:44  記

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月30日

10 / 29 ( 月 ) 授業記録

 

 

 

そうなのか~、高 2 補習がきつくなっている感じ。が、頑張って、だ。

 

 

 

今日の授業

 

高校 2 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ] 

 

 

小テスト、精訳問題、共にいつものガリガリの勉強。

 

それにしも、なんとか詰め込んでいく手法を考えねばとは、思っているんだが、だ。

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

仮定法過去の「滝修行」。

 

ELEMENT テキストの和訳作業。もっと丁寧に、真っ直ぐに、辞書からの訳語を用いて、ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

10 / 30  03:53  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月29日

10 / 28 ( 日 ) 日曜雑事

 

 

 

小事をバタバタと、である。

 

教材採取が行き詰っている。出会える時はホイホイと、だが、見つからない時はアリ地獄。

 

高 3 総合問題が特にそう。資料は多くありながら、ピタリな問題に出会えないもどかしさ、である。

 

 

 

小学6年生の英語授業は、例年通り、2月と3月の火曜日・金曜日の週2回。授業料は15,000円。

 

早速の募集である。楽しみである。

 

 

 

 

 

 

2018年10月28日

10 / 27 ( 土 ) 授業記録

 

 

 

来年の小学6年生クラスを立ち上げる。昨年度同様の2カ月間のもの。「英語初心者歓迎」の講座。楽しみなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 1 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

小テストは「仮定法」に関するもの。書き換えと和訳の訓練。くどいほどの反復練習。量である。

 

 

ELEMENT テクストの和訳。 Lesson 6 Part 1 の和訳終了。で、Using umami could also be … を、だ。

 

 

ELEMENT テキストは面白い。Chart 勉強と並行での進行が可能になっている。OK だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

小テストでの英作作成手法が次第によろしくなっている。暗記文からの発展英作と今日のやつは青山学院のもの。

 

小テストでの短文解釈では基本に関する質問がある。曖昧さを排するマインドの表れて思っている。OK.

 

 

総合英語。長文読解は筑波大学。ザックリ訳箇所で注意を促したのは、

 

They think their children must inherit these qualities or they, the parents, have failed. での or 。

 

設問 4 の内容を問う問題では otherwise の訳語。語の重層性である。

 

 

準長文は九州大学の過去問。「2つの役割を簡潔に」とある。First とあり、The second function から。

 

で、「簡潔」の字数とどこまでの内容を書くかの考え方。担当者のものはチト簡潔とは言い難い。解答例を参考に、だ。

 

 

ますます深く2次問題である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

10 / 28  02:25 記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月27日

10 / 26 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

高 3 生は今日も模試。一つひとつから自分の欠けている部分を知るチャンス。覚え直して積み重ね、ですよ。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ] 

 

チラっと Confucius 先生の登場。If you wish to succeed, first help others to succeed. イイですね。塾生と共に、です。

 

長文読解は比較的読みやすい英文ではあるが、下線部箇所ではシッカリと罠が仕掛けれれている。

 

準長文は締まった英文内容。設問での「2つの役割」の抜き出し箇所の見分けは、これまでの練習線上にあるもの。

 

 

総合問題ではチト[177] が厄介。少々問題選択を誤ったかと反省。この形式の出題は1名だけか、な。

 

まァ~、これと同類の問題形式は続けていく。常識的範囲内のものを選択しなければ、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年生 [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

Vintage 問題は常の如し。発展問題のウエイトが増している。今日もものなら英作、消極目的構文の2つ。

 

今日の短文解釈でのポイントは turn out to be、と close knowledge of current affairs の close の訳語。

 

 

長文読解は九州大学。設問3では思わず「その助言」と書きたいのであるが、ここは「その助言」の内容を訊いている。ここミソ。

 

下線部ではないのだが、And we’ve seen the positive results of those lessons influence everything he’s taken on since.

