お問い合わせ

お問い合わせ

MENU

Blog本日のレッスン
高校生募集中
体験生募集
大学進学実績
大学受験・英語専科
中学1・2年生集中
× 閉じる
教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸にきざむこと

07 / 10 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

高 2 文法基礎問題の最終部分の始まり。より実戦問題初歩がチラホラとなっている。

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

土曜日に勉強した don’t fail to do / never fail to do の応用問題。さらに、It was nice of him to help me. の感嘆文表現。

 

can’t ~ too / can’t ~ enough / can’t over動詞、さらに一の表現形式。これが今日の下線部訳のキモ。

 

 

小さな知識の断片である。が、これが大きな系の根っこ。積み上げ勉強なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

関係代名詞の継続用法と継続用法。毎年のように使う例文は、

 

There were few passengers who escaped without serious injury. よ

 

There were few passengers, who escaped without serious injury.

 

そして、

 

I said nothing that made him angry. と I said nothing, which made him angery.

 

 

ここ。

 

 

 

次回より関係副詞に突入となる。ガンガンとやっていくよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月10日

07 / 09 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

関係詞の「癖」が分からなくなれば、ほぼ英語の読解はゴジャの状態ではなかろうか。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

関係代名詞の最終段階。関係副詞の突入。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

四択問題の質問内容が、基本形の復習になっている。今この勉強段階でこの種の質問があることは全然イイ。

 

ここで基本を繰り返すことによって固められる英文の「癖」は、秋からの勉強基礎になっているからである。

 

 

精訳演習が続いている。文構造は無論ではあるが、適切な訳語の選択訓練に力点置かれている。

 

辞書を引くだけではなくて、文内容、内容の流れを考えての選択訓練である。一つひとつ勉強を重ねていく。

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

07 / 10   01:53  記

 

 

 

 

 

 

2019年7月9日

07 / 08 ( 月 ) 授業記録

 

 

 

うちの塾は体験生として授業参加するのがベスト。

 

プラスになる授業であれば、本科生としての申し込みをすることですよ。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

小テスト内容がしっかりと論理的思考からの解出し作業となっている。「その根拠」ってやつ。

 

 

また小テスト解釈問題も短文であることは少なくなっている。2次問題のど真ん中を攻める問題。

 

 

それにしても、質問箇所が的を射たものとなっている。これを繰り返すことによるアドバンテージは大きい。頑張れ。

 

 

 

精訳問題 3 題。長文読解に有効な勉強方法が見られる。精訳訓練は長文速読のためにある。そのつもりでガッツリとやっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

swear は「ののしる」であって「誓う」ではない、nature は「本質」であって「自然」ではない、

 

thoughtful は「思いやりのある」であって「物思いにふけった」ではなり。文意から適訳を選択していかねば、ですよ。

 

 

言葉の重層を学び取っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

07 / 09   01:48  記

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月8日

07 / 07 ( 日 ) 日曜雑感

 

 

センター入試制度が変わるとか。いや決定ではあるんだが、

 

うちの塾の勉強姿勢をそれに対応して変化していくことは全く考えていない。

 

国立2次、および私立一般入試の勉強で、読解である。これ一本。

 

英語は読めてナンボであると強く思っている。この勉強を塾ではガンガンとやっていく。

 

ここ数年はこの方向は変わることはない。

 

 

それにしても、小テスト問題、高 3 解釈と総合問題の選択に時間をかけすぎる感がある。

 

嫌いでない作業である。

 

 

 

 

 

 

 

 

07 / 08  03:42  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月7日

07 / 06 ( 土 ) 授業記録

 

 

大学の共通テストへの取り組みが見え始めている。大学の二極化の始まりが見える。

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

Vintage 問題、短文解釈問題は予定通りにレベルアップ途上。ゴリゴリといく。

 

 

精訳問題。重層的な訳語。文構造が複雑化している。脳みそに汗をかかせての勉強となった。楽しみ、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

may / must / can の活用。不定詞の目的構文と意味上の主語に関する小テスト。

 

小テストに短文解釈を出題開始である。解釈が途方もなく弱い。「動詞と主語の関係」ここを徹底的に攻めていく。

 

 

関係代名詞 what を終了。継続用法に進出。関係副詞までやっつける予定となった。

 

仮定法勉強が順延となっている。それはそれで、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

07 / 07  03:29  記

 

 

 

 

 

 

2019年7月6日

07 / 05 ( 金 ) 授業記録

 

 

 

受験勉強は個の作業。自立・自律しての作業なんです。とことんに、です。

 

高 1 のテンションが上昇してるん、ちゃうかい。イイ。

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

助動詞と不定詞の復習。

 

例の「構文 150」からの解釈勉強。やはりこの問題集は秀逸。これからも大いに利用させて頂く。

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

小テストでの下線部訳でポイントにした文は、

 

… with nothing but air for my arms and legs to push against.