 

の和訳箇所。これは「知覚動詞+O+原形」となるんだが、O部分が長くなっているのが見えなくて発生する誤訳、

 

まだまだ根を詰めての和訳訓練を重ねていかねばならない。来年の今を想定しての勉強訓練なんですよ。頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

10 / 27  03:08  記 

2018年10月26日

10 / 25 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

秋天好日

 

 

 

今日の授業

 

高校 2 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ] 

 

 

長文読解。第一段落のザックリ訳。時間が許せば、最終段落の和訳でが、今日は構文的に面白い箇所の和訳練習。

 

総合問題の四択問題ではイイ質問がある。時制、倒置に関するものだが、どれも最重要なもの。

 

基礎のキの質問もある。「stop 不定詞」と「stop 動名詞」の違いとか、である。が、全然OK.である。

 

一語不足の整序問題は Vintage の発展問題形式で慣れている気配があるが、まだまだ重ねの勉強。

 

 

ようやく受験英語の緒に就いて感じ。まだまだ踏み込んでいかねば、だ。

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

小テストは準動詞の復習。まだまだ怪しげな箇所が多い。続ける。

 

仮定法に関しては頭の中では分かっていて、それを書く、もしくは口に出すと、誤ったものとなっている。

 

それは単に練習不足を意味する、ってこと。完璧に分かっているんだったら、間違うわけがない、からですよ。

 

 

さらに仮定法過去完了の勉強へと、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

10 / 26  02:05  記 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月25日

10 / 24 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

体調不良で欠席届がちらほら。お大事に、です。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 1 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

小テストは「準動詞」の復習。細かいところまでの復習。ここが解釈の土台になっていく。

 

 

仮定法過去の確認作業。チラッとif 省略形を入れたり、である。

 

さらに Chart テキストにて仮定法過去完了に入る。ここでも if の省略形にまで入る。

 

仮定法に関しては、くどいほどの、ひつこいほどの、過去の塾生の言葉を借りれば、吐き気に襲われるほどの、和訳訓練。

 

まァ~、これがうちの流儀なんですが、ね。

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

小テストでの短文解釈では倒置がミソとなるやつ。で、同じ形がテキストの解釈でもあるんです、ね。

 

暗記英作がなければ、ひょっとすると、今の英作練習のスピードはないかもしれない。I 先生、感謝です。

 

 

精訳問題 3 題。煮詰まった和訳を求める問題が集中。脳みそをギリギリと絞る問題の連続。

 

 

トコトンの2次問題の研究。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

10 / 25  02:04  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月24日

10 / 23 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

分からない箇所を消していく。それが勉強なんですが。その分からない箇所を端的に示してくれるのが試験なんです。

 

ですから、試験を返してくれたときには、どこが誤っているのかをチェックして、そこの補習なんです。

 

これです。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ] 

 

小テストでの英作。語のかたまりから考える。連結していく。主語、動詞、その時制、接続詞、etc. を、です。

 

そうなんだ、倒置文ですね。

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年生 [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

Vintage 問題箇所での誤りはおほなくなっている。発展問題でのチェックである。

 

誤った箇所で、なぜ誤っているのか了解できなければ、即質問ですよ。なぜ were であるのか、

 

なぜ be であるのか、etc. です。一つひとつを頭のなかで了解して蓄積していかなければ、です。

 

 

精訳問題は易しくない。易しくするつもりもありません。難しくてもガリガリと訳文を作っていってください。

 

challenge であり、continuity なんです。本庶先生の「6つのC」のなかにあったはずです。

 

挑戦と継続があれば、難関を突破していくことができます。来年の今を想定して頑張っていきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

10 / 24  02:23  記 

 

 

 

 

 

 

 

10 / 22 ( 月 ) 授業記録

 

 

 

「難関大学」とは、世間さまがいう難関大学と、自分にとっての難関大学がある。

 

大切なのは自分。目指すのは自分にとって大切な知識を知恵にすることのできる大学。

 

間違いのないように。

 

 

 

 

今日の授業

 

高校 2 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ] 

 

小テストの Vintage 問題はどれも基礎のキの問題になっているはず。間違えている場合は激しく復習ダ。

 

発展問題からの英文の癖の習得である。付箋を使う、復習ノートに書き留める、授業後に再度の納得作業、etcなんです。

 

 

精訳問題や易しくない。悪戦苦闘をしてでも最後まで自分の訳を完成することが肝心。ここが出発点。

 

担当者の訳をよ~く聞く、授業後の解説をさらに聞く。文構造ばかりか、最近は訳語の選択もきつくなっている。

 

 

丁寧に、だ。

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

小テストは動名詞構文。look forward to ~、be used to ~、object to ~ とかの動名詞に注意。

 

それにしても、ウマげなウソの訳はいらない。一語一語を丁寧に直訳し、全文を見て適切な訳語に調整していかねばですよ。

 

まだまだ、です。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

10 / 23  03:25  記 

 

 

 

 

 

 

2018年10月22日

5 / 107« 先頭...34567...102030...最後 »

 

PageTop