 

この下地は We could see nothing but water. での but、さらに 不定詞部分での意味上の主語。

 

ここを丁寧に訳出することですね。

 

 

長文読解は東北大学の過去問。「具体的に述べよ」では過不足のない解を出したい。その最初の努力は「減点を食わないやつ」。

 

その勉強訓練なんですよ。 まだまだ、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

07 / 06   01:55  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月5日

07 / 04 ( 木 ) 授業記録

 

 

 

基礎が固まっていない、と言う。どこの基礎?チャートの5文型から勉強するの?むッ! 基礎の見直しは・・・から、ってのが鉄則。

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 3 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

下線部訳の場合は、その前文を読んでおかねばならない。指示代名詞が何を受けているのかを知っておく必要がある。

 

今日の短文解釈(まァ~、短文ではないんだが) その典型例なんですよ。

 

 

長文読解での「下線部を具体的に述べよ」とあって、その下線部訳だけを書くのでは半分の減点を覚悟なんです。

 

そこに付随する説明の語句を含むものでなければならないのは当然です。

 

 

四択問題であれ、補充問題であれ、その英文の和訳が成立しなけば、単なる偶然の正解になります。

 

しっかりとした根拠をもっての答えを出すことです。そうすれば次の同種の問題でも正解を得ることができます。

 

適切な和訳が出来てはじめてその英文をフルに了解できたことになります。丁寧に、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 2 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

まだまだ読み込みが浅い。単語の適切な選択に脳みそを使うことですよ。

 

積み上げ勉強をさらにやっていきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

07 / 05  03:32  記 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月4日

07 / 03 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

HP 復活である。手違いがあり、チト滞っていました。再開です。

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

Vintage 問題、短文解釈問題はいつものように。

 

 

総合問題での (準) 長文読解の開始。さらに、四択問題、適語補充、etc. である。

 

積み上げ勉強。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

小テストでは He worked hard so that he could live in comfort. と He worked hard so that his family could live in comfort.

 

の単文作成。さらに、The problem was so difficult that the student could not solve it. の単文作成。

 

きつく練習したのは He says that he must stay there. と He must stay there. での過去形表現。

 

さらに、must / can / may での完了形表現。etc. etc. である。

 

 

さてさて、関係代名詞 what に入る。続けて、関係代名詞の継続用法の勉強となる。

 

 

チト仮定法勉強が先送りになりつつある。

 

 

この時期にするべきことが莫大にある。面白い。ガンガンとやっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

07 / 04   02:07  記 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月3日

06 / 26 ( 水 ) 授業記録

 

 

 

定期試験発表中。

 

 

体験生の募集開始である。

 

高 1  火・金クラス 17:30 ~ 19:30   2名 /   水・土クラス 20:00~22:00   1 名

 

高 2 水・土クラス   17:30 ~ 19:30   2 名 /   月・木クラス 20:00~22:00   2名

 

高 3 月・木クラス   17:30 ~ 19:30   2 名 /   火・金クラス 20:00~22:00   2名

 

 

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 2 年  [ 17:30 ~ 19:30 ] /   高校 1 年  [ 20:00 ~ 22:00 ] 

 

 

自主勉。高 1 ~ 3 生の自習室勉強が続いている。

 

高 3 の質問がイイ。適切な箇所を予習をして後の質問がイイ。続けて、だ

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 06 / 27  01:20  記 

 

 

 

 

 

 

2019年6月26日

06 / 25 ( 火 ) 授業記録

 

 

 

定期テスト勉強は大事。丁寧に、真っ直ぐな勉強でいい。塾勉強は大切。基礎部分を固める勉強なんですよ。

 

 

 

 

今日の授業

 

 

高校 1 年生 [ 17:30 ~ 19:30 ]

 

 

質問と自主勉。質問では「なぜ」には2種類があるってこと。つけたしの横道英語は went の原形。

 

 

青チャート」問題を提供。金曜日が楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

高校 3 年  [ 20:00 ~ 22:00 ]

 

 

今日の補充問題は慶応高校の入試問題から。美しい基本問題である。で、完答が出来ない。

 

彼らは中学 3 年レベルでこの問題に常識的に遭遇し、その解を作っている。3 年前にやっているってこと。

 

 

その意識を持っての大学入試なんですよ。K 先生のいう「覚醒せよ!」なんですよ。いつまでパピバラ温泉の常客なんだ!

 

 

精訳問題。動詞と主語の関係を明確にしての訳文作成訓練です。まだまだ完成度の高い訳文作成の訓練ですよ。

 

 

 

残り半年! 焦る。

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 塾授業に関するお問い合わせ ]

 

携帯 090-4507-6465 / 固定 0877-24-3808 

 

連絡は携帯電話へ 23:00 以降がベストタイムです。

 

 

 

 

 

 

 

06 / 26  02:57  記 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月25日

5 / 131« 先頭...34567...102030...最後 »

 

PageTop